FDBヨーロッパクラス2014 Day 3

Geoffrey Hughes先生 多肉植物の寄せ植え
多肉植物は世界中どこでも人気です。植物自体は今に始まった事ではないのですが、店頭に置かれている商品のディスプレーに工夫があったり、メディアを利用したプロモーションなどが功を奏し、一昨年頃からかなり目にするようになりました。乾燥や暑さ寒さに強く水をあまり必要としないため何よりも手入れが楽で忙しい現代の人々の生活パターンにマッチしているのだと思います。優しい色やユニークな形も大変魅力です。授業では壁に飾る事をテーマにギャザリング。寄せ植えでしたらよくありますが壁かけスタイルはあまり見ないスタイルです。もちろん器もオリジナル。ペイントしたり防水シートを貼ったりいろいろ教えてもらいました。大、中、小とサイズの違う植物を合わせれば立派なテクスチャーデザイン。ギャザリングに使う植物の選択もとても楽しそうでした。担当はGeoffrey先生です。この先生時々突発的に予期せぬ行動に出ます。ランチの後、突然全員車に乗せて流木を拾いにサンドベイまでアウティング。10月31日ハロウィーンいう事で流木でちょっと遊びが入りメンバー全員大爆笑! 戻ってきてから再び作品作りでした。4日間しかないため色々満載のクラスです。
多肉植物のギャザリング 多肉植物のギャザリング 多肉植物のギャザリング 作品を使っての店頭ディスプレー

資材屋で気になっていたバークの器に手を加えて多肉植物の寄せ植えがしてありました。こんな使い方をすればとてもよいアイ・キャッチャーになると思います。
さて皆さん、寒さにも強い多肉植物、一つ寄せ植えを楽しんでみてはいかがでしょう?年末の贈り物にもよろしいかと思います。
多肉植物のギャザリング

FDBヨーロッパクラス 2014年
FDBヨーロッパクラス 2014年