オーバルのアレンジメント

基本のアレンジメントの一つにオーバルという形があります。アウトラインは丸く、雰囲気もやさしく出来上がる形なのですが、ブリテッシュのトライアンギュラスタイルに慣れている方にはこれが以外と手ごわいのです。本日はグリーンの入れ方など現在手元にある花で簡単にご紹介したいと思います。

1. グリーンを入れる。適当でよいのですが、この段階で小さなオーバルを作るつもりで。Tip詰め込み過ぎない!
グリーンを入れる 横から 後ろから

2.花を入れる。アウトライン→真ん中のフォーカル→何もない空間に
花を入れる

3.空間を埋める。サブフラワーをメインのお花の間に入れます。詰め込まないように。花材はもう数種類増やしてもかまいません。Tip花同士は絶対にくっつけてはいけません!
空間をサブの花で埋める

4.最後に裏のオアシスを余った葉で隠して終了です。

花材===
ヒバ
ガーベラ 9本
チューリップ 3本
アルストロメリア 3本
======

花材が少ししかなかったのですが、オーバルの形にはなっていると思います。もう十数年ぶりのオーバルのアレンジメントですので上手とは言えませんが悪しからず。どんなアレンジメントでも練習が必要です。練習をなさりたい方はFDBワークショップへご参加ください。それでも自信のない方は日高のクラスへご参加ください。

*春の香るお花でオーバルをアレンジしてみました。とても香しい空間を長く楽しむ事ができました。ご参考までに。2014年1月のフラワーアレンジメント