関東東海花の展覧会2020 第69回 オーキットのコーナー

オーキットのコーナーからのピックアップです。実は先月、日本における洋蘭の発展についてのリーサチをしながら勉強していた所です。いつ頃どのように西洋蘭が日本に渡来し、誰によってどのように発展していったかなど、関係者の方のご協力を得ていろいろ知る機会があり、今は熱冷めやらずというタイミングです。100年以上も前から愛され続けている花。交配が進み今でもとどまる事なく進化が進んでいる蘭の世界。会場でもエレガントな姿を楽しんできました。

展示は十分なスペースがとられ一つ一つの花の形がよく見えるように並べられていました。
関東東海花の展覧会2020 オーキットのコーナー

一番背の高いのはエピデンドラム 'アートピンク'。う~ん我が家のはわずか20cm。どうやったらこんなに美しい花が咲くのでしょう!
エピデンドラム 'アートピンク'

オンシジューム 'イオノプシス' ピンクとありましたが、ブルーがとても強く出ています。こんなオンシジュームを見たのは初めてです。奥にあったパンプキン色のオンシも美しかったですが、見とれて写真を撮り忘れたようです。
オンシジューム 'イオノプシス' ピンク

カトレヤ 'チアリン・ニューシティ' 赤 こんなに深い色も初めてです。
カトレヤ 'チアリン・ニューシティ' 赤

奥のほうの表示まではみれませんでしたが、ゴージャスなカトレヤの寄せ植え。XX万?
カトレヤの大鉢

パフィオペディラムもチャーミング、ライムグリーンはアレンジメントなどに入れると全体が明るくなります。数本集まるとやはり色のインパクトは大きいですね。とても爽やかに感じます。上のペタルの部分が白が太く特徴ありますね。何という名前でしょうか。
パフィオペディラム

ファレノプシス '天使の羽衣' 白地にピンク もうどうなってるの?状態!昨年のベストフラワー/モーストジョイモニター特別賞受賞作品です。
ファレノプシス '天使の羽衣'

ファレノプシス 'ビックリップピンク' ファレノはモスオーキットとも呼ばれます。モスMothは'蛾' パターンが蛾の羽の脈のようです。ファレノプシス 'ビックリップピンク'

ファレノプシス '桜姫' リップが濃い赤。こちらもXX万円?クラス
ファレノプシス '桜姫'

オーキットのコーナーを回っていると香がするものがありました。どれかはわからなかったのですが、横にいらっしゃったマダムとどれでしょうねと2人で鼻をピクピク。結局発見できなかったのですがちょっと笑える光景でした。蘭の世界には香を競うものもあるそうです。来週から始まる東京ドームでのラン展、こちらも楽しみにしています。