進化する菊!マムいろいろ 2019

菊 マムいろいろ2019
何回か菊の花についてはトピックスにしていますが、よい記事を見つけましたのでご紹介します。

<オリジン&日本への渡来>
菊の花は紀元前15世紀ごろの中国が起源。薬草として高尚なごく一握りの人達の間でしか育てる事ができなかった時代にさかのぼります。高級な陶器にも描かれとても優雅で洗練されたものでありました。日本への渡来は7世紀後期~8世紀の奈良・平安時代。江戸時代には国民にも広く親しまれるようになりました。

<現在の種類>
3タイプのカテゴリー ①一枝に一つの花 一輪菊 disbudded ②一枝から枝分かれして沢山の花をつけるスプレータイプ spray ③背丈55cm以下、花径4cm以下のサンティーニ Santini
花の形は一重の花びら、2重以上の花びら、アネモネ咲き、スパイダー咲、ポンポン咲きなど。400種類が出回っています。

<よい花の選び方>
・茎が健康的であるかどうか。丈に見合った重さ、花の咲き具合、花が重過ぎる場合は茎が折れる可能性もあり。
・葉にカビなどの病気がないもの。特に茶色や白いスポットがあるものは注意。
・葉に極端な萎れがないもの。出荷で生産者の処理が足りない場合、輸送中に水切れが発生。
・パッケージによる蒸れ、雨による水濡れがないもの。花の部分に水がかかると短命に終わります。
・海外での流通の時ですが木化した茎がある場合は出荷からバケツでの扱いとなり、葉からの蒸発を防ぎ早く水があがるように濡れ新聞などで包んでいる時が多いです。花に水がかかっていなければ大丈夫です。

<飾り方のヒント>
折角花の種類が豊富になり、ずいぶんと素敵な菊が増えたのですからアレンジメントもグレードアップしてみましょう。2019年のトレンドです。3つのキーワードを含みます。
1. 一輪菊は高さを出しそれぞれの花の美しさをアピール 空間が大事です!その一輪菊の下部にはサンティーニやスプレーなどで多種類を楽しめるような配置で。こちらは空間をあけずに詰め込んでアレンジ。上と下で重さや空間の対比が生まれます。
2. 色に幅を持たせ、目に映る色の変化の効果を増やす。
3. 器はシンプルで素材は何でも。表面が滑らかな白い花瓶、光沢のあるものなどもよいです。

<購入後の切り花の手入れ>
菊 マムでご紹介した切り花の手入れ法ご参照下さい。

Ref: flowercouncil.co.uk トップの写真もこちらのサイトから頂きました
次世代の花 part4 菊 マム  春の展示会で見つけた菊をご紹介しています