ヨーロッパクラス

FDBヨーロッパクラス2017のお知らせ

フローリストやフラワーデザイナーたちのテクニックと感性を高めるためのレッスンとして、毎年恒例となっているヨーロッパクラス。今年のゲストはチェルシーやクロアチアカップでの優勝経験を持つフローラルスタイリストのローラ・リョング(Laura Leong)さんです。ご自身も現役の競技会出展者であり、細部まで行き届いた作品は誰もが足を止め見入ってしまうほど迫力。花のスタイリストとしての名声を馳せていますが、絵画や造形などのプロフェッショナルでもあるとの事。美術の講師として大学で教鞭をとる事もしばしば。その色使いは固有で独特の雰囲気が作品にあります。

こんな素晴らしい先生を囲んでのレッスン。スタッフである私でさえもわくわく感が止まりません。今年も充実したクラスとなるようチーム一丸となって頑張ります。皆さんのご参加お待ちしております。

2017年ヨーロッパクラス
10月26日 - 29日
参加費 960ポンド
ハマースミス ロンドン
FDB ヨーロッパクラス2017 フラワーデザインマスタークラス

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2016のお知らせ

2007年より毎年続いているヨーロッパクラス。最初のレッスンはオランダのナールドワイク市場の仲卸のスペースでのキックオフ。世界一といわれるオランダ花市場の見学、花の生産者ファームの見学、リテールの関係者のデモ、進んだ流通システムなど様々なものを見せていただきとても刺激的でした。参加者のみなさんとも友情を深め、花で繋がったご縁は、私にとってはかけがえのない宝となっています。

2008年より会場をロンドンへ移し、数年間は秋にロンドンクラスとして開催。
Westonのデザイン入門クラス終了後、そのまま続けてセッションに参加する方、飛行機を何本か乗り継いではるばるお出かけ下さった方。ストックホルムからボーイフレンドと一緒にお越のデザイナー、地元ロンドンのフローリストのご参加などそれぞれの方のお顔が浮かびます。また、お呼びする外部の先生たちも、みなさん業界のフロントラインでご活躍する素敵な方々ばかり。先生の写真を見るとその時のデザインが鮮やかに思い浮かぶ位です。毎回とてもインパクトのあるクラスで、吸収するものも多く年々充実度が増すコースであると思います。

ロンドンオリンピックを境に物価高騰が著しく、また為替の変動によりしばらくはWestonのメインスタジオでコースを開催していました。昨年7月、フラワーショーのため久々にレッスンを開催していたロンドンのホテルへ滞在。息をのむほど庭が美しく、50を超えると思うくらいの植物を発見。気が付けば早朝からカメラのシャッターを連打するありさま。ふと我に返り、数年遠ざかっていたこのエリアにまた戻ってきたいと感じました。

2016年ヨーロッパクラス ロンドンにて開催です。
10月28日から4日間
参加費 800ポンド
ハマースミス ロンドン

夏日のロンドン

英国ロンドン 花の旅
2015年7月1日、タイトル通り夏日のロンドンです。気温34度、日本は梅雨空でしたので気温差に体がびっくりです。
ウェストン・スーパー・メアを後にし定宿に着きました。一気に気が緩みます。なぜかと申しますとここはロンドンクラスを開催するホテルで、勝手知ったるというような雰囲気だからです。中庭があり、その木々や庭で遊ぶ小動物を目で追っていると、何時間いても飽きることはありません。荷物を置き庭へ出てリラックスです。記録的な夏日ですがここだけはひんやりと爽やかな空間。今までは秋しか滞在したことのない場所、今の季節は花の種類も違いこんなにも多種類の植物があったのかと気が付かされました。春から初夏は花も豊富で、その美の共演ぶりは見事なものです。
英国ロンドン花の旅 イギリス ロンドン カラーリーフも美しい イギリス ロンドン ゴージャスなバラが旅の疲れを癒してくれる
イギリス ロンドン ゴージャスなバラが旅の疲れを癒してくれる 英国花の旅 ロンドン ハマースミスブリッジはすぐ近くテムズ川にかかるハマースミスブリッジは徒歩数分

コンテンポラリーフラワーデザイン FDBヨーロッパクラス 2012年 Weston-super-Mare

到着の日は小雨交じりのロンドンでしたが、なんとWestonでは前日に街が水浸しになるほど大雨が降り電車もストップだったとの事。当日に大雨でなくて本当によかったです。一部の方に影響がでてしまいましたが、ご経験の豊富なマダムでしたのでイギリスの交通の乱れは慣れており、涼しい顔をなさっておりました。

Hilton Hotel lounge at London Paddington station
ロンドンパディントン駅でちょっとWifiを繋げに中2階にあるヒルトンホテルのサロンで一休み。こちらは非常に静かで穴場ですのでお薦めです。

今回のクラス、場所を移動したにも関わらず多くの方にご出席いただき、私にとっては久しぶりにテンション高めのクラスでした。ちょっとタイムラグとなってしまいましたが、楽しかった様子をご紹介したいと思います。

Day 1
Table arrangement for 6-8 persons
6-8人用のテーブル用に秋の実物を取り入れ各々の作品を作ります。食卓用のアレンジメントという事で今回は果物を与えられました。リンゴなどの果物は花にとっては有害なエチレンガスを発しますのでそのままの使用はできるだけ避けなければなりません。朝から教室に用意されていたのはワックスです。ワックスにてプリザーブ処理の仕方を学び、それぞれのアイディアでアレンジメントを楽しみました。食卓に座る人数が多めですので当然テーブルのサイズとアレンジメントのバランスも考慮。着席した全員が楽しめるようなデザイン作りです。ふぅ~!一日目から頭はフル回転!時差ボケの頭には少々厳しいウォームアップでしたが、その疲れをも忘れた時間でした。さて皆様、ワックスとハニーは両方とも昆虫により作られるもの。その違い明確に御存知ですか?

コンテンツの配信