ページボーイ / リングベアラー Page Boy / Ring Bearer

イギリスではページボーイ(Page Boy)、米国ではリングベアラー (Ring Bearer)と呼び方が変化します。ページボーイは5歳から10歳くらいまでの男の子で、結婚する2人の指輪を持って参列というお役目があります。もともとのページボーイは中世の頃騎士に使え身の廻りのお世話をする事のできる名門出身の男の子たちでした。

花嫁入場の列にレースや花で飾られたリングピローと呼ばれる小さなクッションを持って歩きます。そのリングピローには結婚指輪が結び付けられています。入場のポジションは単独で列の一番先頭かフラワーガールと一緒に歩く場合が多いようです。整えられた髪型に花婿のミニチュアスーツを着て入場してくる姿を見るとだれもがビッグスマイルになってしまいますね。式の執り行われている間はベストマンの横に立ち指輪を花婿に渡します。ページボーイが幼い場合はベストマンにピローを渡して一番前のベンチに座ります。尚、ページボーイが列の一番後ろに付き花嫁のドレスの裾やベールを持ち上げている事がありますが、その場合はベストマンが指輪を預かります。

ページボーイの花飾り
ページボーイがタキシードかスーツでしたら胸元に一輪の花のボタンホール/ブートニアを付けてもよいでしょう。4月のWilliam王子の結婚式の時はページボーイは王子が軍服をお召になりましたのでページボーイも軍服でしたね。ページボーイたちのの服は1820年代の英国軍アイリッシュ近衛歩兵軍の官職の階級にある人たち服だったそうです。その軍の大佐はWilliam王子に当たります。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
ロンドン花留学 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011

開催日時 2011年10月27日 - 30日(4日間)
場所 ロンドン ハマースミス
費用 680ポンド
** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **