ブリティシュ・フラワー・ウィーク 2017

イギリス ブリテッシュ フラワー ウィーク
6月19日から25日までの1週間、イギリスでは英国産の花の大プロモーションが始まります。今年はロンドンのニューコベントガーデンフラワーマーケットのリニューアルオープンもあり、ことさら声を大にした運動が年初より聞こえてきました。国内の花屋と消費者たちにもしっかりと浸透させるべく方法だと感じました。

まず地産地消がなによりで国内産の花を利用を促しています。イギリスはオランダがとても近く多くの花がオランダから輸入されています。実際学校の花もオランダからトラックで直接運ばれてきていました。市場へ行く必要はなくもう何年も前からのオンラインでの取引です。オランダは合理主義。商売も上手で、いかにして花屋が便利に利用できるかをいち早く考えシステムが確立してゆきました。イギリスの農家たちは低迷し当然ながら危機感を抱えていました。状況を打開するために始まったブリテッシュ・フラワー・ウィーク。イギリスの花の組織が一体となって進めている運動で、2013年から始まり年を重ねる事にますます浸透してきたように感じます。

地産地消のメリットは、なんといっても移動の時間がミニマムで花が長持ちする事です。そして香も強いとの事。ハイシーズンとなれば質が向上でもお手頃価格に収まってくる。イギリスの生産者のサポートとなり野生植物や固有種の存続につながる。何よりもお客様たちは自国の花を好みます!花を贈られるとたいていの人は笑顔に。ましてイギリス産との事で、どこ?という会話にもなってゆきます。

プロモーションの方法は多方面です。SNSを利用し、HPでも常に情報のアップ、ロンドンの街角で花を配る時のビデオをユーチューブにアップしたり、著名なデザイナーが花市場での買い物の写真をアップしたり、さらには仲卸たちのホットなニュース、そしてコヴェントガーデンがピックアップした話題をニュースレターで送る。本日は、ウィンドーディスプレー用のプロモーションポップ、フラワーチャート、お客様へ様々なカードや、花のバケツに入れるタグなどビジネスをサポートしこのプロモーションに繋がるあらゆる物のサービスのメッセージ。組織から投げかけるだけではありません。一般人にも参加ができるようなシステムになっています。国産の花を使ってどんな事をしているのか、あるいは考えているのかを連絡させ、そのアイディアをシェアしたり、皆さんからイベントや作品等の写真を募り、コンペまで開催するとの事。組織自体に結束力がありプロモーションが非常に上手です。タイムリーに様々な方面からのスピードあるプロモーション活動、非常にうらやましいと感じます。

この時期イギリスへ行く方、6月28日はロンドンのフラワーマーケットのオープンディ。新しい建物が出来上がるまでのポップアップのショートフィルムを放映するとの事。入場は無料、スナックも用意されているらしいです。ぜひ新しいマーケットの見学をして来て下さい。ビジネスカードはかならずご持参ください。

Wednesday 28 June 2017
04:00 to 10:00
(Some wholesalers open till 13:00)

Flower Market
New Covent Garden Market
London, SW8 5BH

詳しくは http://www.britishflowersweek.com/

----
FDB ヨーロッパクラス2017
FDB ヨーロッパクラス2017
----