ジャパンカップ 2012 作品3 ファイナル

ジャパンカップ2012 ファイナル1位作品" ジャパンカップ2012 ファイナル2位作品" ジャパンカップ2012 ファイナル3位作品

ジャパンカップセミファイナルを通過した10名。1900x1600のエリアに1時間でデザインを作成。双璧の戦いであることは間違いないですがやはり経験の差が出るのはこの場面だと思います。目の前の資材を使い短時間にストラクチャーを考えアレンジする。大変難しいと思います。一名ほんの数分、いえもしかしたらものの一分だけ手を止め考えている方がいらっしゃいました。大舞台でも冷静ですね。彼はトップ3に入られた中のお一人。彼の作品は3面展開ではなく4方見でどこから見ても美しいアレンジメントが目を捉えます。さらにアレンジの配置の高さを変える事によって生まれるリズムとここちよい空間も私には非常にポイントが高かったデザインエレメントの1つです。資材の1つすだれをもっと見せる工夫があれば優勝だったかもしれません。

客席から拝見していても興奮のステージ。選手の皆さん大変お疲れ様でした。日本のフローリストたちを引っ張り若い後輩たちを育てていって下さい。来年のジャパンカップ開催は3月、そしてチャンピオンシップが8月京都での開催が決まっているとの事です。

花材
エルムレス 黄色 クルクマ ピンク セロシア赤 ダリア ピンク ヘリコニア(ハンギング)赤 ハイドランジア ピンク
イタリアンルスカス ストレリチア(極楽鳥花)の葉 モンステラ アンスリュームの葉 レザーリーフファン ヤツデ

入賞者
1位 日坂昭広さん ブロッサム (写真左)
2位 丹羽英之さん フラワーゲート銀座店 (写真中央)
3位 長田太地さん ユー花園 (写真右)