ヨーロピアン

ヨーロッパクラス2013 無事終了

Barbara Shakespeare teaches floral design Hazel Lines demonstrates at the FDB Europe class 2013
ウェストン・スーパー・メアのスクールで開催されていたヨーロッパクラスが無事終了いたしました。期間中の忙しい中、写真やメールをお送りいただきありがとうございます。ゆらゆら動くハンギングデコレーションはフレームとコンテンツのバランス方法の勉強になり、給水の仕組みもお分かりいただけたと思います。葉を使ったデザインは非常にパワフルで植物の生命があふれる作品でした。また今年お招きしたデザイナーのHazelさんのブーケはアルミニウムのカラーワイヤーやカラフルで使いやすい資材を用いたフレームにパラレルにブーケを組み上げるエッジの効いた作品となりました。どの先生もパーソナリティあふれる作品を紹介して下さり、写真を拝見しているだけでも他校との違いがはっきりとわかります。相変わらずジョークが飛び交い笑い一杯の楽しいクラスでした。3人のマスター生徒たちの作品も個性あふれるものとなったに違い有りません。今回日高は出かけられませんでしたが、参加なさった生徒さんのコメントを載せさせていただきます。

----------
楽しかったです。みなさん、それぞれ個性的です。ラフィアの平べったいものはまだ日本にはないですよね。

今日も一日張り切って行って参ります。

二日目も有意義な一日でした。有難うございました。おやすみなさい。

新しい言葉。エンジニアリング。フォーリッジ用のグルーは新製品。品質は50%くらい。

フォーリッジのみのデザイン。色々なワークを施して行きますが、それをエンジニアリングとよびます。よーくみると中央の多肉植物に別の葉を挿入しています。

おやすみなさい!

Things are ok our girls seem to be enjoying their new studies and today we have a new tutor who is going down very well. Lots of laughter and things with a difference.

FDB ヨーロッパクラス2013

FDB秋のヨーロッパクラス2013
10月30日ー11月2日
11月3日 サマーセットエリアへアウティング 

”フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2013”フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2013

受付を開始いたします。

FDBロンドンクラス最終日 パンドラの箱

教室に入るとそれぞれの机には箱が置いてありました。本日はパンドラボックスの日。当然中に何が入っているかは内緒です。
ルールを簡単に説明しましょう。箱の中に入っている資材、バケツに用意された植物はダメージしている物以外は全て使う事。持ち点は100点。 もし何か入れたくないアイテムがあり外してしまった場合はマイナス5点。花を残した場合もマイナス。アイディアが浮かばず先生へのアドバイスを求めた場合も点数と交換。違う資材を使いたい場合は先生の所から点数で購入。約2.5時間。自分の作品が終わりに近づきふと教室を見回した時、先生と目を見合わせた位皆さんもよい作品が出来ていました。特に続けて参加なさっている方は、見て考えるトレーニングができてきたようで高いスコアで終了なさっていました。
Flower Design of Britain London class 2011, Pandora Box Day Flower Design of Britain London class 2011, Pandora Box Day

予定外でしたがAndreas Verheijin氏が授業最後までご一緒して下さり、校長とともに一人ひとりに評価とアドバイスをしてくれました。本来ならば雲の上に住むような方。こんなに長い時間私たちの為に滞在していただき非常に光栄でした。

An floral arrnagement - Recycle of materials
Barbara先生の写真はエコロジーアレンジメントです。私たちが使った花のリサイクル。茎が短くても与えられた花材でなんでもできるというデモでした。見事なアレンジメントに出来上がりました。こちらは参加者の一人メアリーさんがお持ち帰りでした(笑)。

FDBロンドンクラス 3日目 Andreas Verheijin氏 ウエディングブーケ

朝一番、校長のBarbara先生によりAndreas Verheijin氏のご紹介がありました。
彼のキャリアーは今年のロンドンクラスのページに載せておりますのでご参照ください。
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011 Andreas Verheijin氏 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011 ウエディングブーケ

本日のテーマはブーケ ステップ・バイ・ステップで構成された非常に丁寧なレッスン。フレームの作り方、花にの処理、ワイヤー掛けからテーピングの仕方までディテールまできちんと説明をして下さいました。プロのちょっとした仕上げのテクニックなども惜しげもなく披露。拝見しているとやはりトップフローリストの方はお仕事の仕上がりが素晴らしく、その違いが一目了然です。 お人柄も優しく大変チャーミングな方で、クラスが終了間際には生徒たちに囲まれ写真撮影大会でした! 昨年お呼びしたLynda先生もそうでしたが、Verheijin氏も忙しいスケジュールをやりくりして駆けつけて下さいました。素晴らしいレッスンありがとうございます。
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011 Andreas Verheijin氏

FDBロンドンクラス2011 2日目

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011 今年の資材
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011
本日は校長のBarbara先生と私でそれぞれデモを2つずつ。生徒さんはお好みのデザインにチャレンジしていただくセッションでした。新しい資材を使いフラワーデザインをするとの事。私の手元にも9月頃見慣れない物が送られてきました。でもちょっとなんかどこかで嗅いだ事のある臭いがするんです。海の物です。種を明かすと皆さん爆笑。でも結構気に入っていただいたみたいです。ベルギーからの資材とのことでロンドンの花市場ではまだ見られませんでした。 そのほかの今年の資材、とっても綺麗なカラーのシサル麻ワイヤー、カラーステック、実は去年もあったのですが、発色もよく本当にとてもかわいいんです。フレームがまた流行してきたとの事。早速にフレームを作っていました。私もフレームは大好き。オランダでゲットしてトライしてみようと思います。

校長のテーマはリサイクル、どこがリサイクルかわからないほどの見事なアイディアでした。本当に来てよかったです!

FDBロンドンクラス2011 1日目

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011
ちょっと寒くなりました。お天気も曇り時々雨。でも教室の中では空模様に関係なく皆さんとてもよい雰囲気でスタート。お仕事の関係で東京を深夜便で出発、ロンドンは朝到着直接に、そのままエアポートから駆けつけてくれた方もいらっしゃいます。この情熱は必ずレッスンでお返しします!

本日はGeoffrey先生の授業から始まりました。最初のタイトルはフレームです。そして2作目はリサイクル。マテリアルと光の反射をどう利用するかの楽しい授業でした。いままでは初日から目が回るほど忙しかったのですが回を重ねるごとになれてきたのか、皆さんも少し余裕であったような気がします。

所で最近、使用する花の数に変化があるようです。いつもは奇数で使うという暗黙の御約束事がありましたが、今年からは自由表現という事で特に数は気にしなくてもよいとの事です。これもトレンドなのかしら??

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011

Flower Design of Britain London class 2011
Flower Design of Britain London class 2011
Flower Design of Britain London class 2011

準備が整った様子です。今年からはその日使う花だけを並べる事にしました。資材も多くクラスの間は大変忙しくなかなか
外の花までは目が行き届かないのが現状です。実は昨年ストックしていた花の盗難がありました。どんな時にも注意は必要です。
FDBロンドンクラス2011年始まりです。

コンテンツの配信