海外

目新しい花 IFTF2016 オランダ

目新しい花 上向きに咲く鉄砲百合 IFTF2016
目立つディスプレーに引き寄せられるように各ブースへお邪魔してきました。新しい花や売れ筋などの展示があります。楽しい発見ありましたよ!

まずは大人気のバラ。ヨーロッパは複色の種類がたくさん流通しています。
複色のバラ オランダフラワーショー 複色のバラ オランダフラワーショー 複色のバラ オランダフラワーショー 複色のバラ オランダフラワーショー
シルバーのラメをあと付けしたものですが、クリスマスやヴァレンタイン・ディに活躍しそうです。

花のディスプレイ IFTF2016 オランダ

IFTF2016 フラワーショーでの花のディスプレイ
フラワーショーでは自社の商品(花)をプロモーションするためブースのディスプレーはどれもデザインが工夫されとても素敵です。見やすかったのはやはりスペースをあけパターン化され整列されている所でした。ほどよくリズムがあり心地よい印象です。商品を沢山持っている企業は多種類を使ったディスプレーが目を惹きました。花をグルーピングで使用するのは強いインパクトが生まれ遠くからでも存在感があります。

スペースを取り、リズムよく並べられたブース
心地よく整列されているディスプレイ フラワーショーでのディスプレイ フラワーショーでのディスプレイ フラワーショーでのディスプレイ

多種類の花でモダンに展示

日本の花 IFTF2016 オランダ

Chrysanthemum 'Autumn'
花のトレード量世界一の規模を持つオランダのアムステルダムで開催されるフラワーショー。家族の出張が重なり早めに帰国しなければならず、イギリスからの移動を含めて3日しかオランダでの滞在時間がありませんでした。IFTF開催中はアールスメアの市場でもフェアがあります。一日目はIFTF、2日目はアールスメアへ行く事にしていました。IFTFの会場では羽を付けたお姉さんのお出迎え。いえいえ、あるメーカーのプロモーションのための方ですが、こんな事ですらうきうき感が沸き上がってきます!
オランダフラワーショー
日本のお花からご紹介しましょう。フラワーショーでディスプレイされる花はたいていとても大きくて立派で頑丈そうです。一方、日本の花は繊細な美しさが売り。この魅力はみなさんも実物を見るとわかると思います。丁寧に作られており国民性を感じました。ある意味ほっと息がつける所です。アレンジメントでも静かで少し引き気味にあしらう部分がありますが、丁度そんな感じです。トップにあるマムは何人もの人が足を止め写真を撮っていました。控えめですがとても魅力的な菊です。
Gentiana 'Hatsukansetsu love' 初冠雪ラブ  日本の花 IFTF

自転車でフラワーショーへ IFTF2016 オランダ

フラワーショーへは自転車で 青空が広がるHoofddorp
FDBヨーロッパクラスが終了しすぐにロンドンからオランダへ移動。今回は会場の近くの個人経営のB&Bへ宿泊。広さも十分、施設もモダンで使いやすく、なによりも親切なオーナーと仲良くなれたのが幸いでした。

エコの先進国オランダの交通手段と言えば自転車です。B&Bのオーナーに自転車を借りフラワーショー会場まで自転車で向かいました。お天気はもちろん晴れ。途中に大きな公園があり大自然を満喫しながらのサイクリング。途中羊の群れを発見。カメラを取り出しているとみんな一斉に私のほうへ向かってきます。そしてなんとズボンのすその匂いを嗅いだり、ジャケットの紐を引っ張ったりといたずらを始めました。こんなに近くで羊にたわむれられたのは初めて。それとも餌を持っていると思われたのでしょうか。大きな羊たちの迫力に負けいそいそと退散。あ~あビックリ珍事件。
オランダで自転車に初挑戦の筆者
こちらへ向かってくる羊の群れ 羊に囲まれ身動きが取れません羊に囲まれ身動きが取れません

再び横置き輸送へ

イギリスのフローリスト専門誌 The Florist よりとても新しい情報です。
世界の花の市場では縦置きのバケツ輸送がメジャーです。切り取られた花は生産者からすでに水の入った状態で市場へ運ばれていますが、ヨーロッパではまた横置での花の輸送が始まりそうです。というのも水を必要としないパッケージが開発され、現在オランダの業者にて採用されています。

これは肉やベーカリー食品などの保存に採用されていた仕組み。空気を抜くことにより食品の鮮度を保つというものです。植物も空気を抜き眠った状態に保つのだと思います。このパッケージはActive Modified Atmospheric Packaging (AMAP)と呼ばれ、開発はPerfoTecによるもの。花は呼吸により水分がでて細菌が発生しやく、他の食品よりも開発が難しかったとの事。マンゴーの鮮度輸送に取り組んでいたインド最大のパッケージ会社UflexではPerfoTecnoシステムに着目。共同開発にて'Flexfresh’という地中分解可能なフィルムを発表。花は酸素をとりいれられ、一方で水分を蒸発させられるという画期的なもの。これにより花を乾燥したよい状態に保てる。

このFlexfreshは花をスリーブに入れたまま利用でき、5日は水がなくても大丈夫。顧客の手元に渡ってからは7日間は楽しめるというお墨付き。すでにオランダの通販会社BloomPostではこの形式により花の宅配を開始。膨大なコスト削減につながるとの事。何よりもよい事は、顧客が受け取ったときの状態を心配しなくてよい事だとも。今後は農家から市場へ。そして各店舗へ配送へも広がってゆく見込みと。

バケツが消える日ももうすぐかもしれないですね。

Ref: The florist Co. Uk 'water-free-flower-delivery-on-the-horizon'

チューリップの日 National Tulip Day Holland

チューリップのアレンジメント
オランダではチューリップの日 'National Tulip Day'というのがある事をつい最近知りました。2016年は1月16日土曜日。
アムステルダムのダム広場に生産者がチューリップガーデンを作り、訪れた人に無料でチューリップハンティングを楽しんでいただくというものです。お花のプロモーションの為ですがスケールが大きいですね。一番寒さが厳しい季節、ぽわ~んと揺れるチューリップの花に囲まれれば、なんとなく心は春に向いてゆくような気がします。詳細はオランダ観光局で。

チューリップについてのおさらいです。
学名Tulipa 
英語名Tulip
ユリ科の球根植物
原産 中央アジア山地 (カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、アフガニスタンからパキスタン北部、タジキスタンのパミール高原など)
名前はトルコ語のテュルバン(ターバン)に由来。花がヨーロッパに渡る時に通訳が花の形はターバンに似ていると説明した事から、花の名前と誤解されて伝わったものとされているようです。咲き方の色々はこちらのブログで。アネモネのお花のブーケの時にご紹介しましたが、チューリップは切り花にしても成長を続けます。成長過程でフラフラとポジションも動きます。それもまたこの花の魅力だと思いますが注意が必要です。

チューリップのアレンジメントは、上記の理由でちょっと敬遠していましたが、新年を迎え久々に頑張ってみようとエネルギーが湧いてきました!1月16日東京事務所でもチューリップ祭りにしようと思います。お越しになりたい方、日高までご連絡を!!
info @ fdb.jp (スペースは詰めて下さい)

セリの裏舞台 オランダの花市場

オランダのアールスメアでは毎日、世界中から花が集まりクロックで競り落とされ振り分けられます。箱詰めされた花たちをセリに出す準備をする過程の記事がありました。

Optimal connectionという輸入花の箱の開梱作業を専門に扱う会社がアールスメアの市場内にあります。この会社では主にケニアからのバラ、イスラエル、エチオピアからの花を取り扱っています。スキポールから作業場へ送られてくる箱から花を出し、長さを整えバケツに立てる作業です。大きなバラなどはフインガーラインという特別な機械を使い吊るしながら長さをきっちりと合わせてまとめあげるそうです。写真を見てあの素晴らしく整った花の束の秘密が今わかりました!花は切りそろえられた後、スリーブと言われるラッピングに通されバケツにセットされます。このスリーブはデザインも多様、でもお値段も多様で企業の悩み所でもあるそうです。12台ある作業台、忙しいピークはバレンタイン・ディーで一日20時間フル稼働です。

品質管理では人間の目が欠かせません。この会社ではまず花が到着して箱から出された時にチェック。灰色カビ病などによる花のダメージを確認し、花の長持ち検査も行うとの事。そして花をバケツにセットしセリ用のトローリーに載せる時にももう一度チェックが入るそうです。ダメージがあればただちに生産者に連絡し、改善を協議します。当然ですね。アールスメアでは規模も金額も違います。

他の市場へも移動
アールスメアでの競争が厳しい場合はすぐに他の市場へのシフトを考えるそうです。隣の国のドイツからも引き合いがあるようです。毎日のレートを見ながらの作業、瞬時の判断は緊張の連続だと思います。それにしてもオンラインでの取引、他の競り市への素早いシフトでより多くの利益確保を現実のものとしているようです。

オークションを利用する多くの生産者の競争はますます厳しく、花の量が多すぎる場合は価格も下落。より多くの生産者が経営を続けることにより開梱サービスの利用をしていただけるのが望ましい限り。市場の動きを知り時には時にはじっくりと見極めが必要との事です。ビジネスは大きくなればなるほど慎重なプランニングが必要ですね。ブレーキとアクセル加減、その道のプロでも難しいようです。

Floral Daily Netherlands-How-flowers-are-being-unpacked,-prepared-for-the-auction より

-------

フラワーアレンジメント タイ パタヤでお花のレッスン

師匠の住むパタヤへは私もちょこちょこと出かける機会があります。3月はタイでは一番暑くなかなかお花にも過酷な時期です。デルフィニウムやスズランなど冷涼な気温を好む植物は高価で花もちもよくありません。郷に入れば郷に従えで南国生まれのお花を使うのがベストなようです。今年初めてバンコックのフラワーマーケットへ連れて行っていただき、蘭の花の量の多さに圧倒され、南国特有の美しい葉も沢山見られました。手の器用なタイ民族は花ビラを組み合わせカラフルで幻想的な装飾を作ります。いつか簡単なデコレーションの作り方を教えていただきたいと思います。人々はのんびりした性格、歩くのもゆっくり、話すのもゆったり、皆さん陽気でフレンドリーで優しくとても温和です。パタヤでは静かに時間が過ぎるように感じ、1週間もいるとその環境に慣れてしまい日本のスピードがちょっと怖いくらい。そんな異国でのレッスンは雑念が入らず集中力も上がります。イギリスのお花のスタジオとは違いすべてがそろっている訳ではありません。資材が無い時は無いなりに考え他の物で代用してゆきます。その時は不自由を感じましたが、今思えば眠りかかっていた頭のよい活性化になったのではないかと思います。帰国後すぐにまた行きたくなる。毎回不思議に感じる所です。

撮り溜めた写真があります。せっかくですから少しご紹介させて下さい。
ホームステイ先での朝食
朝ごはんはしっかりと!先生宅へホームステイさせてもらいました。日本からはるばる整体師さんが来ますのでこの朝は豪華版でおもてなし!
花のレッスンが終わるとお食事です。タイ料理はおいしいです
美味しいものは師匠に従え!彼の行く場所は大抵おいしいものがあります。いつも迷わず着いて行きます。タイ料理は甘い、辛い、酸っぱいが混じっている刺激的なお味ですが、辛すぎない食事も沢山あります。観光地ですのでフレンチもイタリアンももちろんアジアの食事も楽しめます。行った事はありませんが、日本食はどこにでもです。火の入った料理は野菜も多く取れます。

フラワーデザイン コンペティショントレーニング ペデスタル

フラワーデザイン パタヤクラス ペデスタルアレンジメント
大きな思い違いから始まったアイテムがペデスタルでした。フラワーアレンジメントをイギリスで学び始めた頃、弊校フラワーデザイン・オブ・ブリテンの創設者Rona 先生より学んだのがブリテッシュの基本アレンジメント。三角形で大型の左右対象アレンジメントです。私の中ではそれがペデスタルとしてかなり長い時間留まっていました。ペデスタルの意味を辞書で調べると 台(座) 柱脚 基台 などと出てきます。ペデスタルアレンジメントは台座に置く比較的大型のアレンジメントの事を指し、今ではトラディショナルなあの三角形のアレンジメントを意味するものではないという事が質問をして判明。クラシック音楽を選びましたので、クラシカルなデザインと関連をこじつけてしまいましたが無知であった事はバレバレです。右下のグリーン一本が2日目には枯れてしまい、確認の甘さも露呈してしまいました。プロポーションと動きにマイナス、フィニッシングとテクニカルポイントが大きなマイナスでした。次に繋げましょう。

先生はお料理好き。生徒が花をアレンジしている間にランチを作ってくれます。こんなお洒落なアントレもしばしば登場。先生のお宅での毎日の食事、実はとても楽しみです。デザートはマンゴーともち米のココナツミルクかけ。タイのマンゴーは完熟でその甘さは格段の差で美味しく、私は毎回訪れる度にかならず頂きます。マンゴーはウルシ科の植物です。とても美味しいのですが合わない方もいらっしゃいますのであまり急激に食べないように!そしてココナッツも食べ過ぎはよくありませんのでご注意下さい。
小エビのカクテル 小エビのカクテル
マンゴーともち米のデザート

---------
6月27日からヨーロッパクラスをイギリスの学校で開催します。レッスンが終了したらそのままハンプトンコートのフラワーショーへ出かけます。

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス 2014年 ご案内

2014年10月29日より4日間、イギリスのWeston-super-Mareにて、毎年恒例のヨーロッパクラスを開催します。もちろん現役フローリスト、フリーランスデザイナー、先生たちのご参加もあり、なかなか毎年楽しいクラスとなっています。

今年は葬儀用のデザインの勉強を前半2日間入れます。諸外国のフュネラルデザインは華やかで美しいものが多いですね。また近年では非常にミニマリステックにまとまったデザインもよく見られます。イギリスでの葬儀用の代表的な作品はダブルエンドにシングルエンドスプレー、バスケットアレンジメント、リース、キャスケットカバなど、日本でもお馴染みのデザインばかりです。ダブルエンドスプレーやキャスケットカバーはテーブルデザインのホリゾンタルもしくはダイアモンドシェイプ、バスケットアレンジメントはギフトアレンジメントの代表的アイテム、リースに至ってはクリスマスやサマーリースなどデザインも幅広く大変応用が利くアイテムです。これらは基本テクニックが沢山詰まった重要な項目です。レッスンではチェックポイントを再確認しながら作品作りをしてゆきたいと思います。

3日目はファッショントレンドのストール。Flowers to wear と言う事で数年前からいろいろ流行中です。4日目は植物のギャザリング - 植物も内容もいろいろ詰め込みますが、Let's enjoy!

FDBヨーロッパクラス 2014年
FDBヨーロッパクラス 2014年

コンテンツの配信