イベント

ワークショップ、海外花留学、海外イベント

世界らん展 International Orchid Festival 2014

世界らん展グランプリ作品 Epi. atacazoicum 'Mt. Iizuna' エピデンドラム アタカゾイカム'マウントイイズナ’ 長野県 栗野原潤さん出展
青い胡蝶蘭 青い胡蝶蘭の生みの親 Phal. 'wedding promenade'ファレノ 'ウエディングプロムナード'
2月15日東京ドームで開催の世界らん展へ出かけてきました。2週間続けて週末に大雪となり交通もかなり不定期でしたが、膝下まである長靴を履き頑張って出かけてきました。会場は予想以上に空いており蘭の花の優しくたおやかな香りに包まれゆったりと閲覧できました。今回のお目当ては青いファレノプシス。ブルーのバラが発表された時はいささか期待はずれな感があったのですが、今回のブルーは鮮やかで美しい青。青い色素はツユクサから取り出された青い花を咲かせる遺伝子を取り込んでいる(もしくは組み換えている)との事で、開発に10年の歳月を費やしたそうです。青い胡蝶蘭、生みの親は赤紫色の中輪ファレノ'ウエディングプロムナード' 美しいですね。花の色としてはいささか見慣れない青ですが、どこかエレガントさが漂うのは蘭の花の特権でしょうか。交配により人工的に作られた花ではありますが、神秘的という言葉がぴったりなような気がします。

フラワーエクスポ IFEX2013

闇の中で光るエケベリア
幕張メッセで開催中の展示会へ出かけてきました。懐かしい方とお会いしたり新しいものを見たり。規模が小さくなっていた分ゆっくりと見て回る事ができ楽しんで参りました。

ベンケイソウ科エケベリア
アンコーポレーションさんのブースで、闇の中で光る植物ーベンケイソウ科エケベリアのデモがありました。置いてあった植物を暗箱へ移動。目に鮮やかなグリーンの蛍光色が放たれ、思わずびっくり。あまりにもの驚きで持続時間や植物の成長具合など突っ込んだ質問を忘れてしまった位でした。一目で話題をつかめるアイテムです。また同じブースでドイツのメーカーのリーフシャインの取扱開始の情報をキャッチ。ヨーロッパの花屋では当たり前に使っている便利ものです。ヨーロピアンデザインでは葉も花と同じくらいに大切なデザインエレメント。葉の表面に光沢を出し瞬時に商品価値を上げるものです。フラワーショップにはユーロカット(バラのトゲ取りと同じくらいお勧めです。

黒いリボン ストライプリボン ベロアリボン

ロイヤルアスコット 今年のお帽子

ロイヤルアスコット競馬場。毎年同じ話題で恐縮ですが、やっぱりエレガントな世界でどうしても着目してしまいます。今年2013年のレースはクィーンの所有する馬が優勝との事。クィーンのお召になるお帽子のオッズまで登場です。そろそろイギリスも夏モード。実は例年より気温は低めなのですが競馬場はレースがデッドヒート。馬もさることながら観戦している方を拝見するのも楽しそうです!!
お帽子に付けられたお花の使い方や何かテーマのあるお帽子、イギリス人のユーモアも垣間見れますね。

100年の歴史 英国チェルシーフラワーショー

このフラワーショーは1862からRHS Great Spring Showとして開催され、現在のチェルシーでの開催は1913年からだそうです。2013年はチェルシーでの開催100回記念という事もありノスタルジックな写真などが展示されていたようです。そしてフローリストコンペでも過去流行したインテリアなどを取り入れたディスプレーもまたよき時代の回顧録のようでアイディアは斬新です。個人フローリストのテーマはサークル。コンペの結果はRHSのページにあります。ディスプレー部門の優勝はインターフローラ。こちらの団体は無敵のようです。コンペの写真はインターフローラ世界大会代表のNeilさんの ページをリンクさせていただきました。

さて本日、小笠原の兄島に外来種のトカゲが発見され「非常事態」宣言が出されました。小笠原は大陸と陸続きとなった形跡がなく独自の進化を遂げている
植物、動物たちがいるとの事です。繁殖力の強い外来種によりそのバランスのとれた美しい自然形態が侵される危機です。実はチェルシーフラワーショーにも同様の
特設展示会場がありました。ナショナルトラストが発信する在来植物が受ける外来植物や動物の影響のメッセージです。
国はどこでもその地域独特の文化、自然などできるだけそのままで次世代への送り物としたい所です。

英国ナショナルトラスト チェルシーフラワーショー ビデオがあります。
最終日のセールの様子です。Rona Wheeldonさんのブログより

ジャパンカップ2013

4月14日(日曜日)、東京ビッグサイトで開催されていたフラワードリーム内の会場でフローリストのジャパンカップがありました。前日持ち込み作品で20人選抜され、さらに舞台でブーケとアレンジメントのコンペを勝ち抜いた10名によるステージです。細かい作業の繰り返し、費やした時間を考えると参加された皆さんが入賞に値すると思います。選手の皆様お疲れ様でした。

持ち込み作品(本日は順位に関係なく私が好みの作品をピックアップしています)
ジャパンカップ2013予選 持ち込み作品 ジャパンカップ2013予選 持ち込み作品

ブーケとアレンジメント
ジャパンカップ2013予選 アレンジメント ジャパンカップ2013予選 ブーケ

ファイナル テーマ "春のときめき"
ジャパンカップ2013 ファイナル開始前

結果
1位 丹羽英之さん 花門フラワーゲート銀座店
2位 伊藤篤さん  長野県飯田市 アプリ
3位 長田太地さん 世田谷区 ユー花園

ジャパンカップ2013 ファイナル 丹羽さん作品 1位入賞 丹羽さん作品

国際女性デー ロシアより愛をこめて

国際女性デー 'International Women's Day' で花を贈り合うのはイタリア(ミモザの日)だけではなくロシアにもその習慣はあります。
花を贈ろう国際女性デー
1917年の2月最後の日曜日(旧暦ジュリアン歴)はロシアにおいて国際女性デー。この日パンと平和を求めてロシアの女性たちの間でのストライキが起こりました。数日後には鎮圧する政府の兵士たちも加わり帝政が崩壊する事となった2月革命です。後に暫定政府により女性の参政権がみとめられました。

現在のロシアは他の国と同様のジョージアン歴となり国際女性デーは3月8日です。この日の早朝、女性が起きる前に男性は花を買いに行くそうです。寒い国でのとても暖かい習慣です。日本にも日常的に花を贈り感謝や愛情を分かち合える日が多数できるとよいです。お花を贈りましょう。一輪の花も心を豊にしてくれます。

ミモザは春の訪れ "FESTA DELLA DONNA" from Italy2009年のブログです

ワックスでプリザーブ加工

ワックスでプリザーブ加工 フラワーデザインのテクニック ワックスでプリザーブ加工 フラワーデザインのテクニック
先日のフラワーデザイン展で目に留まったのは小さなムスカリ。ムスカリは意外にも傷みやすくこのような作品展には不向きと思っておりました。拝見している作品のその場所には、確かにこの愛らしいグレープヒヤシンスでなくてはなりません。作者の方はワックスを使って上手にプリザーブ加工。コーティングされた色とテクスチャーの効果もありとても素敵な仕上がりに。作者様は勉強をしっかりなさり博学多識できっとご経験も豊富な方であろうと想像いたします。積み重ねてきたモノを適所に使えるようになるとますますお仕事も楽しくなります。作者の方へ拍手です。

イギリスのフラワースクールでもワックス加工のレッスンがありました。リンゴやナシ、もちろん葉や花もワックス加工できました。作品の一例です。

世界蘭展 日本大賞2013

フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013
東京ドームで開催中の世界らん展へ出かけてきました。フラワーデザインの展が目的です。オーキットを使ったデリケートな作品の数々はどれも本当に力作。時間をかけて作られた作品は大変美しく目を楽しませてくれます。

フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013 フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013 フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013 フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013

オランダ フロリアード2012 グリーンハウス

植物で覆われたダイニングテーブル 植物で覆われたキッチンエリア アイビーが繁るペンダントライトとキッチンエリア
テラスには石の椅子 おしゃべりを楽しむ2人 植物に覆われた外壁
キッチン、ライト、リビングテーブルすべてグリーンで覆われている所に来ました。部屋の中をこれだけ植物で覆われているのは珍しく部屋にいる方全員が写真を撮っていました。テラスには石でできた大きな椅子があり、グリーンの部屋を眺めながらゆったりとおしゃべりを楽しむ方も。それほど広くない空間ですが植物がもたらすヒーリング効果は大きいようです。この建物は外壁まで植物で覆われていました。ヒートアイランド化されている大都市で利用されるとよいと思います。

オランダ フロリアード2012 カラフルガーデンポット

カラフルガーデンポット
赤いガーデンポット 赤いガーデンポット プラスチックのカラフルガーデンポット 苺の入ったライムグリーンのガーデンポット
裏口から入る爽やかな風に誘われるままに外へ出ると、ウッドテラスが続くスペースとなっています。木陰の部分はひんやりと心地よいエリア。赤い椅子、赤いガーデンポットが並べてあり元気色が気分を高揚させてくれます。プラスチックのガーデンポットはテラコッタと比べると軽く、カラーサークルからそのまま飛び出てきたような原色の色たちは何よりも心を楽しくさせてくれます。そんなアクセントアイテムもしかしてヒットかも!と感じました。日本で売っているかな...
目が釘付けになる赤い椅子 赤で統一されたレスティングエリア

コンテンツの配信