展示会

関東東海花の展覧会2020 第69回 気になる花々

斑入りルスカス
写真はルスカスです。国産は八丈島で栽培されています。茎を切り戻し定期的な水替えをすると2ヵ月も長持ちする植物です。長さも十分あるためブーケにそのまま入れたり、アレンジメントでもとても重宝します。今回は斑入りでこんなにもおしゃれなルスカスを発見しました。すぐにでも使いたいと感じました。

カーネーション、バラ、ガーベラ、キンギョソウなどディスプレーは部屋の隅々まで続きます。

カーネーション(ダイアンサス)は複色-花びらの中心と外輪の色が違う物が最近は流行りですが、どれを見ても国産はやはり違います。花の展開が美しいんです!
カーネーションネームカードは撮り忘れです。
カーネーション 'ユカリ' 'ユカリ'
カーネーション 'オーロラオレンジ''オーロラオレンジ'
カーネーション スプレータイプ 'カズキ'スプレータイプ 'カズキ'
カーネーション 'ミモザ'<br />
単色で、明るいオレンジ色。名前は 'ミモザ'

関東東海花の展覧会2020 第69回 オーキットのコーナー

オーキットのコーナーからのピックアップです。実は先月、日本における洋蘭の発展についてのリーサチをしながら勉強していた所です。いつ頃どのように西洋蘭が日本に渡来し、誰によってどのように発展していったかなど、関係者の方のご協力を得ていろいろ知る機会があり、今は熱冷めやらずというタイミングです。100年以上も前から愛され続けている花。交配が進み今でもとどまる事なく進化が進んでいる蘭の世界。会場でもエレガントな姿を楽しんできました。

展示は十分なスペースがとられ一つ一つの花の形がよく見えるように並べられていました。
関東東海花の展覧会2020 オーキットのコーナー

一番背の高いのはエピデンドラム 'アートピンク'。う~ん我が家のはわずか20cm。どうやったらこんなに美しい花が咲くのでしょう!
エピデンドラム 'アートピンク'

オンシジューム 'イオノプシス' ピンクとありましたが、ブルーがとても強く出ています。こんなオンシジュームを見たのは初めてです。奥にあったパンプキン色のオンシも美しかったですが、見とれて写真を撮り忘れたようです。
オンシジューム 'イオノプシス' ピンク

カトレヤ 'チアリン・ニューシティ' 赤 こんなに深い色も初めてです。
カトレヤ 'チアリン・ニューシティ' 赤

奥のほうの表示まではみれませんでしたが、ゴージャスなカトレヤの寄せ植え。XX万?
カトレヤの大鉢

関東東海花の展覧会2020 第69回

毎年行われているこの展示会は切り花、枝物、観葉植物、蘭、シクラメンやガーデンプランツのポットフラワーなど広いジャンルがカバーされており、最新の花や流行などを見る事ができます。フラワーデザインの展示もありヨーロッパの作品とはまた趣の違う、ある意味日本独得の繊細な作品が見られます。今年も池袋サンシャインシティまでタイミングよく出かける事ができました。一昨年は最終日のため時間がなく展示の一部が見れませんでした。今年は手抜かりなくまずレイアウトをチェックしてから見学です。

今回の受賞作品のエリアの花をいくつかご紹介します。

ラナンキュラス 'エムピーチ' 季節的に今が旬のお花です。作品の横にはなぜ受賞したのかがまとめられていました。これは私たちが花を買うときにも参考になりますね。日ごろ私も何事もバランスと思っていますが、茎と花のバランス...とありました。
ラナンキュラス 'エムピーチ' 受賞の解説

バラ 'テナチュール' ゴージャスな花びらで、見るからにボリュームがあり目がゆきます。
バラ 'テナチュール' 受賞の解説

スプレーマム 'セイレミダス' 色が鮮やか、枝分かれが深く使いやすそうです。私たちがレッスンでアレンジメントをするときはたいていスプレー菊は枝から取って使う事が多いです。そんな時、少しでも枝が長いと重宝するんです。ライムグリーンの目(中心部)も爽やかです。元気がこぼれてきそうです。

次世代の花 part4 菊 マム

日本を代表する花の一つである菊、すでにバリエーションは豊かですがまだまだ新しい物が出てきそうです。最近は海外からの輸入も多く一年中入手可能ですが、やはり秋という季節感がとても好きです。

スプレーマム 'モナリザ ピンク'スプレーマム 'モナリザ ピンク'

スプレーマム 'オーロラ'スプレーマム 'オーロラ'

スプレーマム 'ゼナサニー'スプレーマム 'ゼナサニー'

スプレーマム 'バルディカライム'スプレーマム 'バルディカライム'

一輪菊 ポンポン咲き グリーン一輪菊 ポンポン咲き グリーン

スプレーマム ポンポン咲き グリーンスプレーマム ポンポン咲き グリーン

一輪菊 大輪 ポンポン咲き グリーン一輪菊 大輪 ポンポン咲き グリーン

次世代の花 part3 バレンタインデー 国産赤いバラのトレンド

国産 赤いバラ ’ブリランテ’
バレンタインデーがあと一週間と迫るこの頃、英国の花屋では忙しさのピーク。赤いバラは'レッドナオミ'が一番人気。日本の赤のバラは今何が人気なのでしょうか。親しい人や日ごろお世話になっている人、気になる人だけでなくご家族でもいいんです。ぜひフラワーバレンタインして下さい!街中で花束を持った男性、素敵だと思います!

バラ 'サムライ08'
バラ 'サムライ08'
ゆっくりと開花してくれ、花もちもよく頼もしい品種です。

バラ 'アマダ+'
バラ 'アマダ+'
サムライより花びらが多いタイプ。

バラ 'セクシーローズ'バラ 'セクシーローズ'
明るめの赤。鮮やかです。

バラ 'レッドスター'バラ 'レッドスター'
こちらも明るめです。

バラ 'アミリー'バラ 'アミリー'
花びらのそりがぽってりとしていて優しいイメージ

次世代の花 part2 この頃のシクラメン

関東東海 花の展覧会特別展 シクラメン
シクラメンの花は年末にかけ出荷のピークとなり、トローリーに高く積まれ結構な取引量だと思います。いつもどのシクラメンにしようか体が冷えるまで花の前で悩んでしまいます。そんな事もあり今回は暖かい展示会場でシクラメンをじっくりと観察してきました。青紫、柔らかいピンク、白、フリンジのあるもの、複色のものなど、多様化が進みどれも素晴らしい鉢ばかりでした。

シクラメン 'ドリームピンク'<br />
金賞 シクラメン 'ドリームピンク'
イギリスでよく目にしたフュージャのようなピンク色にライトピンクの細かいフリンジ。ご覧の通りラブリーです。

シクラメン
花の美しさに私のテンションが高くなりもう写真を撮るのに夢中。そして名前の記録を忘れてしまいました。青みが強い色でペタルには絞り模様があり、フリンジの部分と中心部が濃く出ているシクラメンです。花の青みは葉にもその特徴が見られます。

シクラメン 'かがり火ソフトピンク'
シクラメン 'かがり火ソフトピンク'こちらもブルーベースでクールな薄ピンク色。花びらのギザギザを見た瞬間、羽子板の羽かと思いました。モミジの葉にも見え、ソフィスティケートな色と容姿から軽さを感じるシクラメンでした。よい鉢は暖かくなっても花が上がってきます。春の優しい陽に照らされれば心も安らぎ浄化されそうです。

シクラメン 'ビクトリア'
シクラメン 'ビクトリア'

次世代の花

次世代の花 関東東海花の展覧会より
花の世界でもハイブリッドのスピードは目覚ましい物があり、種類もバラエティ豊かで、日本語でない花の名前を覚えるのも苦労するこの頃。関東東海・花の展覧会 国産の花の特別展へ出かけこれからの花を探求してきました。

鉢花から切り花への移行、多様なシクラメン、テーマを持たせたディスプィに植物の根ごと使い束ねるブーケ、枝物と季節の花での和の演出、色のグラデーションをうまく取り入れた各地の花のディスプレーなどビジュアルなプレゼンテーションも目を楽しませてくれました。
関東東海花の展覧会 フラワーウォールフラワーウォール
関東東海花の展覧会 枝物を使った和室のディスプレイ枝物を使った和室のディスプレイ
関東東海花の展覧会 カラーグラデーションの美しいディスプレイカラーグラデーションの美しいディスプレイ

受賞作品のコーナーより フラワーデザイナーの観点で自分で使ってみたい思うセレクションです。

マーガレット 'シェリエメール'
真ん中がぷっくりと盛り上る丁子咲きのマーガレット、その中心部の筒形のフロレット(筒状花)でさえ先端が特徴的で色もスウィート!ポットフラワーです。名前はフランス語で最愛の母という意味の 'シェリエメール' だそうです。

マーガレット 木春菊 モクシュンギク Argyranthemum frutescens ''
キク科アルギランセマム属

3人展 2012年6月

英国のフラワースクールを介して知り合った3人。卒業後もワークショップやマスタークラスなどを通し、お互いに学び様々なトピックスを共有してきました。せっかくのつながり、今度は思い切ってアウトプットを試みようと思い6月初旬、目黒川ほとりにて小さな3人展を開く事にいたしました。個性もテーストも違う3人、どこかにコアな部分と個を出す部分現在模索中です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3人展 - 牧村紀子 柳井規子 日高ちひろ
2012年6月7日(木)~6月10日(日)
目黒区中目黒2-5-28
ギャラリーさくら (目黒川沿いです)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FacebookにてFlower Design of Britainのグループを設立しました。3人展プロジェクトの進行具合などご覧いただけるようになっております。
FDBで少しでも学んだ方、どっぷりと関わった方、これから花の世界にデビューしたい方、花が好きな方、フランクな集まりです。よろしかったらご参加ください。

コンテンツの配信