イギリス

ヨーロッパクラス2016 コーポレートデザイン D1

コーポレートアレンジメント 企業向けのフラワーデザイン
初日はChris Morison氏による企業向けのフラワーデザインでした。氏のプロフィールはすでにヨーロッパクラス2016年のページにありますが、お話しを伺ってみるとカリブにあるアラブの王族の部屋のご担当。国王がいつお越になってもいいように毎日のメインテナンスがあるとの事。日常から離れたお話を楽しく拝聴いたしました。

午前中のレッスンは空間に飾るラージスケールアレンジメントです。とは言っても教室のスペースは限られていますので、会社のレセプションなどに置ける位の大きさです。一つ一つ段階でテクニックとポイントの解説をしながら進行。”なぜ”を分かりやすい英語で説明して下さいました。仕事も丁寧。イギリス人の先生たちの作品はどれもすばらしく綺麗に仕上げます。彼らのワークマンシップは世界一のレベルではないでしょうか。ワークマンシップは学生の頃から当然の事として教育されているとの事です。ちなみに校長と同じ学校でフローリストリーの専攻の同級生だそうです。
Chris Morison氏によるコーポレートアレンジメントのレッスン Chris Morison氏によるコーポレートアレンジメントのレッスン

午後は実習時間。生徒たちもそれぞれに花を選び作品作りに取り掛かります。急いで数点作るより時間をかけきっちりとよい作品を仕上げるのが私たちにはベストな選択であるとお考えになったそうです。二兎を追う者は一兎をも得ずはスタンダートな考えで私もそう思います。

<生徒の作品の評価とアドバイス>
先生の手直しが入ると生徒のアレンジメントもぐっとグレードアップされます。商品価値をいかにつけるかの説明がありましたがこの場では内緒にしておきます!

ヨーロッパクラス2016 Malvern

イギリス フラワーアレンジメント留学
イギリス花修行より帰国しました。当初はロンドンでの開催予定でしたがしたがFDBイギリス本部事務所の所在地であるWorcestershireのMalvernへ教室での開催となりました。Malvernはイギリスの作曲家Sir Edward W. Elgarの出身地で、美しい丘の風景と素晴らしい水で有名な所です。街の中には水汲み場がいくつもあり、住民たちにも豊かな自然からの贈り物が役立っていると感じました。以前にもご案内しましたが、この水は女王陛下へ献上されているとの事です。自然は私たちに様々なメリットをもたらしてくれます。次の世代のためにしっかりと守り大切にしてゆかなければならないと感じた次第です。この地は英国の小高い丘であるためは日本より秋が早くすでに落葉も始まっていました。ひんやりとした朝の空気に包まれて、落ち葉舞う小道の散歩も風情あるものでした。
英国フラワーデザイン教室 英国フラワーデザイン教室 周りの景色
教室は小さな山小屋です。大きな窓が東側と南側にありお天気の良い日は柔らかな陽が差し込み暖かくなります。ちょうど先生の後ろが東窓、窓から見えるテラスや丘の風景もよい雰囲気です。この建物はイングリッシュパブのオーナーが貸し切りのイベント用に用意している離れだそうです。パーティーなどに利用されるとの事。白い机と椅子、女性のオーナーのテーストを感じるなかなかチャーミングな部屋でした。外のデッキでいただくイギリスのエールビールを心待ちにしていたのはどうも私だけではなかったようです。

ロンドン ニューコベントガーデン 2016春トレンド

ロンドン ニューコベントガーデン フラワーマーケット
イースターを直前にしたロンドン ニューコベントガーデンのレポートです。
無論この時期は水仙、ムスカリ、ラナンキュラスに勿忘草と春を代表する花が並びますが、今年はちょっとトレンドに新しい動きがあるようです。水仙と言えば黄色でしたが、白も人気、ムスカリも色に変化のあるもの、ラナンキュラスはちょっとクラシカルなポロンとした丸みが好まれウエディングによく使われるそうです。一方Cappuccinoのように変わった花びらのラナンも人気。

イースター用にはやはり水仙がダントツ人気。イースターの花である白い鉄砲ユリもマーケットでは目にする花。枝モノはモクレン、サクラ、芽のついた柳が人気で、これらは最近の質感の違いに敏感なフローリストたちに人気の商品とか。

東京もマーケットも冬の間じっと成長し続けていた花たちがパワフルに咲き誇り、市場はカラフルでとても素敵です!
英国フラワースクール、来月に新学期が始まります。
世田谷フラワーマーケット 春の花の入荷
アルストロメリア 'プレシャス'新しい品種だと思います。プレシャス!!値段もプレシャスですが本当に目を惹きました!
世田谷フラワーマーケット 春の花の入荷""冬の間エネルギーをためていた日本のバラもそろそろ並びだしました。生産者によるプロモーションです。

ref:floradaily より

イギリス ハンプトンコートパレスフラワーショー2015 ホスタ 

シェイドガーデンには欠かせないホスタ。日本では擬宝珠(ギボウシ)。多様過ぎて選ぶのに迷った記憶がありますが、こちらでも見た事のない種類が所狭しとアレンジされていました。ネーミングもユーモラスで楽しいです。ぜひ写真のプレートをチェックしてみて下さい。
ホスタ ギボウシ
Hosta 'Teeny-weeny Bikini'Hosta 'Teeny-weeny Bikini'
Hosta 'Snake eyes'Hosta 'Snake eyes'
Hosta 'Hydon Sunset'Hosta 'Hydon Sunset'
Hosta 'Blue Mouse Ears'Hosta 'Blue Mouse Ears'
Hosta 'Praying HandsHosta 'Praying Hands

イギリス 秋のMalvernフラワーショー2015

イギリス 秋のMalvernフラワーショー2015
現在フラワースクールのコースにご参加いただいている生徒さんより秋のMalvernフラワーショーの様子をお送りいただきましたのでご紹介します。このフラワーショーは毎年9月下旬の最終ウィークエンドの2日間開催されます。実りの秋を祝うイベントとして新種やトレンドの植物、珍しい花やとても立派な野菜などを紹介するブースが立ち、工夫を凝らしたディスプレーで会場を盛り上げています。会場の一角ではフローリストのコンペティションもあり沢山の方が訪れます。

Malvernフラワーショーのフローリストリーコンペのスケジュールは11カテゴリーとなっています。
1.Pastral Joy 1チーム2名までエントリーOK。122㎝の丸いセージ色に塗られた高さ30㎝の台にアレンジメント。作品の高さ制限はなし、オールラウンド(四方見)から鑑賞
2.Sunset縦(奥行)68㎝ x 横76cm黒い布で覆われている台と黒のバックドロップ(後ろの壁)があるエリアにアレンジメント。正面から鑑賞
3.Colour Explosion, a Pedestal exhibit 台はなく床置きのアレンジメント縦122cmx横122cmのエリアにデザイン 正面から鑑賞
4.Golden Treasurers91.5㎝四方、床からの高さ76㎝の台を各自各々用意し、黒の布をかける。アレンジメントの高さはテーブルより90㎝以上であり、オールラウンド
5.Fascinating Foliage 葉を主としたアレンジメント 縦61㎝ x 横61cm x 高さ56㎝、パッションフラワーを描いた台とする事。許容スーペースは1m2以内
6.The Artist 以下略
7.Delightful
8.Little Treasure
9.Halloween
10.A Christmas Bauble
11.Seasonal Swag

イギリス ハンプトンコートフラワーショー2015 珍花

ハンプトンコートパレスフラワーショー 珍しい花 ’Lonicera Hildebrandiana’’Lonicera Hildebrandiana’
フラワーショーでは珍しいお花が世界中から集められています。一つでも強烈なインパクトのある花、どこかで見たかなと思う花、ファミリーが連想できる花など、ご一緒した方々と楽しくお話ししながらの見学でした。時間を忘れて夢中で写真に収めました。

イギリス ハンプトンコートフラワーショー2015

ハンプトンコートパレス フラワーショー入口
ロンドン中心部より電車で約一時間、駅についたらフェリーでフラワーショーの入り口までアプローチ。歩いても15分ですがボードのショートライドを楽しみました。一番奥にあるフローリストリーマーキーから見学開始です。テントの中ではそれはそれは見事な花の競演。ディスプレーは審査対象でアワードが用意されます。それぞれのナーサリーは凝ったディスプレーを展開しており、整った会場はまさに色の洪水でした。会場を歩いているとイギリスで人気のある植物が一目でわかります。一例は、クレマチス、グラジオラス、ダリア、サボテンや多肉植物、サルビア等の小さな多年草、スィートピー、アリウム、アマリリス、オーニソガラム、ユリ、オーキッド、ベゴニア、デルフィニウム、フクシア、アストランチア、アガパンサス、ダイアンサス、チューベローズ、ホスタ、ヒューケラ、コレクターに人気のアルパイン高山植物、アフリカンの植物や食虫プラント、アジアの珍しい植物、日本のカエデや見事な盆栽まで。私はヘザー類がお気に入りでした。バラはローズハウスが別棟にありますのでこちらではそれほど見かけませんでした。やはり冷涼な気候を好む植物が多いですね。アジアからの蔓性植物のコーナーなど珍しい植物もあり、多種類を目にして大満足な朝でした。気が付くと通路はいつの間にか沢山の人で埋まっていました。写真が多いため何度かに分けてご紹介したいと思います。
沢山の人で埋まるフラワーマーキー

ハンプトンコートパレス フラワーショー2015 フローリスト学生コンペティション

ハンプトンコートパレスフラワーショー フローラルデザインスタジオ フローリストリー コンペティション会場
フラワーデザイン・オブ・ブリテン夏のヨーロッパコース後のロンドン訪問はハンプトンコートパレスフラワーショーを見に行く目的がありました。一時的に雨がぱらついたものその後は終日晴れて暑い日となりました。フローリストリーを専攻している学生やイギリス各地のフラワーデザイナーが参加しているコンペがインスパイアゾーンのフローラルデザインスタジオにありました。実はこのコンペはイギリスのフラワーデザインを専攻している学生たちにとっては大変重要な作品展なのです。まずここで優勝し2016年チェルシーフラワーショーで行われるRHS Floristry College of the Yearの栄誉あるタイトルを目指す事になります。尚、こちらに出展していない学校は後日のタットンパークのフラワーショーでのコンペティションに参加し, 来年のチェルシーを目指します。それにしてもイギリス人は本当に花好きですね。本来ガーデニングのフラワーショーなのですが、この会場も人だかりでした。大学対抗のコンペ作品をご紹介します。

<スケジュール schedule>
スケジュールとはコンペ出展におけるテーマや決まり事です。ミュージカルが全体のテーマです。
Design 1 選んだミュージカルでつける帽子
Design 2 開演初日の夜のパーティーのテーブルアレンジメント
Design 3 劇場の入り口に飾るアレンジメント
Design 4 主役の女優に贈るワイヤリングされたプレゼンテーションブーケ

ハンプトンコートパレスフラワーショー フロリストリー コンペティション作品 ハンプトンコートパレスフラワーショー フロリストリー コンペティション作品 帽子

ウエストン・スーパー・メア 散歩道で出会ったお花たち

サンセットを追いかけて フラワースクールのあるウエストン・スーパー・メアにて 夕日に照らされる家並み イギリス ウエストン・スーパー・メア
レッスン終了後はパブ→レストランとだいたいルートは決まっているのですが、お腹が満たされたら歩くしかありません。海辺の街のサンセットはバス待の時間すら惜しいほどの美しさ。日が落ちるまであちらこちらと歩いていました。
フクシア イギリス ウエストン・スーパー・メアの住宅街にてフクシアの赤はいつも目を奪われてしまいます。
コンクリートの塀から垂れ下がりながら咲く花 コンクリートの間から小さな花わずかなコンクリートの隙間から花をつける植物

ウエストン・スーパー・メア レッスン後のお楽しみ レストラン

フラワースクールの街で行ったイギリスの代表的料理 フィッシュ&チップス
異国でいただくお食事は楽しみの一つです。キッチン付のフラットに滞在する生徒の皆さんもたまにはレストランで夕食を楽しんでみて下さい。レッスン中は多少なりとも緊張感がありますので、外へ出て街を歩いたり食事をする事によりリラックスできフレッシュな気持ちで次の日のレッスンにのぞめます。フラワースクールのある街ウエストン・スーパー・メアで出かけたレストランです。

フッシュ&チップス Papa's
お花のレッスン後は代表的イギリス料理のフィッシュ&チップス
この街ではこのレストランを知らない人はいない位です。帰りのバスの運転手さんもよく知っていました!外で行列している人はテークアウェイを待っていますので、奥まで入って席を案内してもらいましょう。サクサクっとした白身魚、こんんもりと盛られたポテトはイギリスに来た~!!!という感じです。
Fish and Chips Papa's
tel 01934 626565
20 Waterloo St
Weston-super-Mare BS23 1LN

イングリッシュ&ギリシャ料理 Chris's 
イギリスお花の学校の街でいただく料理 英国フラワースクールのあるウエストン・スーパー・メアでお勧めレストラン
ボタンを売っている店のすぐ近くです。FDB校長のお気に入り&お勧めレストラン。料理はとてもおいしくボリューム満点!料金はお手頃です。365日営業ですので日曜日も安心です。

コンテンツの配信