その他

パンプキンの事

ハロウィンのパンプキンって?
ハロウィンで目にしたパンプキン。一体どうしてこのフェスで南瓜をくりぬくことを考えたのかとふと疑問に思っていたところ、ちょうどタイムリーに英国キューガーデンの記事を目にしました。

南瓜は字のごとく瓜の仲間でウリ科カボチャ属になります。ほとんどが水分で花、実は皮も含めてすべて食べられる南米原産の植物。古代から存在する食物の一つだそうです。成長も早く春に種を植えれば夏の終わりには立派な実を付けます。我が家でも地面から出てきた茎が何かわからず、ベランダに這わせておいて、ついに南瓜の実がなって正体が分かった事もありました。

さて本題です。ハロウィンはもともとケルト人の夏の季節の終わりの行事でした。詳細は別ページでご紹介していますが、10月最後の日は多くの死者の魂が下界に戻る特別な日とされ、人々は灯りを外に置き家によからぬ事が起きないようにしたとの事です。スコットランドやアイルランドではいつでも手短にあるカブやジャガイモでランタンを作っていたとの事。1800年代の中頃になるとスコットランドやアイルランドの人々はアメリカへ移民してゆき、そこで出会った南瓜をくりぬいたのがハロウィンには南瓜という習慣の始まりとの事です。カブやポテトより大きいので細工はしやすいかもしれませんね。
皆さんは南瓜をくりぬいた事ありますか・イギリスでも上手に作る人がいます。いつかチャレンジしてみたいものですね。

ref:イギリスキューガーデンのブログ

秋植え球根

秋植え球根
秋分の日も過ぎ急激に秋となってしまいました。気温も低く洋服の衣替えも間に合っていない次第です。毎年秋植え球根のトピックスで書きたかったのですが、考えていてからもう数年は経ってしまっています。思い出した時がその時!今書かねばまた今年もタイミングを逃してしまうと思い頑張る事にしました。

春に咲くポピュラーな球根植物はほとんどといっていいほど今の時期に植えます。球根自体に栄養があるため直植えにする場合は特別に土を用意する事なく楽ちんなものです。事前に咲きそろった時のカラーハーモニーなどを考えてから植えるとだいたいの雰囲気が想像できます。カラフルにしたいのか全体を同じような色で統一するのかなどあれこれプランするのも楽しく、フラワーアレンジメントを始める前と同じです。イギリスのフラワースクールではまずデザインを考えてから行動に移すようにと教えられます。途中プランを変更し、何度も材料を変えたり考えを変えたりすると最終デザインに程遠いものができる事はもう皆様もご存じの通り。

近年は花の種類も増え選択肢が広まり、それはそれで悩むのですが思いついた秋植えの球根たちの列挙です。お馴染みの球根植物は春の球根植物のブログに載っている物とダブります。そしてちょっとマニアックで目を惹く物などもリストアップしてみました。庭に花があるとその花でもフラワーアレンジメントが楽しめます。一番新鮮な花は大いに利用したいですね!

<秋植えの球根植物-ポピュラーなもの>
チューリップ ユリ科チューリップ属 中央アジア イランパミール高原 カザフスタンステップ地帯原産
フリージア  アヤメ科フリージア属 南アフリカ原産
スイセン ヒガンバナ科スイセン属(ナルキッスス属)イベリア半島 地中海沿岸原産
ヒヤシンス ユリ科ヒヤシンス属 地中海東部沿岸からイラ ン トルクメニスタン付近原産
ラナンキュラス キンポウゲ科ラナンキュラス属 地中海沿岸 西アジア~ヨーロッパ東南部原産
ムスカリ ユリ科ムスカリ属 地中海沿岸原産
アネモネ キンボウゲ科アネモネ属 地中海沿岸 西アジア~ヨーロッパ東南部原産
リューココリーネ ユリ科レウココリネ属 南アメリカ チリ原産
クロッカス アヤメ科クロッカス属 地中海沿岸 ヨーロッパ南部 

水がなくても使える花たち - フローラルジュエリー

フローラルジュエリー
ボディフラワーとして付けるネックレスやブレスレットなどに使う花の話です。
ここ10数年ボンディングされたフラワーデザインは大流行しており、コンペティションでは普通に見られるようになりました。簡単にちょっと違った方法で花を楽しめるという点ではユニークですが、花首だけを使いその場限りとなるため罪悪感も。ただワイヤリングだけではできないデザインもありますので、以前イギリスのヨーロッパクラスで習ったフローラルジュエリーを私のレッスンへ組み込みました。作成してから最低でも12時間、花がしおれない事を前提に水なしで使える植物のリストアップです。アプローチはドライフラワーとして存在するもの、多少の熱に耐えられるものです。

<水がなくても使える花たち - フローラルジュエリー用>
ハイドランジア アジサイは名前にあるの通り(Hydra-水)もともと水を好む植物。すぐに萎れてしまうため押し花で利用
シルバーレース とても繊細でフローラルジュェリーにはピッタリなのですが乾くとクテッとしてしまいます。こちらも押し花で
オーキッド類 南国の植物、水持ちもよく熱にも強いです。3日は色も水も落ちません
センニチコウ まん丸いボタンのようでとてもチャーミング。色も残るためドライフラワーでよく使われる植物
ヘリクリサム 帝王貝細工という和名。もともとカサカサしたテクスチャーで水揚する時点ですでにドライフラワー??
オーニソガラム サンデルシー 白い花弁に深緑の中心部。フロレットだけ使いますが、数日後でもなんと雄蕊がそのままの形で残るスグレモノ
ミニバラ 短命ですが萎れてもバラはバラの形で残ります
リモニウム 夏は水無のほうが管理が簡単。きれいなドライになります
ヒペリカム つやつやと光沢があるベリーは可愛いので使いたいですね。近所で栽培している方がいらっしゃいました!
スタキス ビザンティーナ モフモフなシルバーリーフのラムズイアーの事です。プリザーブドで売られていますが、天然ドライでOkなアイテムです
セネシオ 多肉植物。重さがあるのが難点ですがうまくサイズを選べばアクセサリーでも使用可能 グレーイッシュな色も魅力です
セダム セネシオと同様。丈夫でとても重宝、種類も豊富です

花粉症・アレルギーを起こしにくい植物

花粉症を起こしにくい植物
私自身様々な植物にアレルギー反応があり、イギリスの先生からはなぜ花の仕事に?と揶揄されるくらいです。忙しい花屋を営むデザイナーも花粉の飛ぶ時期になるといきなりトーンダウン。花粉症とは誠にうっとうしい限り。アレルギーの原因となる花粉が飛び散るブーケなどは、正直どんなに素敵でもいただきたくないです。ギフトとしてオーダーを受ける時の花選びはなるべく影響の少ない花を選ぶように注意しています。以下少しばかりですが、私が日ごろから使う花たちです。春先から夏ごろまで出回る花を中心に選んでみました。

オーキッド ラン科の植物は花粉が飛び散らない代表的な花。
アンスリューム
ザンテデスキア
ダイアンサス
トルコキキョウ
バラ
リンドウ
セロシア
プロテア
リューコスペルマム
ハイドランジア
リシアンサス
デルフィニウム
ニゲラ
スィートピー* 皮膚にアレルギー症状が出る方もいます
ビバーナム
ストック
フリージア
パンジー
ラナンキュラス
リモニウム
オレガノ
ワックスフラワー
ブバルディア
オキシペタラム**切ったときに出る白い液は皮膚につかないように注意

実物 開かない物だったらほとんど大丈夫
バラの実
クロコスミアの実 
ユーカリの蕾 
ビバーナムデンタタムの黒い実 
ヒペリカム

植物の事をよく知っているとお花選びもスムーズですし、他の方への気配りにもつながります。ヒーリング効果のある植物たち、上手に使いましょう!

生花のコサージュ

生花のコサージュ
春は卒業式や入学式、結婚式など和やかなお祝いの集まりが増えてきます。そんな時のドレスやスーツの胸元にフレッシュなお花のコーサジュをつけると、またぐっと華やかな雰囲気となります。

生花のコサージュはどうやって作るのでしょうと聞かれる事が多いのですが、お花の一番美しい部分だけを使いワイヤーで形成してゆきます。初めてコサージュの作り方を学ぶ生徒さんに作り方をお教えすると、大抵は大胆な花首カットに目を丸くしてびっくりした様子でご覧になっています。

好みの花を使ってのコサージュ作りはとても楽しいのですが、やはり向き、不向きの花があります。人間の体につけるものですので体温による影響があります。パーティは短時間という考えですが、気が付いたら水が下がっているなんて言う事はプロの仕事として許されません。作る時も手の温度で花を傷めないよう気を使います。作り手は練習を重ねできるだけ短時間でコサージュを作る事が望ましいのです。

コーサジュに向いている花
比較的暑さに強い花がリストに上がってきます。ドライでも用途がある花なども活躍します。反対に使いたくないお花はチューリップなど温度傾性のある植物です。体につけると開花が進み原型をとどめなくなってしまう時があります。そして切った時に液がでる物、これは作り手にとってのアレルギーを発生しやすく、水あがりが悪い植物もしくはすぐに水が下がるものが多いです。花粉がボロボロと落ちるものもドレスを汚しますので使いません。リーフとの相性もありますので、様々な花で試作し、作りやすく、植物同士の相性がよいものを見つけてください。何事も経験ですのでトライ&エラーです。参考までに私がコサージュによく使う花々です。

バラ
胡蝶蘭
シンピジューム
デンファレ
ヴァンダオーキッド
ステファノティス(マダガスカルジャスミン)
カーネーション
カラー
ガーベラ
トルコキキョウ
グラジオラス
スプレーマム
ヒヤシンス
フリージア
スプレーストック
ムスカリ
エキノプス
ワックスフラワー
リモニウム
ヒペリカム
ユーカリ ポプラスベリー

コーサジュのお花の選び方

筑波らん展 シマクモキリソウ

シマクモキリソウシマクモキリソウ Liparis hostifolia
79年ぶりに南硫黄島にて発見との記事を見て、次の日に筑波実験植物園へ出かけてきました。よい秋晴れとなりましたがとても寒い朝でした。温室では「筑波らん展」が開催されており、珍しい蘭の花々とともに開花したシマクモキリソウが展示されていました。およそ20㎝位の小さな植物で花もまだ2つしか開花がなく野生蘭固有の地味感が漂います。解説にはこの植物の確かな記録があるのは父島と南硫黄島のみで、6月に現地で採集、3株持ち帰りそのうちの1株が開花し特徴からその種が判明したとの事です。大陸からは遠い小笠原諸島で独特の進化を遂げた生物の一つとの記載がありました。厳重に囲われ花まで距離があり、じっくりと目を凝らして見ているといつの間にか後ろには長蛇の列。たいへん失礼いたしました。珍しい蘭のすばらしい展示の数々。香のある花も多く短い時間でしたが蘭の花にとても癒されました。
ブラッサボラ 'ディグビアーナ'ブラッサボラ 'ディグビアーナ' 細かいフリンジ付き。ユニークです。
バルボフィラル 'クライリット ベバルト'バルボフィラル 'クライリット ベバルト'
デンドロキラム 'コビアナム'デンドロキラム 'コビアナム' フィリピンの1400~2000mに自生。夏は風通しのよい戸外で栽培と注釈がありました。今年の夏にハワイアンナイトのトロピカルアレンジメントに入れた香のよい蘭です。

ナチュラル資材の壁飾り

ナチュラルな風合いのモノが好きで、時々風変りな物を購入してしまいます。こんな木のスライスもイギリスから大事に持って帰ってきたくらいです。これらはフラワーデザイン・オブ・ブリテンのレッスンの時に資材屋で調達したものです。
木のスライス

カウンター下の棚用の飾りにとの事でご依頼をいただきました。設置場所に丁度ラフな木の置台があり、同じ色合いのウッドスライスがある事を思い出しました。ナチュラルな資材はやはり同じテーストの物との相性がよいと思います。フレームはミツマタ、後方から木の皮を使うなどすべて天然の木で繋げました。仕上げはシルクのコサージュで。着物の生地から染めた手作りの花です。
ナチュラル資材とシルクフラワーで作る壁掛飾り

フラワーデザインについては英国フラワースクールのヨーロッパクラスやマスタークラスで少しずつではありますが経験を積んできました。私自身、特別に抜き出た素質があるわけではないので長く続ける事で自分の知識の引き出しを埋めています。様々な経験が学びとなりいろいろと蓄積されてゆきます。実際にレッスンを続けられている方はとても柔軟で応用力のあるユニークなアイディアの持ち主が多いですよ!

今年のヨーロッパクラス、非常に残念ですがロンドンでの開催はなくなりました。ご希望者はWestonでのレッスンとなります。ありがとうございます。

トロピカルフラワー 南国の花たち

ブランケットシア(エクメア)
暑い時期にはやはり南国出身の花たちが活躍します。色も鮮やか、形もユニーク、赤と黄色など本来は強すぎて使うのを躊躇するくらいの原色同志の組み合わせも一つの花にあったりもします。

今回はハワイご出身の方のパーティー用アレンジメントを作成する事になりました。テーマはハワイアンナイト。フラのダンスもある楽しいバースディ・パーティーです。トロピカルフラワーでとのご依頼。会場も広さがあるため、華やかにハワイの雰囲気が伝わるようにというイメージです。頭に浮かんできた植物を書きとめました。花は分布や原産地も考慮しなるべくお客様のご意向を取り入れます。

普段からよく使い見慣れているのはアンスリューム。花もちもよく艶のある仏炎苞と中心部からすっと伸びている肉穂花序が特徴のサトイモ科の植物。ハワイにももちろん分布しています。バード・オブ・パラダイス(極楽鳥花)の名を持つバショウ科のストレリチアやカニのツメのようなヘリコニア、プルメリア、アナナス、ジンジャー、ハイビスカス、ブーゲンビリア、オーキッド、チランジア、シダ類の葉、モンステラやドラセナ、フィロデンドロンなどいろいろ。プルメリアやハイビスカスは切り花としては入手が難しい植物。また一日でしぼんでしまう可能性もあり、アレンジメントに使うには不安があります。
アンスリューム 'マキシマエレガシア'アンスリューム 'マキシマエレガシア' サトイモ科アンスリウム属
ストレリチア レギナエストレリチア、バード・オブ・パラダイス 極楽鳥花とも ゴクラクチョウカ科(バショウ科)ストレリチア属

2017年夏 花の色

2017年夏からの流行色
今世界の舞台で活躍するトップデザイナーたちの作品は、構造に重点が置かれ、多くの資材と花を使い、目を捉える奇抜なデザインが頻繁にみられます。ヴィヴィットで派手な色使いも特徴の一つでしたが、今また新たな動きがあるようです。色に変化がでてきました。発端はアメリカの生産者たちが生む新種のしかもちょっと変わっている花たちであるとの事です。それらは色味が柔らかく、どこかヴィンテージでここちよい自然らしさを含むものです。今回私がこのトピックスにしようと思ったのも花の巨匠が造る作品の色に心ひかれたのが理由です。

ヴィンテージやクラシックなどのテーマはイギリスでも数年前にそのスタイルのリバイバルがありましたが、
今度は色による表現です。スモーキーでソフトな色あい、少しまったりとしたような色、暖色のグループと寒色のグループそれぞれに存在。さてどう使うかですよね。作者の個を感じさせる、ユニークな形や構造、そして心にときめきを与える色。ちょっと変った資材の発掘も必要です。色は感情に働きかけるため、色自体に関する事も少しばかりおさらいが必要です。そして人の心情に語り掛けられる色使いができたら素晴らしいですね。

イギリスはすでに気温も下がっているとの事。日本もあと数週間で季節の変化を感じられると思います。トーンダウンしたピーチやサーモンピンク、落ち着いた紫にこれから活躍のブラウン。みなさんはどんなフラワーデザインを愉しまれるのでしょうか。
ラナンキュラス 'オルレアン' バラ 'シルフ+' ファレノプシス / 胡蝶蘭 'リトルエンペラー'

ブリティシュ・フラワー・ウィーク 2017

イギリス ブリテッシュ フラワー ウィーク
6月19日から25日までの1週間、イギリスでは英国産の花の大プロモーションが始まります。今年はロンドンのニューコベントガーデンフラワーマーケットのリニューアルオープンもあり、ことさら声を大にした運動が年初より聞こえてきました。国内の花屋と消費者たちにもしっかりと浸透させるべく方法だと感じました。

まず地産地消がなによりで国内産の花を利用を促しています。イギリスはオランダがとても近く多くの花がオランダから輸入されています。実際学校の花もオランダからトラックで直接運ばれてきていました。市場へ行く必要はなくもう何年も前からのオンラインでの取引です。オランダは合理主義。商売も上手で、いかにして花屋が便利に利用できるかをいち早く考えシステムが確立してゆきました。イギリスの農家たちは低迷し当然ながら危機感を抱えていました。状況を打開するために始まったブリテッシュ・フラワー・ウィーク。イギリスの花の組織が一体となって進めている運動で、2013年から始まり年を重ねる事にますます浸透してきたように感じます。

地産地消のメリットは、なんといっても移動の時間がミニマムで花が長持ちする事です。そして香も強いとの事。ハイシーズンとなれば質が向上でもお手頃価格に収まってくる。イギリスの生産者のサポートとなり野生植物や固有種の存続につながる。何よりもお客様たちは自国の花を好みます!花を贈られるとたいていの人は笑顔に。ましてイギリス産との事で、どこ?という会話にもなってゆきます。

コンテンツの配信