ロンドンフラワーマーケット 2010年ピックアップ

New Covent Garden
イギリス滞在中、どうしても足が向いてしまうのが花市場のニューコベントガーデン。スクールの会場からタクシーで約20分。スモーキーな霧が覆う早朝の街ですが、通勤する人たちの姿も見かけられます。オフィス務めをしていた昔の事を思い出してしまう光景でした。マーケットへ一歩踏み入れるとそこは花園。様々なブーケ(花の香)に包まれ、私にとって一番の癒され空間です。もっとも市場ですから決してロマンティクで素敵な所ではないのですが。

では今年の流行りモノピックアップです。
Christmas Balls
まず目に留まったのがクリスマス商品。クリスマスボールの種類がますます多種になっています。オレンジ系、ピンク系、いつもより派手め。
Vegetative Materials Vegetative decoration material
ヴェゲタティブなる自然マテリアル。ナチュラル派にはたまりません!
Fair trade label
地球にやさしい育成方法を記したラベル付きの植物。フェアートレード(生産者が明瞭である)が増えています。
New Covent Garden ecological bag
エコロジーが浸透。エコバッグも登場です。
Bi-colour gerbera Shock pink gerbera
花に関しては強い色がかなり目に入りました。ガーベラは種類が多くなりました。バラもバイカラー(2色以上を含む多色)が当たり前。シンプルな物を探すのが大変なくらいです。
Wild flowers from Australia/New Zealand
派手目のオレンジが目に飛び込んできます。オーストラリアからのワイルドフラワーも素敵です。こんなバンチが日本のマーケットでも売られているとよいと思いました。
Bulbs in a bag
じゃが芋ではありません。球根です。

年に数回リサーチに出かけないと浦島太郎おばさんになってしまいそうです。