イギリスのフラワースクールの事、旅で出会った花たちや、世界のイベントなど、日高ちひろが見つけた日々の雑記帳。

FDBヨーロッパクラス2017のお知らせ

フローリストやフラワーデザイナーたちのテクニックと感性を高めるためのレッスンとして、毎年恒例となっているヨーロッパクラス。今年のゲストはチェルシーやクロアチアカップでの優勝経験を持つフローラルスタイリストのローラ・リョング(Laura Leong)さんです。ご自身も現役の競技会出展者であり、細部まで行き届いた作品は誰もが足を止め見入ってしまうほど迫力。花のスタイリストとしての名声を馳せていますが、絵画や造形などのプロフェッショナルでもあるとの事。美術の講師として大学で教鞭をとる事もしばしば。その色使いは固有で独特の雰囲気が作品にあります。

こんな素晴らしい先生を囲んでのレッスン。スタッフである私でさえもわくわく感が止まりません。今年も充実したクラスとなるようチーム一丸となって頑張ります。皆さんのご参加お待ちしております。

2017年ヨーロッパクラス
10月26日 - 29日
参加費 960ポンド
ハマースミス ロンドン
FDB ヨーロッパクラス2017 フラワーデザインマスタークラス

ブリティシュ・フラワー・ウィーク 2017

イギリス ブリテッシュ フラワー ウィーク
6月19日から25日までの1週間、イギリスでは英国産の花の大プロモーションが始まります。今年はロンドンのニューコベントガーデンフラワーマーケットのリニューアルオープンもあり、ことさら声を大にした運動が年初より聞こえてきました。国内の花屋と消費者たちにもしっかりと浸透させるべく方法だと感じました。

まず地産地消がなによりで国内産の花を利用を促しています。イギリスはオランダがとても近く多くの花がオランダから輸入されています。実際学校の花もオランダからトラックで直接運ばれてきていました。市場へ行く必要はなくもう何年も前からのオンラインでの取引です。オランダは合理主義。商売も上手で、いかにして花屋が便利に利用できるかをいち早く考えシステムが確立してゆきました。イギリスの農家たちは低迷し当然ながら危機感を抱えていました。状況を打開するために始まったブリテッシュ・フラワー・ウィーク。イギリスの花の組織が一体となって進めている運動で、2013年から始まり年を重ねる事にますます浸透してきたように感じます。

地産地消のメリットは、なんといっても移動の時間がミニマムで花が長持ちする事です。そして香も強いとの事。ハイシーズンとなれば質が向上でもお手頃価格に収まってくる。イギリスの生産者のサポートとなり野生植物や固有種の存続につながる。何よりもお客様たちは自国の花を好みます!花を贈られるとたいていの人は笑顔に。ましてイギリス産との事で、どこ?という会話にもなってゆきます。

様々な素材の花たち

フラワーリース
初めてフラワーアレンジメントを教えてくださった先生から展示会のお知らせを頂きました。当時はフラワーアレンジメントが大流行しており、週末の花のレッスンはいつもとても楽しみでした。とても懐かしく、久々にお会いしたいと思い出かけてきました。私の恩師の斎藤先生はコサージュなど染の花を作るのが専門で、大手のドレスメーカーへ素敵なコサージュを作り納品していらっしゃいました。いつ伺っても忙しそうで、資材に埋もれて仕事をしていらっしゃる姿がとても印象的です。花に携わって50年、続ける事が大事なのとおっしゃる先生の作品展、本日楽しく拝見してきました。

ワックスフラワーの展示がありました。紙や布などに色を付け最後にワックスで仕上げ光沢をもたせます。見た目は陶器のような質感です。花の色も自分で調合、いかようにでもできるとの事ですが、その優しく上品な色合いは経験を積んだ賜物であると思います。そしてもう一つは、ハンカチなどの布で作る3Dアート。シルクのハンカチを5-6枚使い重ねて立体を作り出すというとても気の遠くなる作業です。先生の作品を拝見しましたが、大変すばらしいものでした。生徒さんの作品も多数出展がありました。それぞれ花をよく観察して色を付け、素敵にアレンジされていました。花も様々な素材、そしていろいろな方法で表現できますね。アーティスティクでいつも活動的な先生、これからも沢山美しいお花を作り続けてください!

フラワーアートアワード2017

東京ミッドタウン フラワーアートアワード 優良作品賞受賞作品 東京ミッドタウン フラワーアートアワード 優良作品賞受賞作品
毎年東京ミッドタウンにてコリドーのスペースにて華やかに繰り広げられるコンペがあります。桜の季節と重なり、建物の中も外も暖かな陽気に誘われた人々で賑わっていました。この競技会はバラの花100本以上500本未満その他の植物は自由、165cm2x高さ290cm以内の持ち枠にアート作品を飾る。今が旬のバラの花の美を引き出す事が目的。

FDBのマスタークラスを卒業されたお二人、柳井則子さん、青山真紀さんらによる出展があり、見事「優良作品賞」を獲得。おめでとうございます。トレーニング中はコーチの先生からも一切情報が来ません。デザインは当日までのお楽しみでした。でも、会場で作品を見た瞬間に「うん。コレダ!」という感じでした。高くセットされたフレームから自然に流れ落ちる構成で、選りすぐられた花一つ一つの周りには空間があり、花々からはその高貴なオーラをも感じます。マスター柳井からは「全ては見て頂く方のためと、生産者さんの気持ちとバラの使命を全うさせてあげるための作品」。花との対話を重視して全力で臨んだとの事。非常に乾燥する条件下、常にベストな状態を保つために毎日のメインテの手間を惜しまず生産者の想いをデザイナーが最後までリレーし続けられたと思います。丹精込めて育てられた花の命を大切にする心はフローリストにとって必須です。審査が終わればそれで終わりではあまりにも花にも生産者の方々へも申し訳ない事です。素晴らしい作品、すっかりと心がリフレッシュされ足取りも軽く帰宅しました。本来のコンペの目的にあった作品は、見ていて大変うれしく楽しい物です。
東京ミッドタウン フラワーアートアワード 優良作品賞受賞作品 東京ミッドタウン フラワーアートアワード 優良作品賞受賞作品 メインの花:オールフォーラヴ オールフォーハート ブロッサムピンク フェリシテ 

2017イギリスの花の購買について

ラナンキュラスのハンドタイドブーケ
2010年頃のイギリスではインターネットを利用して花を購入する消費者は僅か3%に過ぎなかったのが、現在は13%を占めるまでになりました。その多くはインターネットもこなれていて購買力もある30代。購入者の1/5はロンドンやその近郊に住む人たちとの事。購入金額も英国で一番高い水準である事が判明。

人気の種類については10代後半から30代までの若い世代はファッションや流行に敏感のため季節の花がよろしいようです。早春にはチューリップや水仙、クラジオラス、季節が移ればシャクヤクやヒマワリなど。一方年齢が高くなるにつれトラディショナルなマム(菊)やカーネーションなどを求める傾向だそうです。

さて、ますます若い世代の花の購入が下がっている日本の事情はいかに?

Resource:Royal Flora Holland

世界らん展2017 インテリアアレンジメントとディスプレイデザイン

世界らん展2017 フラワーアレンジメント部門
アレンジメントの部門ではインテリアアレンジメントとディスプレイデザインの2つのカテゴリーがありました。
長期展示を考えしっかりと保水の仕組みがされているので花もたいへん美しく保たれていました。乾燥した展示会場では蘭の花と言えども美しい状態を保つ事は気を使う所です。

インテリアアレンジメント
世界らん展2017 インテリアアレンジメント 世界らん展2017 フラワーデザイン部門最優秀賞 フラワーデザイン部門最優秀賞

ディスプレイデザイン

世界らん展2017 ブーケの作品展

らん展 ブーケ
東京ドームにて開催されていた世界らん展へ行ってきました。平日にも拘わらず多くの熱心な愛好家の方々が素晴らしい
蘭の花を見に来ていました。私がいつも楽しみにしているのはオーキッドを使ったブーケやアレンジメントのコンペティションです。毎年ブリオンワイヤーを使ったデコラティブな作品が多かったのですが、今年は違う作風も見られ、ブーケのフォームや資材の多様性を楽しんできました。

ブーケの作品
らん展 ブーケ 私が一番好きな作品です。
らん展 ブーケ らん展 ブーケ
らん展 ブーケ らん展 ブーケ
らん展 ブーケ

バレンタイン・デーにグリーンのハート?#showthelove

グリーンのハートで地球へも愛を!#showthelove
2月はヴァレンタイン・デーの大イベントがあり、どこの国でも花やチョコレートなどを愛しの人や家族へとプレゼントします。赤やピンクのハートを目にする事が多いこんな時期にグリーンのハートのキャンペーンをキャッチしました。ちょっと気になり記事を読んでみました。イギリスの女性の会(National Federation of Women's Institution)による地球環境の変化に目を向けようという運動です。小さなグリーンのハートを作り友人や家族にプレゼントし、温暖化防止の意識を高めようという活動です。バレンタイン・デーにはギフト交換をする機会が増えますので、そのプレゼントと共に手作りのグリーンのハートも渡しちゃいましょうとの事。普段からにグリーンのハートのチャームを身に着け、ちょっとした会話の話題も誘いましょうとのプロモーシンのヒントまでありました。フエルトでハートを手作りしたり、グリーンのアイシングを施したハートのクッキーを焼いたり、又フローリストたちは植物でハートを作ったりとなんとも心温まる活動だと思います。さて、私に何ができるかな。。。今日はこの記事を書くことにより、地球温暖化により世界的環境にどのような悪影響が出ているかを考える第一歩とさせてください。

英国ウィメンズインスティテュート グリーンハートのキャンペーンに関するページ
イギリスのメンバーのみなさんが作った可愛いグリーンハートの写真です。
グリーンのハートで地球へも愛を!#showthelove カラーワイヤーとビーズで作った筆者のグリーンハート。

嬉しいお便り ナルミさんのイギリス花留学

フラワーデザイン・オブ・ブリテン キャリアーコースで作った作品
昨年FDBにてフラワーデザインを学ばれた鳴海さんよりとてもうれしいお便りをいただきました。現在ケンブリッジに在住、そしてライターとしてTABIZINE(タビジン)にて「人生を変える!30代のイギリス短期留学成功のヒント」をテーマにイギリス留学のメリットや生活の事などを取り上げ、執筆活動していらっしゃるとの事。今回はズバリ「花留学」! プロを目指す人のためのスクールである当校での授業中のご経験や、フラワーショップをご覧になった時の感想など、学校のスタッフサイドではスルーしてしまいそうな部分が記されています。又地元ケンブリッジでもフリーランスフローリストから3回ほどボタニカルジュエリー(ネックレス、ブレスレット、イアリングなどのボディフラワーを植物を使って創作)を学ぶレッスンをご体験なさったとの事。イギリスで語学留学を考えている方、渡英しフラワーアレンジメント留学をご検討されている方はぜひご一読を!

ちなみに当校でのレッスンでは時差ボケ&実習で立ちっぱなしの日々で連日お疲れだったとの事ですが、ブレのない美しいアレンジメントは10日間のフローリストコースでしっかり学ばれたからだと思います。作品はとても素敵です。
鳴海さんの他の記事では語学スクール選びのコツから始まり、日本料理のパーティーを通じての友達作りやホストファミリーとのよい関係作りなど、いろいろとうなずきながら読ませていただきました。よい先生につくことが大事である事、積極的に行動する事で限られた時間を最大限に活かしましょう!と、本当に海外留学のヒントが沢山出てきます。鳴海さん、英国フラワースクールのご掲載ありがとうございました。 充実したイギリス生活をお楽しみください!

鳴海汐さんの「人生を変える!30代のイギリス短期留学成功のヒント」 花留学編

その他の英国留学の記事 

フラワーアレンジメントを学ぶ 春のキャリアーコースは4月24日スタートです。

世田谷カップ フラワーバレンタイン ~男性から女性へ贈る花束~

フラワーバレンタイン ~男性から女性へ贈る花束~
2017年2月 バレンタイン・デーまであと一週間。世田谷の市場では2月3日から7日まで、フローリストたちのコンペティションが開催されています。テーマは 「フラワーバレンタイン ~男性から女性へ贈る花束~」。日本では女性から男性へのプレゼントが多いのですが、海外では全く逆で、赤いバラの花束で奥様や恋人、あるいは思いを寄せる親しい友人たちへのブーケが飛び交います。本当にこの言葉がふさわしいくらいデス。

49組のエントリー。豪快に作る人、可愛い資材を入れ込んで作る人、個性的な花をうまく使う方もいらっしゃいました。提供された花の展示もあり、最近の素敵な花の魅力も合わせてゆっくりと拝見できました。 

まずは貰いたいブーケ3点。まったくの個人的なピックアップです。
チューリップ 'ホワイトリバースター' 白クラウン咲き メインの花はチューリップ 'ホワイトリバースター' 白クラウン咲
バラ 'ビジュードネージュ’ 白カップ咲 キャスケードブーケバラ 'ビジュードネージュ’がメインのキャスケードブーケ
カラーの動きが美しいのですがメインはおそらくラナンキュラス?ユニークなストラクチャーで楽しめます。

バランスがよく美しいブーケ。左はガーベラ 'ヒマリア'、右の作品はスプレーバラの 'スーパークリンググラフィティ’ 。

コンテンツの配信