ゴーヤ

蔓植物 - グリーンカーテン

Momordica charantia<br />
-bitter melon Jasminum polyanthum Grape vine
写真左から 蔓レイシ(ゴーヤ)、ハゴロモジャスミン、ブドウ

処暑も過ぎたというのに、連日34度を超える厳しい残暑が続いています。南向きで遮るものが何もない当方の仕事場では窓側からは容赦なく熱気が伝わってきます。ついにカーテンを熱遮断性のモノに変え、数年前からは弦性植物を植え暑さ対策。それでも今年の夏が馬鹿に長く感じる次第です。4年めのゴーヤ、今年は生育も悪くやはり連作障害が出てきました。来年は思い切って植物を変えようと思います。暑さに耐え、生育が早く、日焼けしない弦性植物を探す事に。南の島で見た植物など思い出してみることにしました。

・パッションフルーツ 独特な花が咲きます。実もちゃんとなりますよ。
・ハゴロモジャスミン 春に白い花を一面につけ芳しい香に包まれます。生育が早いのですが、常緑のため冬も茂りっぱなし。短く切りしましょう。
・葡萄 土がやせていても力強く伸びてくれます。弦も太く葉も立派なため重くなりますので丈夫な支えを作る必要があります。秋には茎を切りリースとして
使えます。葡萄の弦はとてもエレガント、色も綺麗で大好きです。
・ノウゼンカズラ 根の張りが強く、すぐに大きくなってしまうためひと夏だけというわけにはいきませが夏中咲き続けるオレンジの花は季節色で大好きです。そしてありんこさんも大好きなため窓がある所に這わせるのは向きません。こちらも冬に切り戻してしまって大丈夫です。根が茎から出て壁に這いますので要注意です。
・ハニーサックル ノウゼンカズラ同様大変強い植物です。花は初夏。やはり大木になってしまいますのでお庭で楽しんで下さい。
・ブーゲンビリア おそらく東京では戸外での冬越しは無理だと思います。でしたらなおさら夏だけのお楽しみに。

マイグリーンプロジェクト

green curtain
毎年夏になると植えているのがニガウリ(ゴーヤ)。今年は植え込むのが遅かったのと7月の日照不足でいささか育ちが悪いのですが、ここにきてやっと一面を覆うまでに成長。実もいくつかつけています。ベランダにはオーキッドや観葉植物が置いてあり、いずれも夏の直射日光を嫌うため植物による日よけを作っています。ささやかですがこのグリーンのカーテンが私のグリーンプロジェクト第一号です。イギリスでもロンドンオリンピック年に向けてグリーンプロジェクトがどんどん進んでいるようです。オリンピックは世界中にスローガンを投げかける絶好のチャンスですね。近年は年毎に夏がしんどいくらい暑く感じます。少しづつ地球温暖化を止めてゆきたいものです。

ロンドンクラス
**********************************************

蔓茘枝 (つるれいし)

9月になり気温が少し低くなり過ごしやすくなりました。蝉の声がうるさくて目を覚ましたものですが今は数が減っているのでしょうかそれほど気にならなくなりました。代わりに夜は秋の虫の声が聞こえるようになってきました。季節は少しづつですが移り変わってきているようです。

初夏に植えたゴーヤーが大きく育ってきました。沖縄で食べたゴーヤーよりも種類が違うのでしょうか, はたまた育つ気温が違うのでしょうか、苦さが足りないのです。いえ、まったく苦くないのです。もっと苦い方がビタミンがたくさん含まれているような気がするのは私だけ?

ツルレイシ
ニガウリ
ウリ科ツルレイシ属
Momordica charantia
Common: Bitter Melon

ニガウリ・ゴーヤー 正式には蔓茘枝 (つるれいし)

コンテンツの配信