フラワーアレンジメント

"Saying it with flowers - 花に託して" 近年


1930年から40年にかけてイギリスのConstance Spry女史 により、フラワーアレンジメントは書籍やデモンストレーションなどを通じ広く一般社会に普及しました。自然に目を向け、大木や枝・様々な種類の葉やフルーツなどもフラワーアレンジメントに取り入れました。型にきっちりはまった重々しい古典のアレンジメントとは異なり自由な感覚で花を楽しめるようになりました。その事が一般に受け入れられ、家庭で気軽にフラワーアレンジメントを楽しむ習慣となりました。第2次世界大戦後、一時中断していた花の生産が再びイギリスでも始まり, コベントガーデンフラワーマーケットに集められた花はイギリス全土に出荷されました。現在ではイギリスでの花の生産者はほんの一握りとなり、生産拠点は温暖でより花作りに適した土地へと移されています。ケニア、コロンビア、エクアドルなどからオランダの巨大フラワーマーケットへ集まり、世界各国間での取引が盛んとなりました。

人々は何かにつけて花を贈ります。一般的に花を贈る行為は人の感情の反映であり花にその気持ちを託す時が多いようです。愛を伝えたいのでしたら何よりも花がよいでしょう。悲しみの気持ちを送る時も言葉は入りません。記念日や誕生日にも花は最適の贈りものではありませんか!

今のフラワーデザインは家のインテリアやファッション等、その時代の流行に深く関わっています。エキゾチックな一本の花で表現するミニマリズム、絵とその絵の植物と同じ花材を使ってのデザイン、カントリースタイルのブーケにしろチョイスは千差万別! 水仙のシンプルな花束であろうと大きくて抱えきれないほどの量の花であろうと、花でメッセージを伝えるのが何よりであると思います。近年ではほぼ一年中どんな花でも取り寄せる事ができますが、やはりシェイクスピアが「恋の骨折り損」で言うように、その季節ごとに咲く花が一番美しいと感じます。

恋の骨折り損より
At Christmas I no more desire a rose
Than wish a snow in May's new-fangled mirth
But like of each thing that in season grows.

マレーシアで初クラス

マレーシアで初のクラスを試みます。3日間でフローリストの基本テクニックをご紹介。このコースはこれからフラワーデザインを始めたい方やジュニアフローリストにお薦めしたいと思います。また基本が少し甘いとお感じの方もリフレッシュにお出かけになってみてはいかがでしょう。3月下旬なんて日本では超忙しい時期ですが、もしもスケジュールが空いているようでしたらぜひご参加ください。エアポートからタクシーで10分の距離です。

3月27-29日 3日間
初心者対象 ベーシッククラス
費用 430ポンド(約59,000円)
 フラワーデザイン・オブ・ブリテン マレーシアクラス

お問い合わせ info @ fdb-flower.com

テーブルセッティングとフラワーデザイン

フォーマルな席のテーブルデコレーション。
その前にテーブルセッティングのセッションまでありました。結婚式一週間前の両家のディナーテーブルを想定して、花嫁、花婿の座る位置、それぞれの両親が座る位置などきちんと教えられました。生粋のブリテッシュの先生にとってはテーブルセッティングなどお手の物。エレガントにスペースを取り非常に綺麗でした。フラワーデザインと同様イギリスの習慣についても学ぶ機会があり、大変ラッキーに思います。
英国フラワースクール マスタークラスのフォーマルテーブルセッティングとフラワーデザイン

部屋とのバランス、テーブルの置く位置まで採点、2回目のデコレーションでやっと合格です。資材やノートなどセッティングされたテーブルに置かないようにと気遣いまで指導。思い出しただけでもディープな日々。私は車のデコレーション時に日焼けしてしまい、暑さでいささかノックアウト気味。プールで夕方クールダウンしました。寒い日本に戻り、レッスンの日がほんの数日前だったなんて嘘みたいです!

車を飾る

カーデコレーション 車に花飾りを付ける
ヨーロッパでは必ず車も飾ります。オランダのフラワーショーでも重厚な装飾を見かけますが、FDBのクラスはもう少し実用的なアプローチです。気温が高い地域にふさわしい花、取り付け方、デザインなど4人のチームで車一台の装飾をします。ここで大切な事はコミュニケーション。生徒全員英語がネーティブでないのでそれぞれ一生懸命でした。

ディープな一日。疲れましたがとても充実しています。

写真から

ウエディングブーケ ウエディングブーケ ウエディングブーケ
レッスンのため、ウェディングドレスの写真を持参するようにとの事でした。お気に入りの写真はそれぞれ違う生徒に渡り、そのドレスの為にブーケを作成するとの事です。お客様の選んだドレスにどんなブーケが似合うか、クリアーなアイディアと顧客を納得させるだけの説明ができなければフラワーデザイナーとしての仕事は半人前。せっかくのドレス、時としてアンバランスなブーケはすべてを台無しにしてしまいます。そんな事が起きないようこのクラスのすべての作品は厳しくチェックされます。生徒自身も他国の生徒のアイディア、意見を交換することにより、様々な事を学んでいます。参加者全員アイディアもユニークです!

組み合わせ

アボリジニのウエディングブーケ フラワーデザイン・オブ・ブリテン マスタークラス
現在進行中のマスタークラスレベル3でのクラスでは、思ってもみないものが飛び出しています。
たとえばアボリジニ(オーストラリアの先住民の人たち)のウェディング。

並べられたマテリアルは師匠の作ったブーケホルダー。様々な色の入った布、デザイナーズカラーワイヤー、羽、ドライの豆。ホルダーはちょっとびっくりです。何に使うのかなと何気に気になっていましたがまさかそんな使い方をするとは思ってもみなかったです。(笑)

どこにもないものを作る。これはフラワーデザイナーの基本という事を再認識させられながらサンプル作りを致しました。生徒さんたちは何を選びどのように使うのでしょうか。楽しみです。

2012年の始まりはタイパタヤクラスから

フラワーデザイン・オブ・ブリテン マスタークラス Level 3
2012年1月、お正月すぐ後ですがタイでマスタークラスLevel3が始まっています。*マスタークラスについては前回のブログをご参照ください。昨年は北部からバンコックでは洪水の被害もあり一時心配でしたが幸いパタヤは南に位置するため特に問題はなかったとの事です。到着の日からはとてもよいお天気。家を出るときにはマイナス温度でしたので、授業の前は心も環境もリラックスしています。

Level3のクラスはウエディング。生徒たちにはロイヤルウエディングのプロジェクト2つが課題でした。レポートは完成度も高く、素晴らしい内容。みなさんほぼパーフェクトに近いスコアでクリアです。おめでとうございます!

フラワーデザイン・オブ・ブリテン タイ パタヤクラス 海外フラワーアレンジメント レッスン エアポートからの移動中の写真です。気持ちが高まりますね!
パタヤクラス フラワーデザイン マスターフローリストの資格 海外レッスン 雨が多かったため植物もいささか大きくなっているような気がします。
フラワーデザイン マスターフローリストの資格 海外レッスン 教室のレイアウトが変わっています。今回はテクニカルの実習が多く生徒さんのテーブルをグルーピングしまとめまています。手前側はレスティングエリア。アフタヌーンティーをご一緒したいのですが...たまにはみなさん出てきてください!

絵画と花

Art and flower Art and flower Art and flower
今に始まったものではないのですが絵画と花の作品を一同に並べたコーナーがありました。なかなかユニークで結構人気の高かったエリアです。絵画と花、トリックが判れば誰でも簡単に楽しむことができます。お店に飾るのも話題性があり楽しと思います。絵画と花のアレンジメントはFDBのカラーコンセプト フラワー&アートのクラスで学べます。ショートクラスですのでリクエストをいただければ日程の調整が可能です。

バラ ちょっと変わったローズ

coloured roses at IFTF2011coloured roses at IFTF2011
オランダのIFTF会場で見かけたバラがもう数種類。変わりローズです。1つはレインボーローズと呼ばれる染められたバラです。会場にディスプレーされていた強烈な色のコンビネーション。

Exciting Troubadour Ivanhoe
2つ目は中央の部分に特徴があります。こんな感じのバラは日本の市場でも今年見た事があります。微妙に色と咲き方が違います。

Roses at the New Covent Garden flower market, London
こちらはロンドンニューコベントガーデンでのショットです。うーん、真ん中のビロビロがはたして上のような花になるのでしょうか?はたまたただ単に花弁の一部が盛り上がっているだけなのでしょうか。多分上記のバラとは種類が異なるとは思いますが、ず~と気になっています。

花の流行もなかなか面白いです。次々と新しいものが開発され世界へデビュー。ますます名前が覚えられないこの頃です....

バラ イングリッシュローズ

David Austin English Rose New collection
最近東京の市場でもイングリッシュローズをよく見かけます。イギリスのクラスでも、そしてオランダのフラワーショーでもいくつかの美しいイングリッシュローズが目に留まりました。デリケートな花弁で構成されるカップ咲きまたはロゼッタ咲きの趣、色も豊富で香りもあり、何とも幸せな気分にしてくれます。イギリスでもブーム再来との事でした。

David Austin English cut rose 'Rosalind'
David Austin English cut rose 'Rosalind'
English Rose 'Voyage'
English Rose -new variety

花合わせのポイント
ブーケにする時は形の異なる小さな小花を添えたり、フワフワとした柔らかめのグリーンをあしらうと本来のイングリッシュローズの持ち味が引き出せます。

水揚と保管について
バラは暗く涼しい所でゆっくりと水揚しながらの保管が理想です。花のバケツには必ずフラワーフードを入れて下さい。限られた時間内に開かせたい場合は、明るく暖かな所へ移動して下さい。人間が快適に過ごせる部屋はバラにとっても同じです。

コンテンツの配信