植物とフラワーアレンジメント

イースターのアレンジメント
植物をよく知りよく観察する事。自然界が教えてくれると師匠たちに長年言われ続けてきました。それがもっとも自然なアレンジメントに繋がるからです。アレンジメントは人間の手で造形された物なのですが、植物の持っている特徴や性格を無視してはどこかちぐはぐでバランスが崩れたアレンジメントになってしまいます。実際自分の作った過去の作品を見ると随分無茶をしているなと感じるものが多くありました。本日は原点に戻ったシンプルなアレンジメントです。材料はこの時期に入手できるヒメミズキと白い花。白はイースターによく用いられるシンボルカラーの1つです。形はヒメミズキが地面から生えている輪郭をなぞりました。器の底に成長点があるように仮定しすべての茎はそのポイントに向かって挿しています。フラワーアレンジメントは植物の恩恵を受けながら人間の楽しみの為に生まれました。花や植物の事少しだけインプットがあるとよりよい作品となります。イギリスのスクールでは花の名前と科属名をセットで覚えさせられます。同じ科の出身の植物は水揚方など扱いも似ています。またアレンジメントを作る時も、生えている環境を考える際覚えているとちょっと重宝です。

イースターのアレンジメント ヒメミズキの生え方

材料 
ヒメミズキ/ヒュウガミズキ マンサク科トサミズキ属
Spマム 'デックモナ' キク科キク属
ヘデラアイビー ウコギ科ヘデラ属
ユキヤナギ バラ科シモツケ属
卵の殻(白)給水フォーム、コンテナ

-------
4月6日(土曜日)7日(日曜日) 日高のクラスでこのようなシンプルアレンジメントのレッスンをいたします。興味ある方はご連絡下さい。info @ act-flower.com