オリンピック

ビクトリーブーケ コンテスト2016 Medalist Bouquet contest 2016

オリンピック ヴィクトリーブーケ コンテスト
8月6日お台場のヴィーナスフォートで3回目のオリンピックブーケのコンテストが行われました。
毎年このブログで様子を書いているばかりでしたが、私自身オリンピックで選手に手渡されるヴィクトリーブーケは以前からデザインしてみたいと思っていました。オリンピックの日本開催のチャンスはなかなかないと思い、この機に応募しました。

初めての事ですので、スケジュールを読み規定から逸脱しないように心掛けました。ゲーム開催中は膨大な数のブーケを作らなければならない事を考え、まずは花の入手性、真夏の気候にも耐えられる花、日本をイメージできる花など実際の現場を想定して花材をリストアップ。菊は日本を代表する花で生産量も桁外れに多いため輪菊をメインに。ダイアンサス(ナデシコ)、リンドウ、ホスタなど日本原産もしくは日本にも分布する植物もあれこれ検討。最終的にはリストしていたダイアンサスをバラに変更。実はコンペ直前までメインである菊の花がずっと心に引っかかっていました。フランス系の方、そしてユダヤ教徒にとってはこの花は悲しみの花でギフトとして贈るのはとてもタブーである事。しかしコスト面ではダリヤよりも安価、何よりも扱いやすいためやはり初心貫徹。
オリンピック メダリストブーケ オリンピック ビクトリーブーケ

だれでも花の名前がわかるようなごく普通のハンドタイドブーケです。ブーケの基本を守りバランスを確認しながらの作業。イギリスのフラワースクールで最初に学ぶハンドタイドブーケです。すべての基本はここから始まりです。花と花が重ならないように、スパイラルがきれいになるか、配色、ポーション、重さなどのチェックポイントをクリアして会場へ。すべり込みセーフで入賞でした。尚、ジャパンカップの審査をなさっている方々に作品を審査していただけるのは大変光栄な事だと思います。審査員の皆様も長い時間ありがとうございました。また準備をなさった皆様にも深く感謝いたしております。

ビクトリーブーケ コンテスト2015 Medalist Bouquet contest 2015

和紙をフレームにしたビクトリーブーケ
2020年の夏のオリンピックまで毎年開催することとなったメダリストたちに贈るブーケのコンテスト。8月1日と2日にお台場のヴィーナスフォートで公開中。一年で一番暑い時期のオリンピック開催、なんと米国のTV放映権がらみでこの時期になったとか。

色和紙のフレームのブーケ
和装の十二単を思わせる色重ねのフレーム。和紙ですので選手が客席へ投げ入れても安全です。もう一つ近くに同じパターンを発見。
トップにあるブーケです。こちらは浮彫のある白の和紙。フレームと花との心地よいバランス、そしてなによりも爽やかさが目に留まりした。

トライアンギュラーシェイプのビクトリーブーケ
丸い形の花の心地よいリズムに斜めから入るニュウサイのラインのコントラストが目をとらえます。ブーケの形もトライアンギュラーにするなどなかなかインパクトがあるブーケです。注目度は高いと思います。

優しい和モダンのビクトリーブーケ
他の人が使っていない植物を選び、やんわりと扇形に組んだブーケです。軽くふんわりした植物にふさわしい使い方だと思います。他に見ない作風。

バークのフレームのブーケ
デザイン性とワークマンシップが極めて高いブーケはこちら。お洒落に仕上がっていますし大変丁寧な作品です。

2012 ロンドンオリンピック メダリストブーケ 続編

連日ロンドンで繰り広げられる熱い戦い。こちらは睡魔との闘いですが本日は涙誘われてしまいました!女子柔道57kg級松本薫選手、ゴールドメダルおめでとうございます。

メダリストの手にしているブーケ、私は今違和感を感じています。選手たちは皆さんよい体格なのですがブーケがあまりにも小さすぎ。バラも細く貧弱で12本も束ねてあってもインパクトに欠けています。繋げる必要はないにしても普通ではめったに見られないアンバランスなカラーハーモニー。今思うと4年前の北京オリンピックのメダリストブーケはとてもよくできていたと思います。

2012 ロンドンオリンピック ビクトリーブーケ

30回目のオリンピックがイギリスロンドンで始まりました。英国では何年も前から様々なプロモーションがされ、毎年ロンドンクラスを訪れる都度街を整えるべく工事を目にしてきました。出かけようとも思いましたが、いかんせホテルがいつもの数倍(ロンドンは普段でもとても高い!)、オリンピック会場内での飲食に至っては恐ろしいほどのお値段。開催会場も市街地の中心部が多く混雑もかなり。秋のヨーロッパクラスもありますのでここは時差調整しながら自宅で観戦です。

開会式の入場行進ではオランダの選手たちの大きなオレンジのチューリップのブートニア、太平洋のどこかの国の選手団たちが頭に載せた花のガーランドが目に留まりました。私的にはブリテッシュの白いユニフォームに国花である赤いバラのコーサージュなどが添えられていると素敵などど感じます。

今回のオリンピックのビクトリーブーケ victory bouquet 明日の今頃は持っている人がいるかもしれませんね。ブーケのデザインは英国産のバラ4種類それぞれをグルーピングし、ミント、ローズマリー、麦とラベンダーで区切り円錐形に組みあげるブーケとなります。シンプルそうにみえるブーケですが、間に挟むハーブの配置や量などが難しそうです。バラの花の色も4色、仮に同分量づつ使われるとすると私的には微妙な感覚。クワットロとなる為派手さは出るとおもいますので、表彰台という晴れ舞台にはよろしいのではないでしょうか。英国の大学でフローリストリーを専攻している学生たちにより4400個のブーケが作られるそうです。そして、イギリスの花屋では早くもオリンピックのビクトリーブーケの商戦が始まったようです。もちろんこちらは一般消費者向けです。

さて獏大な経済効果が付いてくるオリンピック、バブリーすぎないバブルが戻るとよいですね。そしてこの機会にもう一度内戦や他国との戦争をしている国への平和も祈りたいと思います。

ロンドンオリンピック100日前

さて、今年2012年はロンドンオリンピック開催されます。Kew Gadenではオリンピックの5輪が庭の芝生にアレンジされました。ヒースローへ着陸の時は上から見れるそうですよ。これからイギリスへお出かけの方、着陸寸前にちょっと下をご覧になってみて下さい。

2010年バンクーバー冬季オリンピック メダリストブーケ

オリンピックも始まり、皆さんも毎日かなりの時間TVの前でお過ごしの事と思います。今年カナダのバンクーバーで開催されているオリンピックのメダリストブーケは雪の白さに映える鮮やかなグリーンのモノクロマテック、いわば単色の濃淡と植物の持つテクスチャーで楽しむブーケです。早速に花材の紹介です。
Olympic game medalist bouquet, image from mainichi.jp 画像は毎日JPさんから拝借しております
Olympic game medalist bouquet, image from Jiji.com 画像は時事通信社さんから拝借しております。
Olympic game medalist bouquet, image from Jiji.com 画像は時事通信社さんから拝借しております。

メダリストブーケの花材(すべてグリーン)

北京オリンピック メダリストブーケ

Beijing Olympic Medalist bouquet bouquet at transportation
Photos from xinhuanet.com

北京オリンピックがが始まり、毎日TVへ向かう時間が多くなりました。気になるメダリストブーケ。
中国産の立派なバラ、TVで毎日本数を数えています。(笑) どうしても気になったので何が使われているのかを調べてみました。

赤いバラ Rosa red 9
ハイペリカム Hypericum 6
花トラノオ Physostegia virginiana benth 6
リリオペ Ophiopogon japonicus
レザーファン Rumohra adiantiformis Ching
ホスタ(ギボシ)Hosta

合計6種類の植物で構成されています。

コンテンツの配信