パタヤ市

テーブルセッティングとフラワーデザイン

フォーマルな席のテーブルデコレーション。
その前にテーブルセッティングのセッションまでありました。結婚式一週間前の両家のディナーテーブルを想定して、花嫁、花婿の座る位置、それぞれの両親が座る位置などきちんと教えられました。生粋のブリテッシュの先生にとってはテーブルセッティングなどお手の物。エレガントにスペースを取り非常に綺麗でした。フラワーデザインと同様イギリスの習慣についても学ぶ機会があり、大変ラッキーに思います。
英国フラワースクール マスタークラスのフォーマルテーブルセッティングとフラワーデザイン

部屋とのバランス、テーブルの置く位置まで採点、2回目のデコレーションでやっと合格です。資材やノートなどセッティングされたテーブルに置かないようにと気遣いまで指導。思い出しただけでもディープな日々。私は車のデコレーション時に日焼けしてしまい、暑さでいささかノックアウト気味。プールで夕方クールダウンしました。寒い日本に戻り、レッスンの日がほんの数日前だったなんて嘘みたいです!

車を飾る

カーデコレーション 車に花飾りを付ける
ヨーロッパでは必ず車も飾ります。オランダのフラワーショーでも重厚な装飾を見かけますが、FDBのクラスはもう少し実用的なアプローチです。気温が高い地域にふさわしい花、取り付け方、デザインなど4人のチームで車一台の装飾をします。ここで大切な事はコミュニケーション。生徒全員英語がネーティブでないのでそれぞれ一生懸命でした。

ディープな一日。疲れましたがとても充実しています。

写真から

ウエディングブーケ ウエディングブーケ ウエディングブーケ
レッスンのため、ウェディングドレスの写真を持参するようにとの事でした。お気に入りの写真はそれぞれ違う生徒に渡り、そのドレスの為にブーケを作成するとの事です。お客様の選んだドレスにどんなブーケが似合うか、クリアーなアイディアと顧客を納得させるだけの説明ができなければフラワーデザイナーとしての仕事は半人前。せっかくのドレス、時としてアンバランスなブーケはすべてを台無しにしてしまいます。そんな事が起きないようこのクラスのすべての作品は厳しくチェックされます。生徒自身も他国の生徒のアイディア、意見を交換することにより、様々な事を学んでいます。参加者全員アイディアもユニークです!

組み合わせ

アボリジニのウエディングブーケ フラワーデザイン・オブ・ブリテン マスタークラス
現在進行中のマスタークラスレベル3でのクラスでは、思ってもみないものが飛び出しています。
たとえばアボリジニ(オーストラリアの先住民の人たち)のウェディング。

並べられたマテリアルは師匠の作ったブーケホルダー。様々な色の入った布、デザイナーズカラーワイヤー、羽、ドライの豆。ホルダーはちょっとびっくりです。何に使うのかなと何気に気になっていましたがまさかそんな使い方をするとは思ってもみなかったです。(笑)

どこにもないものを作る。これはフラワーデザイナーの基本という事を再認識させられながらサンプル作りを致しました。生徒さんたちは何を選びどのように使うのでしょうか。楽しみです。

2012年の始まりはタイパタヤクラスから

フラワーデザイン・オブ・ブリテン マスタークラス Level 3
2012年1月、お正月すぐ後ですがタイでマスタークラスLevel3が始まっています。*マスタークラスについては前回のブログをご参照ください。昨年は北部からバンコックでは洪水の被害もあり一時心配でしたが幸いパタヤは南に位置するため特に問題はなかったとの事です。到着の日からはとてもよいお天気。家を出るときにはマイナス温度でしたので、授業の前は心も環境もリラックスしています。

Level3のクラスはウエディング。生徒たちにはロイヤルウエディングのプロジェクト2つが課題でした。レポートは完成度も高く、素晴らしい内容。みなさんほぼパーフェクトに近いスコアでクリアです。おめでとうございます!

フラワーデザイン・オブ・ブリテン タイ パタヤクラス 海外フラワーアレンジメント レッスン エアポートからの移動中の写真です。気持ちが高まりますね!
パタヤクラス フラワーデザイン マスターフローリストの資格 海外レッスン 雨が多かったため植物もいささか大きくなっているような気がします。
フラワーデザイン マスターフローリストの資格 海外レッスン 教室のレイアウトが変わっています。今回はテクニカルの実習が多く生徒さんのテーブルをグルーピングしまとめまています。手前側はレスティングエリア。アフタヌーンティーをご一緒したいのですが...たまにはみなさん出てきてください!

フラワーデザイン・オブ・ブリテン タイクラスでのお話

フラワーデザイン・オブ・ブリテン タイ パタヤクラス
1月の中旬を過ぎると序所に気温が上がり、2月ともなると日中は30度近くありとても暑いです。エアコンの風が嫌いな私と先生、交代でプールに飛び込みクールダウン。プライベートプールですので生徒の皆さんも遠慮なく水に飛び込んで下さい。ちなみに消毒には塩を使用。ケミカルを使わないため体に大変優しいお水です。

アジアンリゾートでのリラックス方法ーパタヤ市

アジアンリゾートでのリラックス法 タイパタヤ市
フラワーアレンジメントのレッスンが一番の目的ですが、その他にもタイのクラスではお楽しみが沢山あります。一部ですが日高流のリラックス方法をご紹介します。

スパとマッサージ
ホテルのプールサイド ホテルのプールサイド

タイ パタヤ市にある英国フラワースクール

アジアンリゾート タイ パタヤビーチ プライベート ガーデンプール 
今日からお花の学校があるパタヤ市の事をご紹介してゆこうと思います。なんでこんな所にイギリスのフラワースクールがあるかと申しますと、先生の一人がパタヤ市に別荘を持っています。冬の間だけこちらへ来ていますのでスクールを開催した次第です。

タイ パタヤ市のフラワースクール

マスタークラス Master Diploma of Professional Floristry

フラワーデザイン・オブ・ブリテン マスタークラス
イギリスでも他のヨーロッパ諸国と同じようにマネージメントレベルを目指す学生のために、マスターレベル(The Level 5 Master Diploma of Professional Floristry )の専門学科があります。一般フローリストリーの教育を終え、Level4の試験をパスして始めてこの専門分野のクラスの参加が認められます。勉強する内容は植物の理解、グローバルデザイン(コンテンポラリー・アドバンステクニック)を始めとし、生産地やそのロジスティク(流通管理)などにおける世界事情の理解、イベント運営、経営、プロダクトプロモーションやマーケティング、、ビジネスマネージメント、コマーシャルプロダクトの研究, 効果的なディスプレーテクニック等数々の項目において理解を深め専門知識を習得します。

タイでフラワーアレンジメント

タイでフラワーアレンジメント
治安が戻ってきたタイにてようやくクラスが再開されました。先生も生徒のみなさんも南国の太陽の下、なんとなく楽しい雰囲気で授業が始まりました。

タイでフラワーアレンジンメントを学ぶ フラワーデザイン・オブ・ブリテン パタヤ市のフラワースタジオ フラワーデザイン・オブ・ブリテン パタヤ市のフラワースタジオ

コンテンツの配信