ビクトリーブーケ コンテスト2015 Medalist Bouquet contest 2015

和紙をフレームにしたビクトリーブーケ
2020年の夏のオリンピックまで毎年開催することとなったメダリストたちに贈るブーケのコンテスト。8月1日と2日にお台場のヴィーナスフォートで公開中。一年で一番暑い時期のオリンピック開催、なんと米国のTV放映権がらみでこの時期になったとか。

色和紙のフレームのブーケ
和装の十二単を思わせる色重ねのフレーム。和紙ですので選手が客席へ投げ入れても安全です。もう一つ近くに同じパターンを発見。
トップにあるブーケです。こちらは浮彫のある白の和紙。フレームと花との心地よいバランス、そしてなによりも爽やかさが目に留まりした。

トライアンギュラーシェイプのビクトリーブーケ
丸い形の花の心地よいリズムに斜めから入るニュウサイのラインのコントラストが目をとらえます。ブーケの形もトライアンギュラーにするなどなかなかインパクトがあるブーケです。注目度は高いと思います。

優しい和モダンのビクトリーブーケ
他の人が使っていない植物を選び、やんわりと扇形に組んだブーケです。軽くふんわりした植物にふさわしい使い方だと思います。他に見ない作風。

バークのフレームのブーケ
デザイン性とワークマンシップが極めて高いブーケはこちら。お洒落に仕上がっていますし大変丁寧な作品です。

レイヤースタイルのメダリストブーケ
花をレイヤーに使った楽しいブーケがありました。色のコントラストも上手。それぞれの質感の違う組み合わせも目を楽しませてくれます。

どの作品もデザインに独自性があり個性的で大変素晴らしかったと思います。
------

コンテスト番外編
グロリオサ 'オレンジハート'
ブーケコンテストの展示会場脇にある高知県のグロリオサのプロモーションブースで見つけたシンプルなブーケです。グロリオサの美しさを出すのに効果的なデザインだと思います。グロリオサ 'オレンジハート'

-----
ここからはフラワースクールの宣伝です。
フラワーデザイン ヨーロッパクラス2015
今年2回目のプロのフローリストクラス 4日間ショートコースです。
何かを自分で一から考えて作り上げるのはとても難しいですね。今回のコンテストのデザインもいろいろ創意工夫をしたからこそできる事だと思います。才能がずば抜けてあるデザイナーは別として、多くのフローリストのデザイン力はトレーニングを継続して積み重ねるものだと思います。勉強して仕事のクオリティを高めて下さい。11月5日からスタート