フラワーアレンジメント イギリス花の旅 今年の新しいフローリスト資材

木のスライス フラワー資材 今年のデザインのラッピング
レッスン終了後にブリストルの資材屋まで連れて行ってくれました。学校を出発したのが4時30分頃、資材屋まではなんだかんだ50分はかかりますので渋滞していない事を祈っていました。

いつも購入するものはフローラルテープです。ビニール製でステムからの乾燥を防ぐ優れもので、コサージュやワイヤリングしたブーケには抜群に花もちが違います。お店が6時に終了するため滞在時間わずか30分でしたが、駆け足でいろいろと目にしました。模様の入った新しいラッピング、おそろいのリボン、季節商品の貝殻、シャイニーでとてもよくできているパール仕上げのバタフライクリップなど時間はとても足りません。そして最後に目に留まったのがトップの写真にある木のスライス。今までは木の表面のバークが流行していましたが、今年は同じ木でも違う部分の商品が出ていました。買ってきましたがクリスマスにでも使いましょうか。薄くスライスされている商品でしたので何枚かが持ち帰る際に折れてしまいました。 
夏のフラワー資材 貝殻夏のフラワー資材 貝
夏のフラワー資材 貝殻 夏のフラワー資材 貝殻 こちらは色付きです。
パール仕上げのバタフライクリップパール仕上げのバタフライクリップ いままでのクリップとは質感が違いとても綺麗です。
バタフライクリップの横はガラスでできたブローチのようなものですが、ブローチを沢山使ったブーケがクラフト感覚で流行しています。でも実物を見るとせっかくのブーケが安っぽくなってしまうんです。お花の美しさを生かしてこそ花嫁を引き立たせる事ができるのではないでしょうか。そんな事を考えながらブリストルの資材屋を後にしました。レッスンの合間に先生が資材屋に行く時は声をかけてくれます。もし行きたい場合は迷わず便乗させてもらうとよいと思います。ただし時間はご相談です。やはり前倒しで3時頃に出発すると十分に商品を看れますのでありがたいですね。
------------
フラワーデザイン ヨーロッパクラス2015秋 フラワーデザイン ヨーロッパクラス お席が埋まってきております。