ヒーリング中 花による癒し効果

花による癒し効果
私事で恐縮ですが、指の関節が曲がるという病気になり、その緩和として時々朝の仕事が終わるとお湯にアロマを垂らして指先のケアをしております。大抵はテーブルの花をしげしげと眺めながらのひと時です。花は癒しと個人的に常々考えておりましたが、国立千葉大学の宮崎良文教授による視覚刺激効果の調査結果により花による癒しは効果的との試験結果が発表されました。検証方法はバラを卓上に置きリラックス時に多くなる副交感神経活動を測定します。花を置いた時には副交感神経活動が花を置かない状態より29%も上昇、そしてストレスを時に反映される交感神経活動は25%も減少されるとの結果でした。明らかにリラックス状態の亢進が見られたとの事です。先生は木材と森林浴の研究の第一人者。森林浴による免疫力の効用などでも長年のご研究を重ねているそうです。自然に触れることによるリラックスは免疫力の回復につながるという自然セラピーをメッセージしていらっしゃる方です。やはり花は癒し、間違ってはいませんでした。花一輪あるだけで心がなごみます。皆さんもぜひご家庭やオフィスに花飾りのお勧めです。病院で花を置く事また開始しませんか?
http://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/flower2012.html
参考資料 Paseo Vol.43 Winter