FDBヨーロッパクラス2014 Day 1

フラワーデザイン リースの葉のあしらい方のデモ フラワーデザイン・オブ・ブリテン 学校でレクチャー中の校長Barbara Shakespeare
左写真 どんなリーフを使っても均等にかならず同じ長さを保ちます。 写真右 レクチャー中の校長 Barbara Shakespeare
初日と2日目はシンパシーデザイン(葬儀用)のデザインの予定です。オアシスを削ってベースの形作りのはずでしたが、基本のアレンジメントができない人が世間にはあまりにも多いとの事。審査員の方たちですら長年基本のアレンジをしておらず正確にアレンジできない人たちもいるとの事でした。という事で先ずは葬儀用の定番リースから取り掛かりました。かなりの花材を使いますので重くなりがちですが、リングオアシスの水の浸し方の説明から始まりその後はしっかりとデモをしながら解説してくれました。リーフの入れ方、空間の取り方、埋め方など美しく均整の取れたアレンジメントを作る上でのいくつもの重要な注意点があり、私自身基本のリビューは久しぶりだった為、内容は新鮮で実に参考になりました。手前味噌で大変恐縮ですが、我がスクールの校長のデモは手際もよくとても綺麗、安定感があり作品の出来栄えも芯が強くパワフルです。生徒さんたちが'神々しい'と表現しておりましたが、その言葉がぴったりです。久々に上手なデモを見てこちらでのレッスンのありがたさが身に染みました。リースを2作品; 一つはベーシックスタイルで花をまんべんなく散らすアレンジメント。もう一つはセクション(グルーピング)してフルーツを加え、テーブルアレンジメントに仕立てました。冬の季節でしたら日本でもフルーツを楽しむことができます。ただしリンゴだけはフェイクもしくはワックス加工をお勧めします!
リースのプロポーションをチェック リースのプロポーションが的確であるかどうかをチェック お店ではどのスタッフが作っても同じサイズにしなければなりません。
リースのチェック 花や葉が抜け落ちてはいけません。縦と横、逆さまにしてゆさぶりチェックをかけられます。
リースの出来栄えチェック おめでとうございます。抜け落ち一切なしで合格です。
もしフラワーアレンジメントの基礎をしっかり身に着けたいとお考えでしたらキャリアーコースがお勧めです。現役フローリストの方もリフレッシュコースとしてご参加もよろしいと思います。校長は私の目から見ても凄腕です!
フルーツを加えたテーブルに置くリース フルーツを加えたテーブルに置くリースフルーツを加えたテーブルに置くリース

-------
FDBヨーロッパクラス 2014年
FDBヨーロッパクラス 2014年