コンペ

ビクトリーブーケ コンテスト2015 Medalist Bouquet contest 2015

和紙をフレームにしたビクトリーブーケ
2020年の夏のオリンピックまで毎年開催することとなったメダリストたちに贈るブーケのコンテスト。8月1日と2日にお台場のヴィーナスフォートで公開中。一年で一番暑い時期のオリンピック開催、なんと米国のTV放映権がらみでこの時期になったとか。

色和紙のフレームのブーケ
和装の十二単を思わせる色重ねのフレーム。和紙ですので選手が客席へ投げ入れても安全です。もう一つ近くに同じパターンを発見。
トップにあるブーケです。こちらは浮彫のある白の和紙。フレームと花との心地よいバランス、そしてなによりも爽やかさが目に留まりした。

トライアンギュラーシェイプのビクトリーブーケ
丸い形の花の心地よいリズムに斜めから入るニュウサイのラインのコントラストが目をとらえます。ブーケの形もトライアンギュラーにするなどなかなかインパクトがあるブーケです。注目度は高いと思います。

優しい和モダンのビクトリーブーケ
他の人が使っていない植物を選び、やんわりと扇形に組んだブーケです。軽くふんわりした植物にふさわしい使い方だと思います。他に見ない作風。

バークのフレームのブーケ
デザイン性とワークマンシップが極めて高いブーケはこちら。お洒落に仕上がっていますし大変丁寧な作品です。

Fleurop-Interflora World Cup 2015 フルーロッパ インターフローラワールドカップ2015

ドイツ ベルリンで行われていたフルーロッパ インターフローラのワールドカップのハイライトシーンフローリストマガジンで配信されていましたのでリンクします。
1位は韓国 Alex Choi氏
2位はイギリス Neil Whittacker氏
3位はフィンランド Pirjo Coppi氏 
4位は日本の中村有孝氏だったとの事です。おめでとうございます。世界の大舞台で本当に素晴らしい!

100年の歴史 英国チェルシーフラワーショー

このフラワーショーは1862からRHS Great Spring Showとして開催され、現在のチェルシーでの開催は1913年からだそうです。2013年はチェルシーでの開催100回記念という事もありノスタルジックな写真などが展示されていたようです。そしてフローリストコンペでも過去流行したインテリアなどを取り入れたディスプレーもまたよき時代の回顧録のようでアイディアは斬新です。個人フローリストのテーマはサークル。コンペの結果はRHSのページにあります。ディスプレー部門の優勝はインターフローラ。こちらの団体は無敵のようです。コンペの写真はインターフローラ世界大会代表のNeilさんの ページをリンクさせていただきました。

さて本日、小笠原の兄島に外来種のトカゲが発見され「非常事態」宣言が出されました。小笠原は大陸と陸続きとなった形跡がなく独自の進化を遂げている
植物、動物たちがいるとの事です。繁殖力の強い外来種によりそのバランスのとれた美しい自然形態が侵される危機です。実はチェルシーフラワーショーにも同様の
特設展示会場がありました。ナショナルトラストが発信する在来植物が受ける外来植物や動物の影響のメッセージです。
国はどこでもその地域独特の文化、自然などできるだけそのままで次世代への送り物としたい所です。

英国ナショナルトラスト チェルシーフラワーショー ビデオがあります。
最終日のセールの様子です。Rona Wheeldonさんのブログより

ジャパンカップ2013

4月14日(日曜日)、東京ビッグサイトで開催されていたフラワードリーム内の会場でフローリストのジャパンカップがありました。前日持ち込み作品で20人選抜され、さらに舞台でブーケとアレンジメントのコンペを勝ち抜いた10名によるステージです。細かい作業の繰り返し、費やした時間を考えると参加された皆さんが入賞に値すると思います。選手の皆様お疲れ様でした。

持ち込み作品(本日は順位に関係なく私が好みの作品をピックアップしています)
ジャパンカップ2013予選 持ち込み作品 ジャパンカップ2013予選 持ち込み作品

ブーケとアレンジメント
ジャパンカップ2013予選 アレンジメント ジャパンカップ2013予選 ブーケ

ファイナル テーマ "春のときめき"
ジャパンカップ2013 ファイナル開始前

結果
1位 丹羽英之さん 花門フラワーゲート銀座店
2位 伊藤篤さん  長野県飯田市 アプリ
3位 長田太地さん 世田谷区 ユー花園

ジャパンカップ2013 ファイナル 丹羽さん作品 1位入賞 丹羽さん作品

ジャパンカップ 2012 作品3 ファイナル

ジャパンカップ2012 ファイナル1位作品" ジャパンカップ2012 ファイナル2位作品" ジャパンカップ2012 ファイナル3位作品

ジャパンカップセミファイナルを通過した10名。1900x1600のエリアに1時間でデザインを作成。双璧の戦いであることは間違いないですがやはり経験の差が出るのはこの場面だと思います。目の前の資材を使い短時間にストラクチャーを考えアレンジする。大変難しいと思います。一名ほんの数分、いえもしかしたらものの一分だけ手を止め考えている方がいらっしゃいました。大舞台でも冷静ですね。彼はトップ3に入られた中のお一人。彼の作品は3面展開ではなく4方見でどこから見ても美しいアレンジメントが目を捉えます。さらにアレンジの配置の高さを変える事によって生まれるリズムとここちよい空間も私には非常にポイントが高かったデザインエレメントの1つです。資材の1つすだれをもっと見せる工夫があれば優勝だったかもしれません。

客席から拝見していても興奮のステージ。選手の皆さん大変お疲れ様でした。日本のフローリストたちを引っ張り若い後輩たちを育てていって下さい。来年のジャパンカップ開催は3月、そしてチャンピオンシップが8月京都での開催が決まっているとの事です。

花材
エルムレス 黄色 クルクマ ピンク セロシア赤 ダリア ピンク ヘリコニア(ハンギング)赤 ハイドランジア ピンク
イタリアンルスカス ストレリチア(極楽鳥花)の葉 モンステラ アンスリュームの葉 レザーリーフファン ヤツデ

入賞者
1位 日坂昭広さん ブロッサム (写真左)
2位 丹羽英之さん フラワーゲート銀座店 (写真中央)
3位 長田太地さん ユー花園 (写真右)

ジャパンカップ 2012 作品2 セミファイナル

ジャパンカップ2012 セミファイナル ブーケ ジャパンカップ2012 セミファイナル アレンジメント
89名のエントリーの中から選抜された20名は舞台の上でセミファイナルを迎えます。経験豊富な方でも緊張が走る瞬間ではないでしょうか。わずか3分で花のパッキングを開けリストを参照しながらのチェック。時間が短すぎとてもすべてを開封できる状態ではないと感じました。インターナショナルの舞台ではコンディションが良くない花を交換してくれる時間でもあります。とはいえ競技時間は皆さん同じ。一作品目はブーケ、次はアレンジメントです。その日用意された花は両方に使います。花材は以下の通り。ピンク、黄色、オレンジ、赤、白、薄ピンクのバラ以外は彩度も高く舞台映えする夏色の花と多種類の爽やかなグリーンで季節を感じられました。個人的には青系の花も欲しかったですね。

花材
バラ 薄ピンク ディープピンク(花の名前で紹介していただければもっとイメージがつかめてよかったのです)オンシジューム ピンポンマム黄色 ダイアンサス(輪カーネーション)オレンジ ハイドランジア グラジオラス(*多分私の空耳 誰も使っていませんでした) カラー白 グロリオサリリー赤
ナツハゼ フサスグリ フトイ 姫ガマ オクラレウカ モンステラ リキュウソウ スモークツリー ピットスポラム レモンリーフ レザーファンリーフ グリーンスケール 斑入りギボシ 

メガネを忘れてしまいぼんやりでしたが、#7の方はバインドする前のポーションがエアリーで素敵でした。遠くでしたが#16、#17の方々もポーションが安定していてよく目に留まりました。

---------------
さて今日からイギリスではハンプトンコートのフラワーショーが始まります。ただちょっと今年は肌寒いみたいですよ。ジャケットをお忘れなく!

ジャパンカップ 2012 作品1

フローリストの競技会ジャパンカップが昨日6月30日より東京ビックサイトにて開催されています。年々出展者のレベルが上がってきているように感じるこの頃です。まずは私が選んだトップ3。よい作品は力強くそこからオーラが出ていて惹きつけられるのです。作風で誰が作ったかもわかるようになります。今年は作り込み過ぎないよい作品が沢山ありました。百聞は一見に如かずです。フローリストでなくてもぜひお出かけ下さい。

「百歳の誕生日を祝う」
ジャパンカップ2012 持ち込み作品 ジャパンカップ2012 持ち込み作品 ジャパンカップ2012 持ち込み作品

「Vege-Table」
ジャパンカップ2012 持ち込み作品 ジャパンカップ2012 持ち込み作品 ジャパンカップ2012 持ち込み作品

「泉 溢れ出る喜びを」

コンテンツの配信