進化する菊!マムいろいろ 2019

菊 マムいろいろ2019
何回か菊の花についてはトピックスにしていますが、よい記事を見つけましたのでご紹介します。

<オリジン&日本への渡来>
菊の花は紀元前15世紀ごろの中国が起源。薬草として高尚なごく一握りの人達の間でしか育てる事ができなかった時代にさかのぼります。高級な陶器にも描かれとても優雅で洗練されたものでありました。日本への渡来は7世紀後期~8世紀の奈良・平安時代。江戸時代には国民にも広く親しまれるようになりました。

<現在の種類>
3タイプのカテゴリー ①一枝に一つの花 一輪菊 disbudded ②一枝から枝分かれして沢山の花をつけるスプレータイプ spray ③背丈55cm以下、花径4cm以下のサンティーニ Santini
花の形は一重の花びら、2重以上の花びら、アネモネ咲き、スパイダー咲、ポンポン咲きなど。400種類が出回っています。

<よい花の選び方>
・茎が健康的であるかどうか。丈に見合った重さ、花の咲き具合、花が重過ぎる場合は茎が折れる可能性もあり。
・葉にカビなどの病気がないもの。特に茶色や白いスポットがあるものは注意。
・葉に極端な萎れがないもの。出荷で生産者の処理が足りない場合、輸送中に水切れが発生。
・パッケージによる蒸れ、雨による水濡れがないもの。花の部分に水がかかると短命に終わります。
・海外での流通の時ですが木化した茎がある場合は出荷からバケツでの扱いとなり、葉からの蒸発を防ぎ早く水があがるように濡れ新聞などで包んでいる時が多いです。花に水がかかっていなければ大丈夫です。

<飾り方のヒント>
折角花の種類が豊富になり、ずいぶんと素敵な菊が増えたのですからアレンジメントもグレードアップしてみましょう。2019年のトレンドです。3つのキーワードを含みます。
1. 一輪菊は高さを出しそれぞれの花の美しさをアピール 空間が大事です!その一輪菊の下部にはサンティーニやスプレーなどで多種類を楽しめるような配置で。こちらは空間をあけずに詰め込んでアレンジ。上と下で重さや空間の対比が生まれます。
2. 色に幅を持たせ、目に映る色の変化の効果を増やす。
3. 器はシンプルで素材は何でも。表面が滑らかな白い花瓶、光沢のあるものなどもよいです。

<購入後の切り花の手入れ>

菊 マム

菊 
キク科キク属 Asteraceae
中国原産 
Chrysanthemum x morifolium /or Dendranthema x grandiflorum
*Chrysanthemumは栽培菊

日本への観賞用の菊の渡来は7世紀後期~8世紀の奈良・平安時代ごろで「古今和歌集」に登場。育種は江戸時代に盛んになり、大輪の菊の「菊合わせ」という品評会が行われていました。その菊の発展は原産地中国にも大きな影響を与えたとの事。日本の菊は和菊とされ、サイズで大菊・中菊・小菊の分類となっています。日本からイギリスや米国へも渡り、各国での品種改良が進み、スプレーマムやポットマム(鉢)などを総称し洋菊と呼ばれ流通しています。

<サイズ別> 主に展覧会などで見られる和菊中心のご紹介
大菊 花の直径18㎝以上 6系統あり、豪華で見ごたえがあり
「厚物」 ボリューミーな花弁が中心に向かって揃い、ぽってりと丸い形
「厚走り」は下部の花弁が少し開き気味に垂れ下がるタイプ
菊「厚物」 菊「厚物」 菊「厚走り」 左と中央は厚物」 右が「厚走り」
「大掴」つかんでねじったような趣。ネーミングもわかりやすいですね
324
「管物」 管状花弁が放射に伸びて咲く。花弁の太さにより「太管」フトクダ「間管」アイクダ「細管」ホソクダ「針管」ハリクダと呼び名も変わります。細い花弁が放射状に下がりながら咲く花容はデリケートです
246 257 311
「広物」 幅広の平弁の一重咲き 一文字とも呼ばれます 
「美濃菊」幅広平弁の八重菊 岐阜県大垣地方で栽培され、色鮮やかさが特徴 ほろりとほどけた咲き方もエレガント

中菊 花径9㎝以上 大菊よりも小ぶりの手頃なサイズ。仏花の花束に入れられる輪菊のサイズです

次世代の花 part4 菊 マム

日本を代表する花の一つである菊、すでにバリエーションは豊かですがまだまだ新しい物が出てきそうです。最近は海外からの輸入も多く一年中入手可能ですが、やはり秋という季節感がとても好きです。

スプレーマム 'モナリザ ピンク'スプレーマム 'モナリザ ピンク'

スプレーマム 'オーロラ'スプレーマム 'オーロラ'

スプレーマム 'ゼナサニー'スプレーマム 'ゼナサニー'

スプレーマム 'バルディカライム'スプレーマム 'バルディカライム'

一輪菊 ポンポン咲き グリーン一輪菊 ポンポン咲き グリーン

スプレーマム ポンポン咲き グリーンスプレーマム ポンポン咲き グリーン

一輪菊 大輪 ポンポン咲き グリーン一輪菊 大輪 ポンポン咲き グリーン

9月長月 重陽の節句 菊の節句

陰暦の9月は今でいう10月初旬から11月初旬の頃。夜長月、長雨月(ながめつき)秋深まり、秋の長雨から長月という名がついたとの事。菊開月(きくさきづき)、菊月、紅葉月、稲刈月など植物の名が付く呼び方もあります。

9月9日は重陽の節句。生け花の世界にとっては大切な日です。菊の花のみでお生花(長さやなど詳細に決まりがある正式な形)を生け菊酒などを飲みお祝いをするそうです。(もともとはこれも邪気払い長命への思いが込められた宴会だったようですが)。もっとも大きな奇数の重なる日となるため陽が重なる重陽と呼ばれます。以下古流松藤会の師範橋本理真先生よりご寄稿いただきました。

--------------------------------------------------

重陽の菊

重陽の菊
めでたい陽数が重なる九月九日。

浜松フラワーパーク 花博(浜松モザイクカルチュアー世界博覧会)

Hamamats International Mosaiculture 2009
浜松フラワーパークの浜名湖立体花博=浜松モザイクカルチャー世界博覧会へフラワースクールの卒業生で現在エクステリアデザイナーをしていられる山中さんにお招きいただき出掛けてきました。2000年カナダのモントリオールにて初開催、以降3年ごとにさまざまな国を回り今年は浜松の花博会場となったそうです。

Mt. Fuji Flying birds A a clock is representing Switzerland A man and a dog
暖かでしたが雨。しかし植物にとっては雨は大歓迎。植物でできているオブジェはとても生き生きして見えました!動物、風景、人物など造形はさまざま。諸外国からの出品はその国のイメージが伝わるような作品があり、いろいろと連想ゲームをしながらのそぞろ歩きは結構楽しかったです。

コンテンツの配信