ビクトリーブーケコンテスト Medalist bouquet contest

6th place Medalist bouquet competition in Tokyo 5th place Medalist bouquet competition in Tokyo
8月1日から3日間、東京お台場ヴィーナスフォートでオリンピックの表彰式に用いるビクトリーブーケのデザインコンペが開催されました。この企画は ”夏を爽やかに!スポーツ&フラワーフェスタ”というタイトルで臨海副都心「花と緑」のイベント実行委員会により、2020年東京オリンピック・パラリンピックへの気運の盛り上げ、日本の花き園芸技術による夏花壇の展示や、スポーツの普及・振興を融合させた参加型イベントとの事です。直前になり生徒さんの参加で知らされました。本当に直前エントリーにも関わらず入賞されました。立川伊勢丹 生花店勤務の柳井さんと同僚の方、おめでとうございます。

コンペの審査基準は以下の通り。
 ☆デザインの独創性
 ☆テクニック
 ☆花材の選択
 ☆完成度
1st place Medalist bouquet competition in Tokyo 金賞受賞作品
2020年の真夏にあるオリンピックを想定してこの時期のコンペはよい練習だったと思います。トップで入賞した作品は当然のごとく細部まできちんと気配りができており安定した作品でした。丁寧でよい仕事が高評価だったと思います。

今回の審査基準において最初にフォーカスしたいトピックスは花材です。東京も酷暑、一番厳しい季節ですので花材の選択は十分に考慮しなければなりません。拝見した作品の中では水の下がって傷みの激しい花がかなり見受けられました。表彰台で萎れてくたびれはてた花束を持たせるなど、想像しただけでも恐ろしい。しっかりと暑さに強い植物を選択し、コンディショニング(水揚げ)は完璧でなくてはなりません。デザインの独創性も楽しく拝見しました。パラソルを模ったフレーム、盆ザルのベース、日本の着物風リボンを着けたり、リンドウで形造った美しい富士山シェイプなど思わず下をのぞき込んでしまったものもありました。独創性はもちろん必要です。ただし世界中の人が注目するオリンピックの場で用いるブーケです。品格は忘れないでいただきたいと思います。
テクニックと完成度においては、正直な所日本のフローリストにはまだまだ足りない部分です。ひとつの作品に入れる花の選び方、組み合わせ方はとても上手とは言えずちぐはぐさが目立ちました。仕上げに於いては輪ゴムでブーケを束ね何の処置もなされていない、ホチキス止めされた葉がブーケのてっぺんでフラフラ、後ろの処理はどうしたのかな?という作品も多く非常に残念な仕上がりです。太いワイヤーでリボンを留め、その長いワイヤーが花瓶に絡まっている姿は非常に見苦しさを感じました。安全性への配慮も忘れてはならない項目です。

コンペへの出展は参加した事に大いに意味があり、経験により必ず成長するものです。もしまた同じコンペが来年あるのでしたら少しだけ上記を参考にしてチャレンジして下さい。

http://koto-kanko.jp/event/sportsflower2014/
夏を爽やかに!スポーツ&フラワーフェスタ http://www.tptc.co.jp/Portals/0/corporate/出展募集案内資料%2020140625.pdf


--
ジュニアフローリストたちへ

小さなお子さんを連れたお母様が、「私だったら爽やかな色なのでこれがいいな」と何気なくおっしゃっていました。はい。私もそう思います。このブーケはとてもオーソドックスですがマイナスする所がありません。大きな花の配置が均等で安定して見え、どの角度からでも楽しめます。この蒸し暑い気候で涼しさを感じさせる色の選択もあり、一般の方には非常に受けがいいんです。フローリストの方、花の仕事を論理的に学ぶ事を始めて下さい。基本的な事は網羅しておかなければとてもお客様を満足させられる事はできません。将来の自分の仕事の器量にも関わってきます。経験豊なベテランから学ぶ事は時には近道であると思います。世界に飛び出て学んで下さい。
英国フラワースクール キャリアーコース