スズランの日 メイ・デー LA FETE DU MUGUET

5月1日は労働者の祭典の日ですが、フランスやイギリスではスズラン祭りの日にあたります。(LA FETE DU MUGUET 仏)
Lily of the valley
スズランの白く可憐な姿からは'聖母の涙’などと呼ばれています。花言葉は'幸福の訪れ’。メイデーにあたるこの日* イギリスやフランスでは親しい人たちに幸せを願ってスズランの花を送りあう習慣があります。特にフランスでは、花屋以外でも町中に一般人の方のスズラン売りが登場する日です。この日のスズラン屋さんたちは、近くの森へ行ったり庭にあるスズランを自分で採集して売っているようです。即席スズラン屋になるには花屋から100m以上離れていて、根がない切り花のみのお取り扱い。スズラン売りになるには特にお届はなく老若男女どなたでも大丈夫だそうです。尚、この花は毒性があります。一般的な切り花で取扱う際には何も問題はありありませんが間違っても食さないように。動物は本能でよける草です。

花だけでなくあめ細工のお菓子ですらスズランが登場するとの事。繊細そうですね。ますますよい季節が到来します。

新緑の春、さわやかな香りのスズランを実家の庭で発見。祖母が北海道から数十年前に持参したものが毎年温暖化にも負けず咲いてくれます。やっと花粉症が落ち付き始め、マスクをつい先週はずして歩くことができました。(笑)これからは目だけでなく鼻も効かせて日々花観察を楽しもうと思います。

鈴蘭 君影草
ユリ科(スズラン科・APG)スズラン属
Convallaria majalis
Common name:Lily of the valley
ヨーロッパ・アジア・北アメリカ

*イギリスの休日は5月の第1月曜日です。
*2010年の話題