Chihiro Hidakaさんのブログ

FDBヨーロッパスクール ロンドン3日目

FDB Europe school London 2008 Demonstration by Barbara Shakespeare Flamboyant bouquet by Geoffrey Hughes
朝教室へ行くと必ず机の上には花材と資材が用意されています。なにやらカラフルなステック。何がはじまるのか毎朝の楽しみでもあります。3日間パリッとお天気が続き教室には朝日が差し込みます。秋晴れのロンドンクラス、皆さん気持ちも軽やかに踊りつづけています。

ウェデイングブーケ作成途中の写真です。

FDBヨーロッパスクールロンドン 2日目

floral demonstration floral demonstration floral demonstration
2日目は前日とはまったく異なる色です。本日は色鮮やかなテーブルデザインに挑戦です。昨年のホルティフェアに出展されていた新商品を使いました。スクエアのオアシスなのですが、日ごろ丸みをおびた形に慣れているため、なかなか4隅を決めるのが難しく感じました。やはり写真にすると反省がいろいろ見えてくるようです。皆さん本日はかなりの集中。とても静かです(笑)

写真はダブルデモンストレーションの様子

FDBヨーロッパスクールロンドン

London Extravaganza, flower design class London Extravaganza, flower design class London Extravaganza, flower design class

天窓のあるとても明るい教室。優しく自然光が取り入れるためお花もより一層素敵に輝きます。

今回のロンドンクラス、ちょっと今までとは異なる授業です。3日間という制限のある時間ですので、絶えずダブルデモンストレーションを進行させています。生徒たちにはできるだけ沢山のテクニックを披露し、より多学んでいたけるように工夫をしました。

写真はMrs. Barbara Shakespeare.
さてさて、いつまで写真を撮れるでしょうか。初日と言うにもう余裕無くなってきました!

テムズ・美しい川辺のひと時

River Thames /></a> <A href=park at Hammersmith, London Autumn pattern

朝の散歩であまりにも川辺が美しくまたちょっと記しておきたいと思います。

広い川ではレガッタの練習をしていました。プライベートなボートの停泊所もあり歩けば必ずなにか楽しいものを発見します。近くには公園があり季節も最高なためこの界隈のイギリス人たちも早起きです。

なぜ落ち葉の写真?と思われるかもしれませんが、この色が心を打つのです。また忙しい一日の始まりですが、ちょっと静かなひと時に心を委ねています。

テムズ川

Hammersmith Bridge London A pub at Hammersmith Bridge, London Hammersmith Bridge London
ホテルから5分くらいの所に素敵な橋があると言う事で朝食後に散歩へ出かけました。その川はテムズ川でした。こんなに近くにテムズがあったなんてまったく知りませんでした。橋の名前はHammermith Bridge、テムズに架かる橋ではもっとも古い橋の一つだそうです。橋のほとりにはパブがり、なんともロマンテックな異国情緒です。

花市場へ

New Covent Garden New Covent Garden New Covent Garden

クラスの始まる一日前、到着しているメンバーで資材の買出しに出ています。海外メーカーのプロダクトなど日本では入手できないものをチェックしました。昨年出たバラのとげとりなどの使い勝手などを伺ったり、アレンジメントのアクセサリーなど、かなり奇抜なものをお買い上げです。店の人に今夜は仮面パーティーかとジョークを投げかけられました。

はい、London Extravaganza はやくもワイルドです!

秋晴れのロンドン

private garden, Hammersmith London private garden, Hammersmith London moss area at the garden

覚悟していた寒さもなく、到着の日から17度と暖かい気温です。今週末にかけてどうやら天気に恵まれそうです。ステイ先は空港から30分のアクセス。ナイトブリッジまで10分、ビクトリアまで15分という素晴らしいローケーション。一歩入ると都会の真ん中とは思えないほど静か。リスやキツネが中庭で遊んでいます。時差ボケで目を疑いましたが、本物のキツネだとのことでした。ホテルですがプライベートエリアの充実はとてもありがたいです。

The Big Draw 2008 London

Big Draw 2008 London
今年で9年目のお絵かきイベントがロンドンで10月1日から31日まであります。目的は老若男女だれでもが絵を描き楽しもうというイベントです。大学や美術館、モールギャラリーのようなモダンアートのスペースでのお絵描き教室などロンドン中あちらこちらでお絵かき大会が繰り広げられています。ヨーロッパへの玄関口(ユーロスターの発着駅) St. Pancras International駅では10月11日から18日までメジャーな新聞で活躍されているカトゥーンニストたちのプロの実演などが予定されています。ご利用される方、シャンペン片手に思うままにスケッチをしてはいかがです?

London Extravaganza, FDBヨーロッパスクールロンドンが始まります。参加者の中にアーティストが一名、彼女の事を思い出したので記してみました。

グローバル ムーブメント MPS/ FFP

Ecosaku この野菜、水栽培で無農薬。虫が入らない完全室内育ちです。思い出したのが、昨年のオランダのHorti Fair。テーマが "Enegy and Water". 限られた資源を大切にし、綺麗な水をというグローバルムーブメントのプロモーションでした。

オランダでは1993年に始まった自然環境運動のプログラムMPSがあります。さまざまな工夫をして、資源を節約し、農薬を使わず、よりよい花や植物を生産する活動をしている生産者たちを支援している組織です。日本でもその運動が2006年の夏に始まっています。

留学支援大手会社が破産

大手の留学支援会社が破産というニュースを目にしました。留学情報を大量にもち、カウンセラーを何人も置く業者です。

海外留学。私が若かりし日のころ、かなり苦労をしてフローリストリーの専門学科を置く大学を探しました。20数年前です。あちらこちらへ出向き時間こそはかかりましたが、結局イギリスの組織を見つけ出し、そこから沢山の情報をいただけたのです。留学を志す方、業者を上手く利用するのももちろん有効な手段です。でももう少し自分で石橋を叩いて渡る位の気持ちでもよいのではないでしょうか。

海外ではリスク管理がとてもしっかりしています。すべて自己管理で自己責任です。海外へ留学を目指すのでしたら、ぜひ日本にいる今からリスクマネージメントも身につけて下さい。

コンテンツの配信