フラワーアレンジメント

オランダ花市場 フローラホーランドは100年記念

フラワーオークション会社のフローラホーランドでは今年の秋生誕100周年を迎え様々なイベントが催されるそうです。
その生い立ちは、ちょうど100年前オランダ花の生産者たちによる小さなカフェのビリヤード台の上での取引が始まりでした。今では一日8000もの生産者が花を持ち込む世界最大のフラワーオークション会社となり、毎日2500の卸業社がオークションのセリで取引をしているそうです。

従業員は4000人。年間1200億本の花が流通し410億ユーロの総取引高でオランダ経済を支える事業柱となっています。もともと地元の生産者たちが立ち上げた企業のため今でも生産者の企業から9社での経営陣を構成し組織を運営しているとの事です。自分たちのための会社として協力体制を整えているわけですからフローラホーランドがこれほどまで大きく飛躍してきた理由はここにあると思います。セリ場で見るクロックの後ろには沢山のブレーンとテクノロジーが詰まっており、それらがますます今後の発展に貢献してゆく事は言うまでもないですね。フローラホーランドの売上の85%は海外への輸出です。ほとんどがヨーロッパですが特に最近では東ヨーロッパへの需要が高まってきています。

FDBではロンドン研修の後、授業参加の方たちとともにオランダを訪れる予定です。今年からHorti Fairは11月1日から4日まで、IFTF(International Floriculture Trade Fair)は11月2日から4日までと同時開催となります。フローラホーランドへも出かける予定でおります。
ロンドンコース 若干のお席ございますのでお申し込み下さい。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
ロンドン花留学 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011

開催日時 2011年10月27日 - 30日(4日間)
場所 ロンドン ハマースミス
費用 680ポンド
** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

イギリス春のフラワーショー

Marlvern Spring Garden show Marlvern Spring Garden show Marlvern Spring Garden show Marlvern Spring Garden show
イギリスでは毎年恒例春のフラワーショーの季節となりました。先週はちょうどキャリアーコースの折り返し点となったため生徒たちとMarlvern Spring Garden showへ出かけました。多分10万人位の入場者がいるとの事で、毎年ですが会場はかなりな混雑。

フラワーデザイン・オブ・ブリテン タイクラスでのお話

フラワーデザイン・オブ・ブリテン タイ パタヤクラス
1月の中旬を過ぎると序所に気温が上がり、2月ともなると日中は30度近くありとても暑いです。エアコンの風が嫌いな私と先生、交代でプールに飛び込みクールダウン。プライベートプールですので生徒の皆さんも遠慮なく水に飛び込んで下さい。ちなみに消毒には塩を使用。ケミカルを使わないため体に大変優しいお水です。

アジアンリゾートでのリラックス方法ーパタヤ市

アジアンリゾートでのリラックス法 タイパタヤ市
フラワーアレンジメントのレッスンが一番の目的ですが、その他にもタイのクラスではお楽しみが沢山あります。一部ですが日高流のリラックス方法をご紹介します。

スパとマッサージ
ホテルのプールサイド ホテルのプールサイド

タイ パタヤ市にある英国フラワースクール

アジアンリゾート タイ パタヤビーチ プライベート ガーデンプール 
今日からお花の学校があるパタヤ市の事をご紹介してゆこうと思います。なんでこんな所にイギリスのフラワースクールがあるかと申しますと、先生の一人がパタヤ市に別荘を持っています。冬の間だけこちらへ来ていますのでスクールを開催した次第です。

タイ パタヤ市のフラワースクール

タイでフラワーアレンジメント

タイでフラワーアレンジメント
治安が戻ってきたタイにてようやくクラスが再開されました。先生も生徒のみなさんも南国の太陽の下、なんとなく楽しい雰囲気で授業が始まりました。

タイでフラワーアレンジンメントを学ぶ フラワーデザイン・オブ・ブリテン パタヤ市のフラワースタジオ フラワーデザイン・オブ・ブリテン パタヤ市のフラワースタジオ

オーバルのアレンジメント

基本のアレンジメントの一つにオーバルという形があります。アウトラインは丸く、雰囲気もやさしく出来上がる形なのですが、ブリテッシュのトライアンギュラスタイルに慣れている方にはこれが以外と手ごわいのです。本日はグリーンの入れ方など現在手元にある花で簡単にご紹介したいと思います。

1. グリーンを入れる。適当でよいのですが、この段階で小さなオーバルを作るつもりで。Tip詰め込み過ぎない!
グリーンを入れる 横から 後ろから

2.花を入れる。アウトライン→真ん中のフォーカル→何もない空間に
花を入れる

3.空間を埋める。サブフラワーをメインのお花の間に入れます。詰め込まないように。花材はもう数種類増やしてもかまいません。Tip花同士は絶対にくっつけてはいけません!
空間をサブの花で埋める

4.最後に裏のオアシスを余った葉で隠して終了です。

花材===
ヒバ
ガーベラ 9本
チューリップ 3本
アルストロメリア 3本
======

捨てないで

リューカデンドロン リューカデンドロン 'ガルピニ'
クリスマス時期になると素敵な実物が出回ります。その一つにリューカデンドロンという植物があります。南アフリカが原産。乾燥にも寒さにも強く大変丈夫で長持ちしてくれます。この植物は成熟するとピンクかかった姿からドライの実に変化します。アドヴェントの時期に用意するクリスマスのアレンジメントは長持ちが前提で多くのドライマテリアルを使用します。他の植物たちが枯れてしまってもリューカデンドロンやユーカリの蕾などは手元に残しておくとよいでしょう。クリスマス前のこの時期、様々な実物を使えるので私は一番好きな季節です。

リューカデンドロン /Leucadendron
ヤマモガシ科 レウカデンドロン属 /Proteaceae
南アフリカ原産

「遠い昔のクリスマス」
Christmas Bouquet

クリスマス・フラワーアレンジメント体験教室

毎年恒例のクリスマス・フラワーアレンジメントのワークショプを開催いたします。FDB東京事務所日高の主宰です。
ワークショップとは楽しく色々試して経験する場です。全くの未経験者の方がオリジナリティある素晴らしい作品を作る時もよくあるのですよ。せっかく作るのでしたらしっかりとよい花材を使い、クリスマスまで長く楽しめるものを作りましょう。今回はユニークな資材を使って、オーソドックスなキャンドルアレンジメントを動きのあるアレンジメントに変えてゆきます。毎回このクラスは私自身とても楽しみです。皆さんぜひご参加ください。

ユーロトレンドクリスマス・クリスマスフラワーアレンジメントワークショプ
12月4日(土曜日) 10:30-20:30
東京都府中市生涯学習センター 3F工房2

コンテンツの配信