ヨーロッパクラス2016 フレームブーケ D3

フラワーデザイン リンダ・オーエン先生のレッスン
いつも素敵なLynda先生のご登場です。フレームを用いたハンドタイドが今回のレッスンテーマでした。
どれもデザイン性のあるお洒落なフレームばかりが並んでいます。3段重ねた立体フレームにはじまり、和紙を使った優しい雰囲気のフレーム、秋色の葉を使ったのテクスチャーフレームや、サイドに高さがあるトランスペアレンシーなフレーム、麻ひもを編み込んだフレームなど凝ったアイテムばかりで、フレームを見ているだけでもテンションが上がってきます。多くの作品を審査しているご経験から浮かぶデザインはどれも素晴らしいと思うと同時に、こんな先生のレッスンを受けられるのは本当に幸運な事と感じます。

トップアイテムは立体フレームブーケです。ベースにワイヤーを編み込みます。フレームをゆがまないように慎重に組む必要があるため、木片を挟み込み空間が均等になるように作業を進めます。ダイナミックさが売りのブーケですので、大胆な木の枝の使い方、時短のためのガーランドなど様々なフローリストのテクニックをご披露いただきました。今日もまた学び多き一日となり大変勉強になりました。立体フレームは少し時間もかかり難しいのですがこの季節に出回る実物等の花材で美しいブーケとなりますのでまたゆっくりと作成してみたいと思います。
フレームブーケ イギリス フラワーアレンジメント レッスン
フレームブーケ イギリス フラワーアレンジメント レッスン イギリス フラワーアレンジメント レッスン

例年通り数点のデザインを用意して下さってまいしたので、午後は3グループに分けての実習です。説明も生徒の進み具合に合わせ少しずつ教えてくれます。どのスタイルの説明をするにも生徒をテーブルの周りに呼び、具体的に分かりやすく見せてくれますのでとても安心です。今回も3種類のブーケの同時進行でちょっぴりお得な気分です。英国本土でも審査活動が忙しくあまり個人レッスンを持たない先生です。このヨーロッパクラスの時間は私たちにとっては非常に貴重です。

レッスン終了後Lynda先生のご自宅へ全員ご招待されました。息をのむほどモダンなお家。庭もご自分でデザインとの事でした。おいしいワインを頂き次回にまた会う時までの別れを惜しんでのひと時でした。

イギリス フラワーアレンジメント レッスン先生も生徒も皆楽しく過ごしました!