クラス

フローリストたちも生涯学習

floristry training
イギリスではフローリストたちを対象にした教育がとても盛んな国です。各花の組織団体によるメンバーたちへの定期講習会、雑誌社によるデザイナーを招いてのレッスン。どれもトレンドを把握し、しっかりと顧客の心をつかむようなデザインです。同時に花を売るという共通の目的があり、機関だけでなく小売店のプロモーションがとても盛んです。日本では小売店のプロモーションがもっと活発であるとよいと感じます。もちろん素敵な花屋はとても増えています。でも日本全体の花の売上は決して嬉しいものではないのです。

暑い夏、思い切って長めの夏休みを取り、イギリスのフラワースクールまで花の勉強へ出かけてください。リフレッシュのために現場を離れパワーアップにお出かけ下さい。

クリスマス・フラワーアレンジメント体験教室

もう11月も最終の週。日曜日はクリスマス4週間前のアドヴェントに差し掛かります。Thanks giving (勤労感謝の日)が過ぎ気温が低くなると街も一気にクリスマスモードに切り替わってきます。
クリスマス フラワーアレンジメント 一日体験教室
このブログの目的はイギリスフラワースクールの様子をお伝えする事と、皆様にもっと日常的にお花に慣れ親しんでいただきたい思いで始めました。最近は不況でどこも予算が削られ、オフィスや店などからお花が消えています。一般家庭でも消費の少ない日本。切花の売り上げのほとんどが冠婚葬祭用だなんて、文明国にしては寂しすぎますね。

ホルティ・フェア09 マイセレクト&サプライズその2

For retailers
パッケージの会社が少なくなった分、こんなものが目に留まりました。ガラスの器に取っ手をつけて、そのまま売り渡すものです。エコから生まれたアイディアです。もちろん中身のデザイン次第ではかなりおしゃれですね。
強度を確かめるために持ち上げてみました。取っ手自体はかなり頑丈にできていましたが、写真に写っている器はかなり重くちょっと不安に感じました。もっともヨーロッパにはおしゃれで丈夫な袋がたくさんありますので、それに入れて持ち運ぶのでしょうね。

New colour sleeve for flower bunch
グレーのスリーブ(細長い花束を包むビニールの袋)、ありそうでなかった色です。グレーはニュートラル色ですので目にやさしくどんな色の花でも受け入れてくれます。よい感じでした。

ホルティ・フェア09 マイセレクト&サプライズその1

Good and Green at Horti Fair09, Amsterdam RAI
Good & Greenセクションからのセレクトです。20あまりの企業が共同で出展しているエリアがありました。明るいグリーンの木のモチーフで統一されたエリアに入るとフェアのテーマが伝わってきました。ここのブースに出展している各企業はエコロジーに貢献し、フェアトレードを実践、よりよい商品を開発をし自然還元をしているかのPRです。たとえば、バラをケニアで作っている会社は現地の人たちに教育を支援し高品質の花を育てマーケットに出しているとか、花束メーカーはオートメーションを促進し、MPS-Aの質の高い花束を卸しているとか、パッケージも自然還元(biodegradable)で安全性に徹しているとか、球根まで高品質生産で農家はすべてMPS取得農家など、マーケティングのPR場とは言えかなり徹したものでした。

Rare plant from Hawaii, Brighamia Hawaiian palmPlantPlanet, Netherland

ホルティ・フェア09 見所

Horti Fair 2009, Amsterdam RAI Horti Fair 09 information sign
pot for small plants, earthy friendly company Automation hardware Henp linen from asian comapnies fertile beats from East en Europe
7つのカテゴリーにわかれ、会場も7ホールあります。

ホルティ・フェア09 Horti Fair at Amsterdam Rai

Rosa Miss Pigi+ New
不況の影響のため昨年、一昨年と比べるとかなりのダウンサイズを感じましたが、それでも生産者の方の素晴らしい作品(花)をみると感動せずにはいられません。新種にはかならずNewというサインが掲げられ、品評で入賞している花にもマークがおかれます。偶然にも1等入選の方ともお話ができ、とてもご満悦なご様子を拝見いたしました。苦労を重ねて努力する姿はどこの世界でも同じです。おじさんはとても素敵に輝いていました!

刺激的なデモ ホルティ・フェア

Demo at Horti Fair Demo at Horti Fair Demo at Horti Fair

ロンドンからオランダへ移動し、ホルティ・フェアへ出かけています。
毎日トップデザイナーたちのデモが繰り広げられ、とても刺激的です。仕事がきれい、アイディアが奇抜、新しい商品をどんどん紹介しています。かわいい物も沢山ありましたので後ほどご紹介したいと思います。

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドン コンテンポラリークラス09 始まります

Season of mushrooms Coloured foliages at the garden, Hammersmith London Flower Design of Britain London Contemporary Design Course
明日からいよいよロンドンクラスが始まります。秋深まるどころか今日はかなり寒いですが、紅葉した芍薬の葉も素敵でとてもよい雰囲気です。夕方にはレッスンの準備が整いました。昨年よりもはるかに資材の種類が増えております。チームにもどことなく張りつめた緊張が感じられ、クラスへの意気込みが伝わります。これから4日間みなさんどうぞよろしくお願いいたします。

パーティー用ハンドバッグ

back side of the party bag 
先週末は花好きたちのサマーパーティーでした。その会場へお越しいただく方へは何かグリーンを身につけてもらう事にいたしました。今のヨーロッパ諸国ではすでに何年も前から地球グリーン化対策が進められ、その運動の一環として日本からの参入です。まぁちょっと大げさですが、こんな事をする人がいてもよいかなと思い立った次第です。
party bag

FDBヨーロッパスクール ロンドン コンテンポラリーフラワーアレンジメントクラス

London Contemporary floral design class by Flower Design of Britain
今年で3回目となるヨーロッパスクール。異国でのトレンドの動きを肌で感じて自分なりに消化してゆく試みを続けています。消費者の求めるものは変化が早くファッション業界とある意味同じです。実際昨年のロンドンクラスではパープルを取り上げ、旅先すべてパープルのディスプレーが鮮明でした。どんな仕事に携わっていても流行を置き去りにする事は難しいのではないでしょうか。

さて、最近よく使われている「コンテンポラリー」についてちょっと補足です。

コンテンツの配信