フラワーデザイン コンペティショントレーニング サプライズアイテム

フラワーデザイン タイパタヤクラス
サプライズアイテムとは主催者側が用意するパンドラボックスの事で、何が入っているかは開けてからのお楽しみとなります。弊校のヨーロッパクラスでは何度か出題されたメニューですので、当日のレッスンまでこのアイテムは楽しみでした。持ち時間はたっぷり1時間半。ここまで来れば開き直りもあり存分に楽しもうと思いました。

テーブルのカバーが外され出てきたものは楽器。マラカス、ドラムステックと鈴輪(名称がわかりません)の打楽器です。タイトル「Music & Movement」にある音楽に関連するものでした。他には半円形の器が2つ、いずれも外側のみ黒に塗られていました。そして黒のボード100㎝x70㎝位が一枚。グリーンの美しいメタリックメッシュワイヤー。これらの資材を使い好きにデザインしブースに設置する事が課題です。ボードは何に使おうかな~、どうしようかな~ などとまた頭グルグル。

フラワーデザイン タイパタヤクラス
すべてのスケジュールが終了しディスプレーを含めた評価の時間。先生たちはとてつもなく長い間ブースの前で座っていました。一つ一つじっくりと吟味しコメントを書いていたのです。レッスンでこれだけ時間を割いてよいも悪いもしっかりと評価を下す。本当に有難いです。生徒を育てたいという情熱が伝わります。いままで無理難題を出しとても厳しい事を言うオヤジ先生でしたが、改めて感謝の気持ちが込み上がってきました。私も先生の情熱を受け継げたらと思います。さて、サプライズアイテムの結果は楽器の使い方が良くなく、黒のコンテンナの白い部分が見えていたのもマイナス、全体的にインパクトは薄くあまりよい出来とはいえませんでした。時間をかけてくりぬいた黒の板もアクセサリーの一部として見られ評価の対象外。花と楽器との調和も見れず。作業時間は十分でしたが、ボードを切り抜く際カッター持ち合わせがなく時間のロスを感じた時もありました。評価の対象外の所はたとえ時間に余裕が
あっても手を付けるべきではないでしょう。いまだに思い出す事沢山です。些細な事でも自分にとっては貴重な体験ですのでなるべく書き留めて置くことに致します。
フラワーデザイン タイパタヤクラス 各アレンジメントの配置はこんな感じになりました。床に敷いた黒のマットやペデスタルからブーケにかけたオーガンジーの布などは評価の対象外となります。

今回の滞在はいつもより長く8日間もお世話になっていました。レッスンの合間にタイマッサージに行ったり、人気のレストランに出かけたり、ツアーガイドの資格を持つNilan君が観光地に連れ出してくれたりと毎日忙しい位でした。先生のお宅でのホームステイ、洗濯や後片付けもお手伝いして下さったKeith氏 充実したレッスン、何事にも臨機応変に対応して下さったGeoffrey先生、大変お疲れ様でした。色々とご尽力いただき言葉にできない位の感謝の気持ちです。
タイパタヤクラス コンペティショントレーニング先生との記念撮影
パタヤクラス マスタークラス Level 4完成度の高いコンテンポラリーデザイン マスタークラスの生徒さんは日ごとに上達してゆくのがわかります
パタヤクラス マスタークラス Level 4美しいアレンジメントにどれだけ癒されたか... ありがとうございます。

---2015年度サマースクール-------
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2015
---------