日本

菊 マム

菊 
キク科キク属 Asteraceae
中国原産 
Chrysanthemum x morifolium /or Dendranthema x grandiflorum
*Chrysanthemumは栽培菊

日本への観賞用の菊の渡来は7世紀後期~8世紀の奈良・平安時代ごろで「古今和歌集」に登場。育種は江戸時代に盛んになり、大輪の菊の「菊合わせ」という品評会が行われていました。その菊の発展は原産地中国にも大きな影響を与えたとの事。日本の菊は和菊とされ、サイズで大菊・中菊・小菊の分類となっています。日本からイギリスや米国へも渡り、各国での品種改良が進み、スプレーマムやポットマム(鉢)などを総称し洋菊と呼ばれ流通しています。

<サイズ別> 主に展覧会などで見られる和菊中心のご紹介
大菊 花の直径18㎝以上 6系統あり、豪華で見ごたえがあり
「厚物」 ボリューミーな花弁が中心に向かって揃い、ぽってりと丸い形
「厚走り」は下部の花弁が少し開き気味に垂れ下がるタイプ
菊「厚物」 菊「厚物」 菊「厚走り」 左と中央は厚物」 右が「厚走り」
「大掴」つかんでねじったような趣。ネーミングもわかりやすいですね
324
「管物」 管状花弁が放射に伸びて咲く。花弁の太さにより「太管」フトクダ「間管」アイクダ「細管」ホソクダ「針管」ハリクダと呼び名も変わります。細い花弁が放射状に下がりながら咲く花容はデリケートです
246 257 311
「広物」 幅広の平弁の一重咲き 一文字とも呼ばれます 
「美濃菊」幅広平弁の八重菊 岐阜県大垣地方で栽培され、色鮮やかさが特徴 ほろりとほどけた咲き方もエレガント

中菊 花径9㎝以上 大菊よりも小ぶりの手頃なサイズ。仏花の花束に入れられる輪菊のサイズです

次世代の花 part4 菊 マム

日本を代表する花の一つである菊、すでにバリエーションは豊かですがまだまだ新しい物が出てきそうです。最近は海外からの輸入も多く一年中入手可能ですが、やはり秋という季節感がとても好きです。

スプレーマム 'モナリザ ピンク'スプレーマム 'モナリザ ピンク'

スプレーマム 'オーロラ'スプレーマム 'オーロラ'

スプレーマム 'ゼナサニー'スプレーマム 'ゼナサニー'

スプレーマム 'バルディカライム'スプレーマム 'バルディカライム'

一輪菊 ポンポン咲き グリーン一輪菊 ポンポン咲き グリーン

スプレーマム ポンポン咲き グリーンスプレーマム ポンポン咲き グリーン

一輪菊 大輪 ポンポン咲き グリーン一輪菊 大輪 ポンポン咲き グリーン

次世代の花 part3 バレンタインデー 国産赤いバラのトレンド

国産 赤いバラ ’ブリランテ’
バレンタインデーがあと一週間と迫るこの頃、英国の花屋では忙しさのピーク。赤いバラは'レッドナオミ'が一番人気。日本の赤のバラは今何が人気なのでしょうか。親しい人や日ごろお世話になっている人、気になる人だけでなくご家族でもいいんです。ぜひフラワーバレンタインして下さい!街中で花束を持った男性、素敵だと思います!

バラ 'サムライ08'
バラ 'サムライ08'
ゆっくりと開花してくれ、花もちもよく頼もしい品種です。

バラ 'アマダ+'
バラ 'アマダ+'
サムライより花びらが多いタイプ。

バラ 'セクシーローズ'バラ 'セクシーローズ'
明るめの赤。鮮やかです。

バラ 'レッドスター'バラ 'レッドスター'
こちらも明るめです。

バラ 'アミリー'バラ 'アミリー'
花びらのそりがぽってりとしていて優しいイメージ

次世代の花 part2 この頃のシクラメン

関東東海 花の展覧会特別展 シクラメン
シクラメンの花は年末にかけ出荷のピークとなり、トローリーに高く積まれ結構な取引量だと思います。いつもどのシクラメンにしようか体が冷えるまで花の前で悩んでしまいます。そんな事もあり今回は暖かい展示会場でシクラメンをじっくりと観察してきました。青紫、柔らかいピンク、白、フリンジのあるもの、複色のものなど、多様化が進みどれも素晴らしい鉢ばかりでした。

シクラメン 'ドリームピンク'<br />
金賞 シクラメン 'ドリームピンク'
イギリスでよく目にしたフュージャのようなピンク色にライトピンクの細かいフリンジ。ご覧の通りラブリーです。

シクラメン
花の美しさに私のテンションが高くなりもう写真を撮るのに夢中。そして名前の記録を忘れてしまいました。青みが強い色でペタルには絞り模様があり、フリンジの部分と中心部が濃く出ているシクラメンです。花の青みは葉にもその特徴が見られます。

シクラメン 'かがり火ソフトピンク'
シクラメン 'かがり火ソフトピンク'こちらもブルーベースでクールな薄ピンク色。花びらのギザギザを見た瞬間、羽子板の羽かと思いました。モミジの葉にも見え、ソフィスティケートな色と容姿から軽さを感じるシクラメンでした。よい鉢は暖かくなっても花が上がってきます。春の優しい陽に照らされれば心も安らぎ浄化されそうです。

シクラメン 'ビクトリア'
シクラメン 'ビクトリア'

次世代の花

次世代の花 関東東海花の展覧会より
花の世界でもハイブリッドのスピードは目覚ましい物があり、種類もバラエティ豊かで、日本語でない花の名前を覚えるのも苦労するこの頃。関東東海・花の展覧会 国産の花の特別展へ出かけこれからの花を探求してきました。

鉢花から切り花への移行、多様なシクラメン、テーマを持たせたディスプィに植物の根ごと使い束ねるブーケ、枝物と季節の花での和の演出、色のグラデーションをうまく取り入れた各地の花のディスプレーなどビジュアルなプレゼンテーションも目を楽しませてくれました。
関東東海花の展覧会 フラワーウォールフラワーウォール
関東東海花の展覧会 枝物を使った和室のディスプレイ枝物を使った和室のディスプレイ
関東東海花の展覧会 カラーグラデーションの美しいディスプレイカラーグラデーションの美しいディスプレイ

受賞作品のコーナーより フラワーデザイナーの観点で自分で使ってみたい思うセレクションです。

マーガレット 'シェリエメール'
真ん中がぷっくりと盛り上る丁子咲きのマーガレット、その中心部の筒形のフロレット(筒状花)でさえ先端が特徴的で色もスウィート!ポットフラワーです。名前はフランス語で最愛の母という意味の 'シェリエメール' だそうです。

マーガレット 木春菊 モクシュンギク Argyranthemum frutescens ''
キク科アルギランセマム属

ジャパンカップ2013

4月14日(日曜日)、東京ビッグサイトで開催されていたフラワードリーム内の会場でフローリストのジャパンカップがありました。前日持ち込み作品で20人選抜され、さらに舞台でブーケとアレンジメントのコンペを勝ち抜いた10名によるステージです。細かい作業の繰り返し、費やした時間を考えると参加された皆さんが入賞に値すると思います。選手の皆様お疲れ様でした。

持ち込み作品(本日は順位に関係なく私が好みの作品をピックアップしています)
ジャパンカップ2013予選 持ち込み作品 ジャパンカップ2013予選 持ち込み作品

ブーケとアレンジメント
ジャパンカップ2013予選 アレンジメント ジャパンカップ2013予選 ブーケ

ファイナル テーマ "春のときめき"
ジャパンカップ2013 ファイナル開始前

結果
1位 丹羽英之さん 花門フラワーゲート銀座店
2位 伊藤篤さん  長野県飯田市 アプリ
3位 長田太地さん 世田谷区 ユー花園

ジャパンカップ2013 ファイナル 丹羽さん作品 1位入賞 丹羽さん作品

雛人形 ひな祭りー上巳(じょうし)の節句/桃の節句

雛人形について
ひな祭りは中国旧暦3月最初の巳の日に川での厄祓いに由来しています。本日は2013年の3月最初の巳の日。
私へ降りかかる災難はこの人形が背負ってくれるとの事で小さな物を頂きました。形を見た瞬間眠っていた記憶が鮮明に蘇りました。写真のように丸くはなっていませんでしたが明らかにこの形です。多分祖母が着物で作っていたんだと思います。数日前雑誌を開いた所又同じものを発見しました。這子(ほうこ)と呼ばれ、文字通りはいはいする子供の姿をかたどった物です。雛段に飾られ子供の玩具として親しまれ、幼児の病や厄災の身代わりとしたものだそうです。今回は桃の節句にちなみ雛人形の移り変わりを時代を追ってみましょう。

平安時代 11世紀
人形(ひとかた)形代(かたしろ)、又人の体をなでてその人の穢れを移すものですので撫でもの
産着を着せられ這子と同じように川に流される目的の天児(あまがつ)ひいな偶人(ぐうじん)土偶人木偶人がい人傀儡(かいらい)などこれらすべては人形を指す言葉です。「源氏物語」や「枕草紙」にあり、人形(にんぎょう)としては平安時代末期の辞書「色葉事類抄(いろはじるいしょう)」に記載されていました。この時代は邪気払いという信仰的な意味合いを含む人形です。一方の実生活においては女の子の間で雛(ひひな)遊び、今で言うままごと遊びは年間を通してみられました。遊びにはどちらかというと邪気払いに使う人形ではなく小さく作られた調度品などだったようです。

室町時代
御人きやうという呼び名で女官たちの日記「お湯殿の上の日記」に見られ、陰陽師が係わり人形は呪術的要素が強いものでした。公家社会では上巳の節句は非公式な行事でありましたが、16世紀末期江戸幕府時代に5節句を公式儀礼として定められたため雛遊びは上巳の節句の遊びと定義付けられ季節的な行事として変わってきました。

17世紀 江戸時代

ワックスでプリザーブ加工

ワックスでプリザーブ加工 フラワーデザインのテクニック ワックスでプリザーブ加工 フラワーデザインのテクニック
先日のフラワーデザイン展で目に留まったのは小さなムスカリ。ムスカリは意外にも傷みやすくこのような作品展には不向きと思っておりました。拝見している作品のその場所には、確かにこの愛らしいグレープヒヤシンスでなくてはなりません。作者の方はワックスを使って上手にプリザーブ加工。コーティングされた色とテクスチャーの効果もありとても素敵な仕上がりに。作者様は勉強をしっかりなさり博学多識できっとご経験も豊富な方であろうと想像いたします。積み重ねてきたモノを適所に使えるようになるとますますお仕事も楽しくなります。作者の方へ拍手です。

イギリスのフラワースクールでもワックス加工のレッスンがありました。リンゴやナシ、もちろん葉や花もワックス加工できました。作品の一例です。

世界蘭展 日本大賞2013

フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013
東京ドームで開催中の世界らん展へ出かけてきました。フラワーデザインの展が目的です。オーキットを使ったデリケートな作品の数々はどれも本当に力作。時間をかけて作られた作品は大変美しく目を楽しませてくれます。

フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013 フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013 フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013 フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013

オーキット 蘭について

Orchid arrangement
オーキットは切り花の中ではもっとも長く咲いてくれる植物で、私もギフト用のフラワーアレンジメントによく使っています。蘭は花をつける植物25万種類の1割も占める巨大ファミリーです。出身地はその科によって大きく3つに分かれます。たとえばファレノやパフィオ、シンビジュームなどは東南アジア、カトレアやオンシジュウム、エピデンドラムなどは南米、そしてアングレカム、エランギス、バルボフィラムなどは東アフリカから南アフリカまでの分布です。アフリカの蘭はちょっとマニア向けですのであまり切り花としての流通はないですね。

2月18日(土曜日)から蘭展が始まるためサイトをサーフィンしておりましたら。判り易くとてもよい解説を見つけました。お時間ございましたらご一読を!
らんを知る

世界らん展
東京ドーム
2012年2月18日-26日

コンテンツの配信