Japan Florist of the Year ~日本花職杯~ 2018 ボディフラワーとヘッドドレス

ボディフラワーをまとったモデルの後ろ姿 ボディフラワーをまとったモデル 一番好きな作品です。
実際に装着可能な物としてのスケジュール(規定)です。ヨーロッパ諸国のコンペでは作品が仕上がるとモデルによるキャットウォークがあり、イベントを華やかに盛り上げる場面となります。昨年はマネキンに飾っただけだったそうですので進歩しています。

ステージの上での競技ではありますが、フロントの選手たちにとっては観客からはかなり近い位置です。カメラも随時テーブルの周りを廻り選手の表情を映し出しています。審査員たちも途中からステージに昇り審査を開始していました。様々な要因がプレッシャーとなってしまうと思いますが、こんな状況下でも経験豊かなフローリストたちは見事に作業を進めてゆきます。

同じ資材が提供されますがデザインは当然ながら全く異なります。フレームを組むプレワークの時間があり、競技開始前に各テーブルには準備されたフレームが並びます。様々な形をしたヘッドドレスのフレーム、何も置いていない所もありここからどんな作品ができるのだろう、どんな花を使うのだろう等と一人ワクワク期待が膨らみます。ちなみにドレスはくじ引きで決めたそうです。

時間と共に美しい作品が出来上がりその経過も楽しく拝見。ドレスやモデルの体格にあったデザインの全容が明らかになってきました。ファイナルに残る方々の作品は甲乙がつけがたいですね。気に入った作品が2点。ステージ向かって右側の手前と奥。右側奥の方が優勝でした。
ステージ右側の方々の作品

<結果>
優勝 深町拓三さん ヘッドドレスの形はインドのターバンにも似ていてとても楽しみでした。ストラクチャーをデザインの一部として隠さずそのまま活かした無駄のない作品です。余裕でブーケまで作ってしまっておりましたが、なくても十分と感じました。
日本花職杯2018優勝作品

2位 長久保修一さん 前後にある大きなボウがアクセントとなり、大輪の花を豪快に使うのが印象的。
日本花職杯2018入賞作品

3位:乘田悟さん ピンク系の優しい色合いのハーモニーでまとめ、ヘッドドレスから続く花の流れが美しいです。
日本花職杯2018入賞作品 日本花職杯2018入賞作品

トップクラスのフローリストたちは作業中のテーブルですら綺麗です。ちょうどシェフが料理と片付けが同時に終わるように。レッスンをしている時の自分を思い浮かべ、私自身もそうありたいと思います。
トップフローリストたちのいつもきれいなデスクトップ

コンペは技術や芸術性を競うものですが、花が生きていなければ何もなりません。花の美しさを最大限に引き出してあげるのはフラワーデザイナーの厳守しなければいけないお約束事だと思います。