マスタークラス

FDBヨーロッパクラス2017のお知らせ

フローリストやフラワーデザイナーたちのテクニックと感性を高めるためのレッスンとして、毎年恒例となっているヨーロッパクラス。今年のゲストはチェルシーやクロアチアカップでの優勝経験を持つフローラルスタイリストのローラ・リョング(Laura Leong)さんです。ご自身も現役の競技会出展者であり、細部まで行き届いた作品は誰もが足を止め見入ってしまうほど迫力。花のスタイリストとしての名声を馳せていますが、絵画や造形などのプロフェッショナルでもあるとの事。美術の講師として大学で教鞭をとる事もしばしば。その色使いは固有で独特の雰囲気が作品にあります。

こんな素晴らしい先生を囲んでのレッスン。スタッフである私でさえもわくわく感が止まりません。今年も充実したクラスとなるようチーム一丸となって頑張ります。皆さんのご参加お待ちしております。

2017年ヨーロッパクラス
10月26日 - 29日
参加費 960ポンド
ハマースミス ロンドン
FDB ヨーロッパクラス2017 フラワーデザインマスタークラス

マスタークラス5 ファイナル試験

6月上旬よりマスタクラス レベル5がメインスタジオのWeston-super-Mareで行われています。受講者は2名。そしてもう1名マスタークラスの生徒さんが特別クラスにご参加なさっています。この5のレッスンが終了するといよいよマスタークラス最後の試験です。お呼びしているのがイギリスの国家審査員、そしてもう一方は大学の教授の外部2名による審査が行われます。約1.5ヶ月前から試験の内容が渡され、各々考える時間を与えられます。サブジェクトに対し十分にリサーチをし、内容をしっかり理解をした上での作品を審査官に見せていただきたい思いです。ポートフォリオ審査、筆記と実技の4部構成で、シビアに点数がマークされます。

今年のスケジュールは
1.葬儀用のリース 男性20台中盤 直径60㎝以下が望ましい 作成時間:1時間40分
2. ブライダルデザイン アーティスティクなブライダルブーケ、ただし実用的である事 ブーケを持つ人物像、ドレスなどがブーケからクリアに想像できる事 作成時間:2時間

要求項目はさらに細かく分かれており、当然ながら難易度は高く、今までの勉強した引き出しの中を隅々まで点検されているよう。さて筆記は無事パスとの事。残りの実技、最後まで頑張って下さい。

マスタークラス5 ファイナル試験

タイ パタヤクラス 2013年 Part1 フローティングアレンジメント

フラワーデザイン・オブ・ブリテン パタヤクラス フラワーデザイン・オブ・ブリテン パタヤクラス
教室はプールサイド。時差がないため体は非常に楽です。雨季でないためいつも快晴。心地よい早朝の風が心も体もリフレッシュしてくれます。
当然ながらレッスンの準備はすでに整い生徒を待つばかり。庭には南国の花ヘリコニアが見頃で美しく、プールの青とのコントラストが実に目に鮮やかでした。午前中は課題についてのディスカッション。フローティングの仕掛けや、地元タイでの飾り方の紹介などがありました。このクラスは学ぶ事が多く、後半は時間切れとなってしまうため先生も初日からハイペース。既に水着を着用していらっしゃり、作品ができるや否やプールでセッティングして下さいました。タイの花飾りは葉やハスの花を畳んだり、また香りのする花、鮮やかな花を糸で通して作るガーランドは独特なものです。英国のチェルシーフラワーショーの出展ではいつも素晴らしく何等かの賞を取っているそうです。今回は先生がプリーツ(折り畳み)を施したアレンジメントのベースを用意してくれ、こんなにも身近に触れられた事はとてもラッキーでした。いつかゆっくりとフラワーマーケットを散策しながらローカルの装飾技法を習ってみたいものです。
フラワーデザイン・オブ・ブリテン パタヤクラス フラワーデザイン・オブ・ブリテン パタヤクラス フラワーデザイン・オブ・ブリテン パタヤクラス

タイパタヤでのマスタークラス M4-2013

寒い冬の期間では、イギリスの教室を一時ストップし南国タイのパタヤ市でお花のレッスンをしております。タイは11月から12月は気候が穏やかで大変過ごしやすい環境になります。スワンナプーム国際空港より南へ約1時間半、今ではすっかり道路が整備され快適な旅となりました。今年も1月8日からレッスンをしており、マスタークラスの方々はファイナル試験へ向けてのスペシャルトレーニングを実施しています。今までのレッスンを振り返ると様々な事が思い浮かびます。壁面を使った大きなデザイン、せっかく苦労して作ったのに夜のうちに崩れ落ち次の日にやり直しをさせられたり、デパートの1Fのディスプレーのレッスンではアイディアがなかなかまとまらず個々に苦戦状態、竹、石、釣り糸、金魚、お茶の円盤(海苔かもしれません)、とにかく初めのレッスンでは何でも使う事に驚愕した事を覚えております。今年はどんなクラスになるのでしょうか。生徒さんの報告が待ち遠しい限りです。

さて、昨年2013年はプールサイドのイブニングパーティーがテーマでした。お客様約30名、プール、ゲストテーブル、料理テーブルなどを飾ることがアサインメントです。日本から準備をしアセンブルするだけにしたチームには脱帽ものでした。すばらしく成長した生徒さんたちは本当に私たちの誇りです。

まずは朝ごはん、ホテルではなく先生のお宅にホームステイさせていただきました。移動がないのでとても楽です!
レッスン前の朝ごはん パーツのアセンブリング キャンドルをセット

テーブルセッティングとフラワーデザイン

フォーマルな席のテーブルデコレーション。
その前にテーブルセッティングのセッションまでありました。結婚式一週間前の両家のディナーテーブルを想定して、花嫁、花婿の座る位置、それぞれの両親が座る位置などきちんと教えられました。生粋のブリテッシュの先生にとってはテーブルセッティングなどお手の物。エレガントにスペースを取り非常に綺麗でした。フラワーデザインと同様イギリスの習慣についても学ぶ機会があり、大変ラッキーに思います。
英国フラワースクール マスタークラスのフォーマルテーブルセッティングとフラワーデザイン

部屋とのバランス、テーブルの置く位置まで採点、2回目のデコレーションでやっと合格です。資材やノートなどセッティングされたテーブルに置かないようにと気遣いまで指導。思い出しただけでもディープな日々。私は車のデコレーション時に日焼けしてしまい、暑さでいささかノックアウト気味。プールで夕方クールダウンしました。寒い日本に戻り、レッスンの日がほんの数日前だったなんて嘘みたいです!

写真から

ウエディングブーケ ウエディングブーケ ウエディングブーケ
レッスンのため、ウェディングドレスの写真を持参するようにとの事でした。お気に入りの写真はそれぞれ違う生徒に渡り、そのドレスの為にブーケを作成するとの事です。お客様の選んだドレスにどんなブーケが似合うか、クリアーなアイディアと顧客を納得させるだけの説明ができなければフラワーデザイナーとしての仕事は半人前。せっかくのドレス、時としてアンバランスなブーケはすべてを台無しにしてしまいます。そんな事が起きないようこのクラスのすべての作品は厳しくチェックされます。生徒自身も他国の生徒のアイディア、意見を交換することにより、様々な事を学んでいます。参加者全員アイディアもユニークです!

組み合わせ

アボリジニのウエディングブーケ フラワーデザイン・オブ・ブリテン マスタークラス
現在進行中のマスタークラスレベル3でのクラスでは、思ってもみないものが飛び出しています。
たとえばアボリジニ(オーストラリアの先住民の人たち)のウェディング。

並べられたマテリアルは師匠の作ったブーケホルダー。様々な色の入った布、デザイナーズカラーワイヤー、羽、ドライの豆。ホルダーはちょっとびっくりです。何に使うのかなと何気に気になっていましたがまさかそんな使い方をするとは思ってもみなかったです。(笑)

どこにもないものを作る。これはフラワーデザイナーの基本という事を再認識させられながらサンプル作りを致しました。生徒さんたちは何を選びどのように使うのでしょうか。楽しみです。

2012年の始まりはタイパタヤクラスから

フラワーデザイン・オブ・ブリテン マスタークラス Level 3
2012年1月、お正月すぐ後ですがタイでマスタークラスLevel3が始まっています。*マスタークラスについては前回のブログをご参照ください。昨年は北部からバンコックでは洪水の被害もあり一時心配でしたが幸いパタヤは南に位置するため特に問題はなかったとの事です。到着の日からはとてもよいお天気。家を出るときにはマイナス温度でしたので、授業の前は心も環境もリラックスしています。

Level3のクラスはウエディング。生徒たちにはロイヤルウエディングのプロジェクト2つが課題でした。レポートは完成度も高く、素晴らしい内容。みなさんほぼパーフェクトに近いスコアでクリアです。おめでとうございます!

フラワーデザイン・オブ・ブリテン タイ パタヤクラス 海外フラワーアレンジメント レッスン エアポートからの移動中の写真です。気持ちが高まりますね!
パタヤクラス フラワーデザイン マスターフローリストの資格 海外レッスン 雨が多かったため植物もいささか大きくなっているような気がします。
フラワーデザイン マスターフローリストの資格 海外レッスン 教室のレイアウトが変わっています。今回はテクニカルの実習が多く生徒さんのテーブルをグルーピングしまとめまています。手前側はレスティングエリア。アフタヌーンティーをご一緒したいのですが...たまにはみなさん出てきてください!

コンテンツの配信