Horti Fair 2008 消費者リードで生まれた天敵駆除療法

Horti Fair 2008, safty and quality Horti Fair 2008, safty and quality
クオリティ・ゾーンという展示エリアがありました。トマト・ナス・キュウリ・パブリカなどどれも見るからにおいしそうな野菜が中心に置いてあります。一目瞭然でトップクオリティの物だとわかりました。そのあたりで蜂の箱をおいてあるブースがあり覗いてみると、蜂を使っての受粉促進やバイオによる農作物の病気プロテクションのメーカーでした。

Horti Fair 2008, biological crop protection
ヨーロッパではまず第一に食の安全性を消費者に示さなければならないそうです。残留化学物質ゼロ、殺虫剤無という事が日常取り扱う
商品として当たり前になっているという事です。消費者が求めているのは自然に育てられ、汚染されていないクリーンな野菜や果物です。
扱うスーパーはそのニーズに応え、卸業者へ高品質、低価格を要求。卸業者たちはそのニーズを生産者へ課してゆく。生産者は何とかして生き残る道を探す。昨年バラの生産ファームへいった時にクモのバックをご紹介いたしましたが、ヨーロッパのファームでは害虫を様々な天敵で駆除しているようです。またウィルス性の病気などもバイオテクノロジーにより大地に負担をかけず、しかもエコロジーな方法が考えられているようです。詳細は分かりませんが未来を考えた素晴らしい動きですね。

余談ですが、我が家の近所の方たちは、夏にカマキリを見つけると私にくれるのです。毎年バジルや紫蘇の葉に多量のバッタが発生して
しまい、ある時カマキリが有効ということを聞きました。今年の夏は、カマキリさんたちのご活躍により結構庭の野菜が元気に育ちました。
安全に食せる、有難い事です。