フラワーデザイン コンペティショントレーニング ガーランド

”タイクラス フラワーガーランド"
作る作品は合計5つ
ガーランド
ペデスタル
ウエディングブーケ
ブートニア
サプライズアイテム

大きなガーランドは作った経験がなく最後までどんな資材を使ったらよいのかアイディアが出てこなかったアイテムです。ソーセージのように連なったガーランドのベースは売られていますが、先生が私に課したものは太いロープでした。いやな予感が...ロープをベースにしてガーランドを作りなさいというものでした。クラシカルなメソードですがクリスマスガーランドの大きな物と考えれば同じです。花への給水を考えなければなりません。グラスの試験管では水がこぼれます。滑りやすく固定にも時間がかかります。花も下向きに挿す事は出来ず動きの制限も出てきますし、チューブ自体が落下すれば破損の可能性もあり大きなマイナスとなります。ふた付のプラスチックのチューブを使う事にしました。竹串を付け葉で覆う作業を50本-60本はしました。最初のプランニングが甘かったため市場でカモフラージュ用の葉を買っておりませんでした。早くも反省点です。庭にある植物を使うとのインストラクション。数量が豊富な植物は一つしかありません。タマシダの葉を巻き付け茎はチューブの中へ。極めて折れやすく何度もやり直しをしかなりの時間を費やしてしまいました。
フラワーデザイン コンペティション トレーニング フラワーデザイン コンペティション トレーニング どんな些細な仕事も丁寧にとの教え

ガーランドのベースはドッグウッド。空中で吊り下がっている木の根の束を市場で見つけました。3束購入。乾いてしまうと折れやすい資材ですのでなるべく濡れた状態に保ち、そろりそろりと長い根を切らないように気遣いしながらロープに巻き付けます。チューブをセットしながら根をロープに巻き付ける作業にか時間がかかりました。またしても疲れが出て集中力がなくなり早めに終了です。こんなにスローなペースで終わるのかと不安もありましたが、栄養付けて翌日頑張る事にしました。暑い国では無理は禁物です。
タイパタヤクラス ティータイム花のテーブルを囲んでのティータイム マスタークラス 生徒さんの作品です
タイクラス フラワーガーランド 作業エリアです。次の日に作業を続ける事にしました。