花の学名

Nerine bowdenii
昨日東京のフラワーマーケットにて花を買いました。ふとラベルを見ると、なんと学名がのっているではないですか!学名はラテン語。現在ラテン語が使われる分野は、宗教、医学、そして植物学の世界の限られた範囲。馴染みがなく、なおかつとても長い名前。こんなものを日本語で見てしまったのでちょっぴり嬉しくなってしまいました。輸入の植物や花も多く、だんだん学名と固有名を入れての取引に移ってきたのでしょう。

花留学をするとお気づきになると思いますが、花は他の国では学名で呼ばれます。長い変な名前が出てきたら学名と思い、少しづつ気にするようにして下さいネ!
お花の名前はネリネ Nerine bowdenii 'Favorite'
ヒガンバナ科ネリネ属 Amaryllidaceae
南アフリカ原産
英語名 Diamond Lily(花ビラが光にあたるときらきらと美しく光るため),Guernsey Lily (英国とフランスの間にある島Guernseyに自生しているためです)

秋が深まってきましたね。ロンドンは紅葉が始まっています。ロンドン花クラスまで残り一か月。今回はロンドン地元の方はもちろん、北欧からのご参加者もあり、残る一席となりました。ボチボチと英語と花名のおさらいをしております。

ロンドン短期花留学あと1席ラストコールです
**********************************************
FDBヨーロッパスクール ロンドン コンテンポラリーフラワーデザインクラス
London Extravaganza 09 Contemporary floral design class
2009年10月8日(木曜日)-11日(日曜日)
ロンドン フラワーデザインクラス
**********************************************