イベント

ワークショップ、海外花留学、海外イベント

ハンプトンコートパレス フラワーショー2015 フローリスト学生コンペティション

ハンプトンコートパレスフラワーショー フローラルデザインスタジオ フローリストリー コンペティション会場
フラワーデザイン・オブ・ブリテン夏のヨーロッパコース後のロンドン訪問はハンプトンコートパレスフラワーショーを見に行く目的がありました。一時的に雨がぱらついたものその後は終日晴れて暑い日となりました。フローリストリーを専攻している学生やイギリス各地のフラワーデザイナーが参加しているコンペがインスパイアゾーンのフローラルデザインスタジオにありました。実はこのコンペはイギリスのフラワーデザインを専攻している学生たちにとっては大変重要な作品展なのです。まずここで優勝し2016年チェルシーフラワーショーで行われるRHS Floristry College of the Yearの栄誉あるタイトルを目指す事になります。尚、こちらに出展していない学校は後日のタットンパークのフラワーショーでのコンペティションに参加し, 来年のチェルシーを目指します。それにしてもイギリス人は本当に花好きですね。本来ガーデニングのフラワーショーなのですが、この会場も人だかりでした。大学対抗のコンペ作品をご紹介します。

<スケジュール schedule>
スケジュールとはコンペ出展におけるテーマや決まり事です。ミュージカルが全体のテーマです。
Design 1 選んだミュージカルでつける帽子
Design 2 開演初日の夜のパーティーのテーブルアレンジメント
Design 3 劇場の入り口に飾るアレンジメント
Design 4 主役の女優に贈るワイヤリングされたプレゼンテーションブーケ

ハンプトンコートパレスフラワーショー フロリストリー コンペティション作品 ハンプトンコートパレスフラワーショー フロリストリー コンペティション作品 帽子

ビクトリーブーケ コンテスト2015 Medalist Bouquet contest 2015

和紙をフレームにしたビクトリーブーケ
2020年の夏のオリンピックまで毎年開催することとなったメダリストたちに贈るブーケのコンテスト。8月1日と2日にお台場のヴィーナスフォートで公開中。一年で一番暑い時期のオリンピック開催、なんと米国のTV放映権がらみでこの時期になったとか。

色和紙のフレームのブーケ
和装の十二単を思わせる色重ねのフレーム。和紙ですので選手が客席へ投げ入れても安全です。もう一つ近くに同じパターンを発見。
トップにあるブーケです。こちらは浮彫のある白の和紙。フレームと花との心地よいバランス、そしてなによりも爽やかさが目に留まりした。

トライアンギュラーシェイプのビクトリーブーケ
丸い形の花の心地よいリズムに斜めから入るニュウサイのラインのコントラストが目をとらえます。ブーケの形もトライアンギュラーにするなどなかなかインパクトがあるブーケです。注目度は高いと思います。

優しい和モダンのビクトリーブーケ
他の人が使っていない植物を選び、やんわりと扇形に組んだブーケです。軽くふんわりした植物にふさわしい使い方だと思います。他に見ない作風。

バークのフレームのブーケ
デザイン性とワークマンシップが極めて高いブーケはこちら。お洒落に仕上がっていますし大変丁寧な作品です。

フラワーデモンストレーション IFEX2014

フラワーデザイン デモンストレーション ローラン・ボーニッシュ氏 フラワーデザイン デモンストレーション ローラン・ボーニッシュ氏
展示会場はいささかダウンサイジングしましたが、見学者にとっては丁度よいと感じました。会場の一角にアーティストたちによるデモンストレーションの場があったため移動距離も少なく助かります。朝一番のデモはLaurent Borniche氏。申し上げるまでもなく予約制であった会場はすぐに満席。後ろの方になってしまいましたが、どの角度からも見えるように作品を持ち上げゆっくりとポーズの時間を取って下さいます。スタイルの違うブーケ2つ、フレームを使ったデコレーションを一つ。太い鉄線でできているフレームベースも最高に美し仕上がりでとても感銘いたしました。氏が人気の理由は単に彼の作る豪華なブーケだけではなく、お客様に対してのサービス精神、アーティストの才能に加えワークマンシップもトップクラス。観客を魅了した一時間であったと思います。
もう一方は江口みきさんによる30分のデモ。エレガントでクラシックな器に豪快に花をあしらう、数をこなしている方の仕事です。紫のカーネーションがメインで一番見せたいお花との解説をしながら、難しい色たちをそつなく合わせてしまっていらっしゃいました。デモが始まる前には用意されている花材が少ないかなと感じましたが、見せ方使い方がプロのお仕事。葉を落とさずそのまま使うという点はボリューム、手間の点でメリットがあるという事を感じました。ステージにはデモ作品以外数点ディスプレーがあり、生のお花は生産者さんのご協賛との事。無論出す方はトップクオリティを揃えてきます。心にひっかかった事はディスプレされていたガーベラのアレンジメントのメカニカルです。本音を申し上げるとデモよりももっとインパクトがありました。帰り掛けに数人のアシストの方からクラスへ是非ご参加をとのお誘いを受けましたがその方々も気が付かなかったのでしょうか....残念

新種の花たち IFEX2014

Happano Korin by Jardin Co.
先日幕張で開催されたIFEXへ出かけてきました。
メーカーによる展示会で新しい資材や花などを見に行ってきました。会場の一角ではフラワーショーも開催され、ショーを見る合間に展示場巡りをするちょっと駆け足な一日でした。

新種の花のコーナーでは当然ながら目新しい花が美しく展示されていました。トップの写真はコリウス。葉のつき方がとても特徴的です。もこもこっと増えそうです。トルコキキョウも白の’ハピネスホワイト’とグリーンかかった白’ロザリオグリーン’(英語の表記ではChaconne Green?)、どちらも大きくフリンジも素敵な見栄えするリシアンサスです。これから活躍するシクラメンに新種です。今までもとても改良が進められていた分野ですが、沢山の花びらが重なって咲く姿はとてもかわいらしくはしばし足が止まってしまったほどです。早く市場に出ないかと一人ワクワクしてしまいました!デルフィニウムのアンニュイな色は優しくバーベナはバイカラーで鮮やかでした。このコーナーは何時間いても飽きないです。

ビクトリーブーケコンテスト Medalist bouquet contest

6th place Medalist bouquet competition in Tokyo 5th place Medalist bouquet competition in Tokyo
8月1日から3日間、東京お台場ヴィーナスフォートでオリンピックの表彰式に用いるビクトリーブーケのデザインコンペが開催されました。この企画は ”夏を爽やかに!スポーツ&フラワーフェスタ”というタイトルで臨海副都心「花と緑」のイベント実行委員会により、2020年東京オリンピック・パラリンピックへの気運の盛り上げ、日本の花き園芸技術による夏花壇の展示や、スポーツの普及・振興を融合させた参加型イベントとの事です。直前になり生徒さんの参加で知らされました。本当に直前エントリーにも関わらず入賞されました。立川伊勢丹 生花店勤務の柳井さんと同僚の方、おめでとうございます。

コンペの審査基準は以下の通り。
 ☆デザインの独創性
 ☆テクニック
 ☆花材の選択
 ☆完成度
1st place Medalist bouquet competition in Tokyo 金賞受賞作品
2020年の真夏にあるオリンピックを想定してこの時期のコンペはよい練習だったと思います。トップで入賞した作品は当然のごとく細部まできちんと気配りができており安定した作品でした。丁寧でよい仕事が高評価だったと思います。

International Lonely Bouquet Day お花のプロモーション

International Lonely Bouquet Day The lonely bouquet by Flower Design of Britain Tokyo
昨年より花に関する世界的な活動があります。目的は花を愛で楽しみましょうという所です。
活動は年に一度決まった日にフローリストやデザイナーあるいは花の生産者さんもしくは庭で花を育てている園芸家などがそれぞれオリジナルの花束を作り、どこかに置いて通りかかった方にお持ち帰りいただくという方法です。ブーケにはメッセージカードを添え、イベントの事や自分の店の事なども書き入れられます。もしブーケを拾い上げてくれる現場に居合わせたらきっと手にした方の笑顔を見る事ができると思います。綺麗と思いしばし足を留め花の魅力にうっとりしたり、ラッキーと思いにやけていたり、目を細めて喜んだり....人の表情は様々。拾った方がその瞬間だけでも幸せを感じてくれる事ができたらプロジェクトは成功です。2014年は6月29日でした。小さなブーケの贈り物で人の笑顔を引き出す事ができるなら、作り手もたいへんハッピーです。2014年は6月29日がこのLonely bouquet dayでした。この活動のホームページではブーケをおいた場所、もしくはピックアップした場所を、自由にピンナップすることができます。頂いた方からのメッセージなども投稿されコミュニケーションの場となりなかなか楽しいです。

たとえ一本の花であっても人の心をなごます事ができると思います。とても素敵な企画ですね。2015年は6月28日です。
The Lonely Bouquet

The lonely bouquet by Flower Design of Britain Tokyo
こんなふうに事務所の前の道路に置いてみました。

ハーブを使った初夏のシュトラウス

Summer bouquet with herbs
6月21日世田谷にて、市場仲卸の前のエリアの定温荷捌き施設の完成のイベントがありました。売りに出す切り花を一定温で保つ品質管理はとても重要な事で、植物も人間も快適です。しかし市場設計の段階でこの仕組みはあるべきだと思いました。

イベント会場ではミュージックライブあり、フードコートあり、オランダのマイスターと日本人のデザイナーのコラボでユリのプロモーションのライブデモなどが催されました。各店舗の前ではワークショッがが開催され、その一つにドイツでマイスター(マスター)を取得なさった橋口氏のクラスに参加してきました。クラスのテーマは「ハーブを使った自然的な花束」。ハーブは優しく爽やかに香り、リラックスもたらせてくれる植物で、梅雨の今時にぴったりな花材だと思います。フローリストとしての面から捉えた花束に関するレジメが用意されていました。クラスの前に目を通し今一度ポイントの再確認。マイスターによる花材や作る時の注意ポイントなどの説明を受け実習。ブーケは水平180度展開、側面は360度どの角度からみても美しく作らなければなりません。一人一人にクリティークの時間を設け順々にアドバイスをなさる姿はマイスターとしての品格があり、素晴らしいオーラを感じました。私へのアドバイスはタイイングポイントが楕円になっているとの事でした。マイスターに手直していただいた時のニュートラルな感覚は大変勉強になりました。普段私がクラスで紹介するのはカッチリとしたブリテッシュスタイルですが、草原をそのまま切り取ってきたようなブーケは家人にも大変好評でした。

FDBも秋にまたヨーロピアンクラスを開催します。ブラッシュアップやトレンドキャッチにお出かけ下さい。
2013年Europe class

花材
Clematis 'White Jewel' 3
Sp Rosa 'Éclair' 3
Hydrangea arborescens 'Annabelle' 3
Alchemilla mollis robster 4
Pelargonium (Scented Geranium) 4
Mentha x piperita L (Peppermint) 5
Rosmarinus officinalis L. (Rosemary) 3

世界らん展 International Orchid Festival 2014 フラワーデザインコンペ編 Part2 ブーケ

世界らん展 ブーケ
世界らん展 ブーケ 世界らん展 ブーケ 世界らん展 ブーケ
ブーケのカテゴリーではデコラティブで華やかな作品が並びます。デザイナーコードやビーズなどが贅沢に使われ、豪華にデコレーションが施されていました。和紙を重ねたり、手鞠のきらびやかな絹糸の装飾も日本ならではのアイテムで楽しく拝見しています。時折作品を見ながらふと感じる事があります。重たいブーケは長い間持つことは難しいですね。オーバーサイズも苦しく感じます。コンペではありますがブーケは持って歩ける事が必須項目。どうも自分自身がどこかにバランスを求めているようです。一方惜しかった作品もあります。ビーズのみのベースにランの花がリズミカルに配置されていました。シンプルで美しいこのブーケ、私は大変気に入った一点でした。しかしながらハンドルが目をとらえてしまいました。グリーンのドレスに合わせる設定だったのかと色々と思いを巡らせましたが、やはり使われている資材があまりにもこのブーケのイメージから外れていました。

話変わりますが、ソチのオリンピックメダリストブーケに使われている花はマム、紫色はチースかな?ロシアは著名なフラワーデザイナーが多数いる国なのですが無造作に束ねられたブーケを見ると非常に残念に思えました。東京の時はぜひ華やかに!

世界らん展 International Orchid Festival 2014 フラワーデザインコンペ編 Part1

世界らん展 フラワーデザイン 会場
ここ数年楽しみにしているのがフラワーデザイン部門でのコンペティション。蘭展ですのでランの花を使ったブーケやディスプレーが並びます。海外コンペの作風とも違い、日本人の感性でアプローチする作品は作業も細かく繊細さを持ち合わせており、いつも心ときめくものがあります。人が感銘する作品を作れる人は素晴らしいですね。今年も引き寄せられる作品がありました。長くなりますので2回に分けます。
世界らん展 フラワーデザイン会場 コンテンポラリー作品 世界らん展 フラワーデザイン会場 サークル作品 世界らん展 フラワーデザイン会場 コントラスト作品
エコ思考が流行し、フラワーデザインの世界でも塗らない木をフレームとして使う機会が多くなりました。こちらの作品はナチュラルな木目の板を水車のように
組み合わせ、やはりナチュラルウッドのフレームに組み込ませてあります。くりぬいた部分もきちんと作品に収めている所など、無駄がなく私が気に入った理由でもあります。材料をすべて見せる。重くなく、ビジュアルにもフィジカルにもバランスがよい。大変美しい仕上がりでした。四角いフレームにサークルを入れ込んだモダン構成、昨年のチェルシーのフラワーデザインのコンペはサークルがテーマ。トレンド作品で裏もしっかり処理されており美しく仕上がっていました。安定は安心です。赤い毛糸を使った作品も印象的。こちらは冬をプロデュース。見る側に迷いを感じさせません。白と黒のモノクロの世界に赤のアクセント、そして大切なオーキットを一輪。ワックス処理がしてありますのでどんなコンディションでも耐えられます。コントラストが非常に美し作品だと思いました。

世界らん展 International Orchid Festival 2014

世界らん展グランプリ作品 Epi. atacazoicum 'Mt. Iizuna' エピデンドラム アタカゾイカム'マウントイイズナ’ 長野県 栗野原潤さん出展
青い胡蝶蘭 青い胡蝶蘭の生みの親 Phal. 'wedding promenade'ファレノ 'ウエディングプロムナード'
2月15日東京ドームで開催の世界らん展へ出かけてきました。2週間続けて週末に大雪となり交通もかなり不定期でしたが、膝下まである長靴を履き頑張って出かけてきました。会場は予想以上に空いており蘭の花の優しくたおやかな香りに包まれゆったりと閲覧できました。今回のお目当ては青いファレノプシス。ブルーのバラが発表された時はいささか期待はずれな感があったのですが、今回のブルーは鮮やかで美しい青。青い色素はツユクサから取り出された青い花を咲かせる遺伝子を取り込んでいる(もしくは組み換えている)との事で、開発に10年の歳月を費やしたそうです。青い胡蝶蘭、生みの親は赤紫色の中輪ファレノ'ウエディングプロムナード' 美しいですね。花の色としてはいささか見慣れない青ですが、どこかエレガントさが漂うのは蘭の花の特権でしょうか。交配により人工的に作られた花ではありますが、神秘的という言葉がぴったりなような気がします。

コンテンツの配信