フラワーマーケット

ブリティシュ・フラワー・ウィーク 2017

イギリス ブリテッシュ フラワー ウィーク
6月19日から25日までの1週間、イギリスでは英国産の花の大プロモーションが始まります。今年はロンドンのニューコベントガーデンフラワーマーケットのリニューアルオープンもあり、ことさら声を大にした運動が年初より聞こえてきました。国内の花屋と消費者たちにもしっかりと浸透させるべく方法だと感じました。

まず地産地消がなによりで国内産の花を利用を促しています。イギリスはオランダがとても近く多くの花がオランダから輸入されています。実際学校の花もオランダからトラックで直接運ばれてきていました。市場へ行く必要はなくもう何年も前からのオンラインでの取引です。オランダは合理主義。商売も上手で、いかにして花屋が便利に利用できるかをいち早く考えシステムが確立してゆきました。イギリスの農家たちは低迷し当然ながら危機感を抱えていました。状況を打開するために始まったブリテッシュ・フラワー・ウィーク。イギリスの花の組織が一体となって進めている運動で、2013年から始まり年を重ねる事にますます浸透してきたように感じます。

地産地消のメリットは、なんといっても移動の時間がミニマムで花が長持ちする事です。そして香も強いとの事。ハイシーズンとなれば質が向上でもお手頃価格に収まってくる。イギリスの生産者のサポートとなり野生植物や固有種の存続につながる。何よりもお客様たちは自国の花を好みます!花を贈られるとたいていの人は笑顔に。ましてイギリス産との事で、どこ?という会話にもなってゆきます。

ロンドン ニューコベントガーデン 2016春トレンド

ロンドン ニューコベントガーデン フラワーマーケット
イースターを直前にしたロンドン ニューコベントガーデンのレポートです。
無論この時期は水仙、ムスカリ、ラナンキュラスに勿忘草と春を代表する花が並びますが、今年はちょっとトレンドに新しい動きがあるようです。水仙と言えば黄色でしたが、白も人気、ムスカリも色に変化のあるもの、ラナンキュラスはちょっとクラシカルなポロンとした丸みが好まれウエディングによく使われるそうです。一方Cappuccinoのように変わった花びらのラナンも人気。

イースター用にはやはり水仙がダントツ人気。イースターの花である白い鉄砲ユリもマーケットでは目にする花。枝モノはモクレン、サクラ、芽のついた柳が人気で、これらは最近の質感の違いに敏感なフローリストたちに人気の商品とか。

東京もマーケットも冬の間じっと成長し続けていた花たちがパワフルに咲き誇り、市場はカラフルでとても素敵です!
英国フラワースクール、来月に新学期が始まります。
世田谷フラワーマーケット 春の花の入荷
アルストロメリア 'プレシャス'新しい品種だと思います。プレシャス!!値段もプレシャスですが本当に目を惹きました!
世田谷フラワーマーケット 春の花の入荷""冬の間エネルギーをためていた日本のバラもそろそろ並びだしました。生産者によるプロモーションです。

ref:floradaily より

セリの裏舞台 オランダの花市場

オランダのアールスメアでは毎日、世界中から花が集まりクロックで競り落とされ振り分けられます。箱詰めされた花たちをセリに出す準備をする過程の記事がありました。

Optimal connectionという輸入花の箱の開梱作業を専門に扱う会社がアールスメアの市場内にあります。この会社では主にケニアからのバラ、イスラエル、エチオピアからの花を取り扱っています。スキポールから作業場へ送られてくる箱から花を出し、長さを整えバケツに立てる作業です。大きなバラなどはフインガーラインという特別な機械を使い吊るしながら長さをきっちりと合わせてまとめあげるそうです。写真を見てあの素晴らしく整った花の束の秘密が今わかりました!花は切りそろえられた後、スリーブと言われるラッピングに通されバケツにセットされます。このスリーブはデザインも多様、でもお値段も多様で企業の悩み所でもあるそうです。12台ある作業台、忙しいピークはバレンタイン・ディーで一日20時間フル稼働です。

品質管理では人間の目が欠かせません。この会社ではまず花が到着して箱から出された時にチェック。灰色カビ病などによる花のダメージを確認し、花の長持ち検査も行うとの事。そして花をバケツにセットしセリ用のトローリーに載せる時にももう一度チェックが入るそうです。ダメージがあればただちに生産者に連絡し、改善を協議します。当然ですね。アールスメアでは規模も金額も違います。

他の市場へも移動
アールスメアでの競争が厳しい場合はすぐに他の市場へのシフトを考えるそうです。隣の国のドイツからも引き合いがあるようです。毎日のレートを見ながらの作業、瞬時の判断は緊張の連続だと思います。それにしてもオンラインでの取引、他の競り市への素早いシフトでより多くの利益確保を現実のものとしているようです。

オークションを利用する多くの生産者の競争はますます厳しく、花の量が多すぎる場合は価格も下落。より多くの生産者が経営を続けることにより開梱サービスの利用をしていただけるのが望ましい限り。市場の動きを知り時には時にはじっくりと見極めが必要との事です。ビジネスは大きくなればなるほど慎重なプランニングが必要ですね。ブレーキとアクセル加減、その道のプロでも難しいようです。

Floral Daily Netherlands-How-flowers-are-being-unpacked,-prepared-for-the-auction より

-------

バンコック フラワーマーケット パーククローン市場 Pak Klong Market

バンコックフラワーマーケット
微笑みの国タイバンコックのフラワーマーケットへ連れて行ってもらいました。24時間営業、ただし月曜日は市場を一斉にクリーンアップの日でお休み。夕刻から花が入荷し出し、花もお客さんもピークが午前一時。この営業時間は熱帯地方ですのでごもっともなのですが、日本から出向く方へはちょっときつい時間。現地時間の早朝3時頃でしたら日本の5時、普段仕入を市場でなさっている方でしたらいつものお時間です。
花の入荷は夕刻から バンコックフラワーマーケット 市場の通路は2mあれば広い方

ニューコヴェントガーデン ロンドン花市場

月曜日にロンドンへ到着。お天気も最高によく火曜日の朝にはNew Covent Gardenまで出かけてきました。時差ぼけバッチリということで夜中に目が覚めてしまいまい、マーケットの時間に余裕で間に合いました。花はしっかりとしていて質もよく毎回うらやましく感じます。もう春の球根植物が並んでいました。でもチューリップやアネモネなどこちらの方たちも早すぎると感じているようです。やはり花と野菜は旬のモノが一番です。秋色のバラも素敵でした。
New Covent Garden London New Covent Garden London
Spring Bulb flowers at the New Covent Garden London Spring Bulb flowers at the New Covent Garden London Rosa in Autumn colour

さて午後からウォームアップです。その前に腹ごしらえ!とりあえずはお決まりのフィッシュ&チップスいただきます。
Fish and Chips at a pub

オランダ花市場 フローラホーランドは100年記念

フラワーオークション会社のフローラホーランドでは今年の秋生誕100周年を迎え様々なイベントが催されるそうです。
その生い立ちは、ちょうど100年前オランダ花の生産者たちによる小さなカフェのビリヤード台の上での取引が始まりでした。今では一日8000もの生産者が花を持ち込む世界最大のフラワーオークション会社となり、毎日2500の卸業社がオークションのセリで取引をしているそうです。

従業員は4000人。年間1200億本の花が流通し410億ユーロの総取引高でオランダ経済を支える事業柱となっています。もともと地元の生産者たちが立ち上げた企業のため今でも生産者の企業から9社での経営陣を構成し組織を運営しているとの事です。自分たちのための会社として協力体制を整えているわけですからフローラホーランドがこれほどまで大きく飛躍してきた理由はここにあると思います。セリ場で見るクロックの後ろには沢山のブレーンとテクノロジーが詰まっており、それらがますます今後の発展に貢献してゆく事は言うまでもないですね。フローラホーランドの売上の85%は海外への輸出です。ほとんどがヨーロッパですが特に最近では東ヨーロッパへの需要が高まってきています。

FDBではロンドン研修の後、授業参加の方たちとともにオランダを訪れる予定です。今年からHorti Fairは11月1日から4日まで、IFTF(International Floriculture Trade Fair)は11月2日から4日までと同時開催となります。フローラホーランドへも出かける予定でおります。
ロンドンコース 若干のお席ございますのでお申し込み下さい。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
ロンドン花留学 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011

開催日時 2011年10月27日 - 30日(4日間)
場所 ロンドン ハマースミス
費用 680ポンド
** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

ロンドンフラワーマーケット 2010年ピックアップ

New Covent Garden
イギリス滞在中、どうしても足が向いてしまうのが花市場のニューコベントガーデン。スクールの会場からタクシーで約20分。スモーキーな霧が覆う早朝の街ですが、通勤する人たちの姿も見かけられます。オフィス務めをしていた昔の事を思い出してしまう光景でした。マーケットへ一歩踏み入れるとそこは花園。様々なブーケ(花の香)に包まれ、私にとって一番の癒され空間です。もっとも市場ですから決してロマンティクで素敵な所ではないのですが。

では今年の流行りモノピックアップです。
Christmas Balls
まず目に留まったのがクリスマス商品。クリスマスボールの種類がますます多種になっています。オレンジ系、ピンク系、いつもより派手め。
Vegetative Materials Vegetative decoration material
ヴェゲタティブなる自然マテリアル。ナチュラル派にはたまりません!
Fair trade label
地球にやさしい育成方法を記したラベル付きの植物。フェアートレード(生産者が明瞭である)が増えています。

上海フラワーマーケット 上海流花の積み上げ方

packed fatsia Japonica at Shanghai flower market fatsia Japonica in a huge box at Shanghai flower market gerbera, waiting for shipping
大きな箱を2人でゴロンゴロンと転がしています。なにかと思ったらなんとヤツデや菊の花がギュウギュウに詰め込まれていました。あまりにも痛々しげ。ガーベラもどっしりと積み上げ、下の花は重みで痛みます。せっかく咲いたお花、どうして大切に扱わないのでしょう。葉が蒸れで痛んでしまったものなどどっさりと店の前に積み上げてあり、私たちが今まで見学してきた世界の花市場との違いに非常にびっくりした次第です。まだ寒かったので匂いは感じませんでしたが、きっと夏は恐ろしい所ではないかと想像します。

上海フラワーマーケット 曹家渡花市

Caojiadu Flower Market
このマーケットへは資材屋があるとの情報があり、上階への階段を探しましたが自力ではなかなか見つからず、ついに漢字で筆談。聞く方も聞かれる方も、連想ゲームです(笑)。幸いにも英語を話せる親切な方が"Follow me"と案内して下さいました。本当に彼に会わなければ絶対に場所が分からなかったでしょう。

Floral Sundry shop Tiny teddy bears boxes

コンテンツの配信