日本の花 IFTF2016 オランダ

Chrysanthemum 'Autumn'
花のトレード量世界一の規模を持つオランダのアムステルダムで開催されるフラワーショー。家族の出張が重なり早めに帰国しなければならず、イギリスからの移動を含めて3日しかオランダでの滞在時間がありませんでした。IFTF開催中はアールスメアの市場でもフェアがあります。一日目はIFTF、2日目はアールスメアへ行く事にしていました。IFTFの会場では羽を付けたお姉さんのお出迎え。いえいえ、あるメーカーのプロモーションのための方ですが、こんな事ですらうきうき感が沸き上がってきます!
オランダフラワーショー
日本のお花からご紹介しましょう。フラワーショーでディスプレイされる花はたいていとても大きくて立派で頑丈そうです。一方、日本の花は繊細な美しさが売り。この魅力はみなさんも実物を見るとわかると思います。丁寧に作られており国民性を感じました。ある意味ほっと息がつける所です。アレンジメントでも静かで少し引き気味にあしらう部分がありますが、丁度そんな感じです。トップにあるマムは何人もの人が足を止め写真を撮っていました。控えめですがとても魅力的な菊です。
Gentiana 'Hatsukansetsu love' 初冠雪ラブ  日本の花 IFTF

日本ブースではデモも開催されていました。日本にご滞在なさった事があるペトラさんがご担当。この事を存じていなかったので久々でとてもうれしい再会でした。幾つもの作品のベースが用意されていました。おのおのスケルトンからメカニックを解説してくれ(これはおそらく予定外、たぶん私たちへのサービスだったと思います)、見事な手さばきで数点のアレンジメントを仕上げてゆきます。一流デザイナーの仕事を目の前で拝見でき非常に有意義でした。

会場には蛍光色のオレンジを身に着けたプロモーターたちがいました。彼女たちはflorintのプロモーターです。会場内を歩き花やリーフレットを手渡しブースへの来場を促す宣伝です。この組織はヨーロッパのフローリストたちによるもので、新しい花の紹介やデザインのアイディアを共有しながら、店頭の商品をより価値あるものにし一般消費につなげる運動をしている団体です。エリアにはデモブース、パネルディスプレー、スポンサーの花瓶のディスプレーや資材の新商品を飾る場所、各国のデザイナーの展示などもどありました。

子供たちを招いての花育もしています。またフローリストたちのコンペもしていました。国の分け隔てはなく、一丸となって低下傾向にある花の消費を世界規模でプロモートしている点は非常によいと思います。日本の繊細な花、こんな所でもきっと活躍できると思います。