スズランの日 メイ・デー LA FETE DU MUGUET その2

スズランをフランス語で'Lys des Vallees'、英語では 'Lily of the valley'と呼ばれフランスやイギリスなどのヨーロッパ各国では春の訪れの象徴の花であり、また
ケルト人たちにとってはラッキーチャームだったそうです。今日はフランス語のキーワードをいくつか交えてお話しましょう。レクチャーは友人のFrancoiseさんからご教示していただきました。
Lily of the valley, Muguet

始まり
'Brin de Muguet'
1561年5月1日、フランス国王シャルル9世がスズランのブートニア 'brin de Muguet'をもらった事から始まりました。スズランは春の訪れの喜びと幸運の訪れの象徴とされています。以後、彼は毎年5月1日になると女官たちに花をプレゼントしていたそうです。

それから100年の歳月の後、スズランは労働者のための祭典メイ・デー'Fete du Travail'の象徴となりました。

'Bal du Muguet' 若者のダンスパーティ 
Balは大切な人との会う機会という事で、この日だけは親たちはパーティ会場へは出向けません。女の子たちは白のドレスを着て、男の子たちは胸にスズランの花を付けての参加です。このダンスパーティの習慣はまだパリでも一部残っているとの事。爽やかな香のスズランを束ねた素敵なブーケを大切な彼女にプレゼントするそうです。

一般的には朝早く起きて郊外の森へ花を付けたスズランを探しに出かけていたようです。今では花屋や街のいたる所に出るにわか花屋のスタンドで購入するそうです。コツは朝早く買うこと。昼間になると品薄となりとても高価になってしまうとこの事。数時間で相場が上下する物なんだそうです。にわか花屋については昨年ブログでご紹介しましたね。フランス国民にとっては労働の権利を守る記念の日、勤労感謝の日となり国民の休日です。家族でフルコースの昼食を楽しんだり、また労働組合などが主催する集まりに出かけたりとして一日を過ごすそうです。

日本は世界でも類を見ないくらい休日が多い国です。フランスへお出かけの方はちょうど本日スズランの花を沢山見かけると思います。でも花屋以外のお店は閉まっている事が多いのでご注意ください。イギリスは5月最初の月曜日が休日です。旅行中はちょっと街が寂しく感じられるかもしれませんね。

日本で見かけるスズランは2種類。ドイツスズランは葉と花が同じ高さで揃っています。日本のスズランは花の方が小さく小ぶりです。
ブーケにするのでしたらドイツスズランの方が扱いやすいと思います。水が汚れ花もちもよくないのですが、それでも生の花に勝るモノはないですね。原産はどうも日本、北朝鮮あたりらしいです。

それでは皆さんにも幸運が訪れますように。素敵なメーディをお過ごしください。Bonne Fete du Muguet!