100年の歴史 英国チェルシーフラワーショー

このフラワーショーは1862からRHS Great Spring Showとして開催され、現在のチェルシーでの開催は1913年からだそうです。2013年はチェルシーでの開催100回記念という事もありノスタルジックな写真などが展示されていたようです。そしてフローリストコンペでも過去流行したインテリアなどを取り入れたディスプレーもまたよき時代の回顧録のようでアイディアは斬新です。個人フローリストのテーマはサークル。コンペの結果はRHSのページにあります。ディスプレー部門の優勝はインターフローラ。こちらの団体は無敵のようです。コンペの写真はインターフローラ世界大会代表のNeilさんの ページをリンクさせていただきました。

さて本日、小笠原の兄島に外来種のトカゲが発見され「非常事態」宣言が出されました。小笠原は大陸と陸続きとなった形跡がなく独自の進化を遂げている
植物、動物たちがいるとの事です。繁殖力の強い外来種によりそのバランスのとれた美しい自然形態が侵される危機です。実はチェルシーフラワーショーにも同様の
特設展示会場がありました。ナショナルトラストが発信する在来植物が受ける外来植物や動物の影響のメッセージです。
国はどこでもその地域独特の文化、自然などできるだけそのままで次世代への送り物としたい所です。

英国ナショナルトラスト チェルシーフラワーショー ビデオがあります。
最終日のセールの様子です。Rona Wheeldonさんのブログより