生花のコサージュ

生花のコサージュ
春は卒業式や入学式、結婚式など和やかなお祝いの集まりが増えてきます。そんな時のドレスやスーツの胸元にフレッシュなお花のコーサジュをつけると、またぐっと華やかな雰囲気となります。

生花のコサージュはどうやって作るのでしょうと聞かれる事が多いのですが、お花の一番美しい部分だけを使いワイヤーで形成してゆきます。初めてコサージュの作り方を学ぶ生徒さんに作り方をお教えすると、大抵は大胆な花首カットに目を丸くしてびっくりした様子でご覧になっています。

好みの花を使ってのコサージュ作りはとても楽しいのですが、やはり向き、不向きの花があります。人間の体につけるものですので体温による影響があります。パーティは短時間という考えですが、気が付いたら水が下がっているなんて言う事はプロの仕事として許されません。作る時も手の温度で花を傷めないよう気を使います。作り手は練習を重ねできるだけ短時間でコサージュを作る事が望ましいのです。

コーサジュに向いている花
比較的暑さに強い花がリストに上がってきます。ドライでも用途がある花なども活躍します。反対に使いたくないお花はチューリップなど温度傾性のある植物です。体につけると開花が進み原型をとどめなくなってしまう時があります。そして切った時に液がでる物、これは作り手にとってのアレルギーを発生しやすく、水あがりが悪い植物もしくはすぐに水が下がるものが多いです。花粉がボロボロと落ちるものもドレスを汚しますので使いません。リーフとの相性もありますので、様々な花で試作し、作りやすく、植物同士の相性がよいものを見つけてください。何事も経験ですのでトライ&エラーです。参考までに私がコサージュによく使う花々です。

バラ
胡蝶蘭
シンピジューム
デンファレ
ヴァンダオーキッド
ステファノティス(マダガスカルジャスミン)
カーネーション
カラー
ガーベラ
トルコキキョウ
グラジオラス
スプレーマム
ヒヤシンス
フリージア
スプレーストック
ムスカリ
エキノプス
ワックスフラワー
リモニウム
ヒペリカム
ユーカリ ポプラスベリー

コーサジュのお花の選び方
ドレスにある色の一つを入れると自然に調和してきますが、あまりこだわらなくてもよいと思います。もしご自分が卒業生など主役格でしたら、少しぐらいオーバーなコサージュでも構いません。動きがでるようなアクセサリーを入れるのも遊び心でよいと思います。一方つける方が主役でなければ、オーバーサイズなもの、色が奇抜すぎて独り歩きしてしまうようなものは避け、少し控えめな花飾りにする事も大事です。フレッシュなお花はあるだけで目を惹きます。それほど頑張りすぎなくても大丈夫です!

一輪のガーベラを使ったコサージュなど簡単な物でしたらご自分でもできます。香る花も多い春です。記念の日にコサージュを付け、少し普段と違う一日を過ごしてみてはいかがでしょう。

コサージュ作りをしてみたい方、レッスンできますのでお問合せ下さい。info@fdb-flower.com

FDB コサージュのレッスン風景