FDBヨーロッパクラス 2012年 Weston-super-Mare クリスマス~来年に向けての流行物

Day 2
イギリスのフラワーアレンジメントの流行も対岸のオランダの影響を強く受けます。大流行の兆しがある物を紹介してもらいました。なんとドライフラワーです。
ええっ~~!!誰しも驚きの声を上げたのは言うまでもありません。ドライフラワーと言えば私も遠い昔にアレンジした経験はございますがまさかのトレンドカムバック!これもヴェゲタティブ:エコでナチュラルな物を使う流れなんだそうです。最近のドライフラワー、実は高価な物と言う事でまたまたびっくり!ドライにする人の手間等がコストに反映されているそうです。確かにとても立派なバラでした。

critique session Student's original creation with moss and dried fruits A design is yours

2日目はドライフラワーを使ってのデザインクラスでした。担当は校長のB.Shakespeare 
長くて太いシナモン。なかなか綺麗に切れない経験はございませんか?シナモンステックの前処理などきちんと教えてくれました。この作品はデザイン入門Stage2で習うタペストリーやコラージュに関連します。作品作成後はいつも通り作品を一列に並べ先生による評価です。どのアイディアも素晴らしく個性がある作品でした。写真のストライプのコケボール?楽しいアイディアですね。ドライのリンゴやオレンジのスライスをベースに使ったり、バラを豪快に見せるデザイン、巧みなパターンの組み合わせ、サイドもお洒落なフィニッシュ。皆さんお見事でした。

終盤はクリスマスバージョンのアレンジメント。こちらはフレッシュな花のアレンジメントでしたので1Fの花屋から自分で花を選びデザインしました。
校長の授業はすべてフローリストとしてのビジネスマインドがベースです。根底にあるレッスンシオリーもテクニックも見習いたい素晴らしいフォーマンスでした。

本日は生徒さんを受け入れてくれているホストファミリーのご家庭のディナーにお呼ばれです。ドライフラワーのアレンジメントをパッキングしてお出かけ。温かなご家庭、ホームメイドのスコーン&ケーキ。そしてメールもチェックせず夜も更けてゆくのでした。
British way Home made scone and fresh clotted cream
p.s. 生のクロテットクリーム(Clotted cream)があります。日本でも一部入手できますが、日持しないためぜひ現地イギリスでお試し下さい!