Japan Florist of the Year ~日本花職杯~ 2017

ウエディングブーケ 日本花職杯2017
10月14日(土曜日)お台場で開催された日本花職杯の競技会を見に行きました。タイトル通り日本のフローリストの精鋭たちのコンペティションです。

最初の項目はハンドタイドブーケ。開始前には各テーブルにユニークなフレームが並んでいます。近年のフローリストリーではほぼデザインが出尽くしており、いかにして個性豊かなアイデイアで魅せるかが勝利への焦点となります。ストラクチャーを見るだけでも楽しくいくつか目を捉えたフレームがありました。
蓮の実にウールを巻き付けたフレームパーツ 完成されたフレームとしてではなくパーツのみがありました。花をフレームに差し込む作業がないため作る時のスピードが速く時間の余裕が生まれます。
球状のストラクチャーを持つフレーム 球状のストラクチャーを持つフレームブーケボリュームがあり存在感大。球状のユニークなストラクチャーと花がどう調和してゆくのかが興味をそそられました。
木の枝や根などナチュラル感あふれるブーケフレームナチュラルで作り込みすぎない、私の好きなテーストです。

2作品目はブライダルブーケ。花嫁が実際に手で持って歩けるものでなければなりません。今年のヨーロッパでは大きなブーケが流行していますが、サイズとウェイト、資材と花、やはり適正なバランスが重要となってきます。
動きのあるエレガントなフレーム動きがエレガント ウエディングにとても相応しいと思います。
ステックが並ぶ半球型のユニークなフレームデザインのブーケ事務所へ戻り一番写真を多くとった作品であることが判明!半分がハリネズミタイプ、楽しいです!
扇型のフレーム、竹の輪切りでのシェイプ竹を輪切りにしたストラクチャー。欧米でもここ数年のトレンドです。ブーケにこんな風に使用しているのはユニークですね。花の入れ方も美しいです。日本の和が竹以外にも見つかりました。

このコンペは日本で今まで拝見した中では一番ハイレベル。それぞれのフローリストのもち味が存分に出ており、画一的な物は何一つなく楽しめました。結果の発表を待たずに会場を後にしましたが、こちらが私の好きな作品のセレクションです。普段は写真をある程度選択して保管するのですが、今回はそれすら難しかったくらい。とても有意義な一日。選手の皆様お疲れ様でした。すてきな作品ありがとうございます。
花の美しさが際立つブーケ花の美しさが際立つブーケ
選手の背後にまわってみて目を捉えた美しい作品です。2Fのガラス越しで距離があったのにも関わらず、資材ではなく花の美しさがストレートに目に入り、なかなかのインパクトでした。この大会のテーマは「ネクストフラワースタイル」。この作品のようにコンテンポラリーで一つのデザインエレメントでインパクトを出すことが必要だと思います。
季節感あるハンドタイドのスパイラルブーケこれからの季節のウールや枝を使などでまとまっているブーケ。