Chihiro Hidakaさんのブログ

Butchart Garden, Victoria Canada

Sunken Garden Butchart Garden Map
気温0℃霙が降る悪天候でありましたが船に乗りシアトルからカナダビクトリアへ。お目当てはButchard Garden. 庭に入ると寒さを忘れて歩き回りました。とても美しくて感動です。イギリスFDBの事務所の庭とイメージが重なりました。4月は両国ともまだ寒いですが6月からは緑が映え清々しい季節となります。

寄せ植え

container garden
海外へ出でいつも美しいと思う事、、それぞれに志向を凝らした寄せ植えで庭が飾られているところです。
早朝7時、ビクトリアクリッパーの乗り場に向かうため海岸沿いを歩いていたらこんなに素敵なアプローチを見ました。蒸し暑さがないところはぎっしり植えても大丈夫なのですね。

シアトルお花のマーケット

Pike Place Market flower street
一般消費者向けのマーケットでプロ用の卸とは違います。場所はシアトルウォーターフロントにあるPike Place Market内。
4月中旬ですがチューリップなど早春の花がトップシーズンとなり郊外ではチューリップフェスタなども行われていました。メインの花をぐっと引き上げてサポートのグリーンとサブの花を低めに使う独特なスタイル。チューリップのステムはそのまま長く使っていました。真ん中はパラレル、外にゆくにしたがいゆったりとしたスパイラルに組んであります。各国のブーケ、所変わればスタイルも変わります。

ガーベラ?いえいえマムです

Welcome flower at Seatle Sheraton
シアトルのホテルにあったウェルカムフラワー。曇り空が続くシアトルでしたがホテルのロビーは鮮やかすぎるくらいの黄色でまとめていました。新種のガーベラかと思いよく見るとステムが菊。こんなに素敵にアレンジされているとわかりませんでした!どれも手ごろに入るお花たち。
Mum
Snap Dragon
Soridago

FDBワークショプ東京 3月22日 終了

ワークショップへご参加の皆さん、お忙し中、終日のご参加どうもありがとうございました。
桜の開花も宣言され、花に囲まれたとても穏やかな春の日となりました。

いつもと違う器で新しいアレンジメントをトライしたり、自作のベースをご持参なさっり、大きな作品にチャレンジする参加者もいました。マスターたちも三者三様のフレームを持ち寄り
まったく違うテクニックをデモを披露。今回はバランスが研究テーマでしたが、それぞれに課題をこなしていたように思います。

FDB卒業生との再会もとても楽しく、充実した一日となりました。お疲れ様でした。またぜひ次回もご参加下さい。

おかえりなさい

先週一週間イギリスでのクラスを終え無事帰国なさったNanaさんからお便りがありました。

ニュースにもなるほどの悪天候の中イギリスにご到着。月曜日から始まった授業ではキャリアーコースのカリキュラムをこなし、最終日はショップトレーニングとして、花屋でウエディングのコサージュやブーケなどを現地スタッフとともに作成なさったそうです。また先生宅でのホームステイも有意義で楽しかったご様子。お話を伺うと、本当に充実したイギリス花留学のようでした。

次回は気候の安定した夏にお出かけ下さい。Westonは本当によい街ですよ。なんだか私も行きたくなってしまいました。
ありがとうございます。
wiring work

FDBワークショップ東京 3月22日(土曜日)

3月22日土曜日。東京でFDBワークショップを開催します。
別々に活動をしていたマスターたち、イギリスの学校を卒業した方、フローリストやデザイナー、そしてこれから海外留学を考えている方、また昨年10月のヨーロッパクラスでご一緒した方からもご参加のお申し込みをいただきました。私自身今から再会がとても楽しみです。

さて、もう一度FDBワークショップのご紹介です。
イギリスのフラワースクールの卒業生による花の集いで、学んだ知識の活性化のため花・場所・時間を共有し、フラワーアレンジメントの練習をするセッションです。
普段個人では揃えられない花の種類、スペースの広い教室で花に携わっている参加者同士の交流を楽しみながらお互いに学びあう事をしています。

今頃のラナンキュラス

Ranunculus asiaticus
つぼみのうちは小さくてコツコツ固い産物。日ごとに色を増しその固いつぼみをゆるめながら幾重にも重なる花びらを展開します。日差しが春めいてやさしくなってきたこの頃、自然界を描写するアレンジメントには欠かせないアイテムです。

それにしても今頃のラナンキュラスは大きいです。直径約9cm厚みも5cmはあります。茎もしっかりしていてとても長持ちなのです。花が長く咲いてくれるといつも嬉しいものです。

世田谷カップ

フローリストたちによるフラワーデザインのコンテストに出展しました。皆さんどの作品もすばらしいものばかりです。
Spring Delight - Tulipa
世田谷美術館内 レストラン "Le Jardan"
2008年2月8日-10日正午まで

作品の写真はフロコレ金子さんのブログ速報世田谷カップで
他の方の作品を見るのも勉強です。たくさんのアイディアがあり楽しく参加させていただきました。
世田谷花きの皆様ありがとうございます。

バレンタイン・デー 花屋のプロモーション

Valentine's Day Promotion in Japan
2月14日バレンタィン・ディー。今年もこの時期になるとどこのデパートでもチョコレート売り場が大繁盛。でも海外諸国では男性が女性に花を送りながら想いを伝える日という事をご存じですか?

卒業生で、仙台花屋はなはなの増田美紀さんと彼女の仲間たちが、もうひとつのバレンタィン・ディのプロモーションを始めています。花屋としてのヴァレンタィン・ディ。将来日本にも赤いバラの花束をもった粋な男性が増えるとよいですね。

コンテンツの配信