北京オリンピック メダリストブーケ

Beijing Olympic Medalist bouquet bouquet at transportation
Photos from xinhuanet.com

北京オリンピックがが始まり、毎日TVへ向かう時間が多くなりました。気になるメダリストブーケ。
中国産の立派なバラ、TVで毎日本数を数えています。(笑) どうしても気になったので何が使われているのかを調べてみました。

赤いバラ Rosa red 9
ハイペリカム Hypericum 6
花トラノオ Physostegia virginiana benth 6
リリオペ Ophiopogon japonicus
レザーファン Rumohra adiantiformis Ching
ホスタ(ギボシ)Hosta

合計6種類の植物で構成されています。
赤い色は中国の人たちにとってはとても幸先の良い色として好まれ、赤いバラは北京オリンピック歓待の意を伝えるもっともふさわしい花として選ばれたそうです。この赤バラの種類は中国で一番最初に栽培された種類だそうです。また、9という数は数字の上では一番大きく名誉ある番号で、6という数字は滑らかに事が運ぶという意味があるそうで、バラ以外の花はすべて6枝づつ使われいるそうです。やっぱりこのブーケには意味がありました!

このように花にはメッセージが託されているケースがたくさんあります。すこしづつ探ってゆくと面白い出会いがあるかもしれませんよ。数字の意味、今回は勉強になりました。ポンパドールのスタイルで(中心が高い円錐形)バランスがよく、近年のオリンピックの中では一番よくまとまっているブーケだと思います。